中心と分散の集計

注意:

現在、この機能は Map Viewer Classic (旧名称 Map Viewer) でのみサポートされています。 新しい Map Viewer (旧名称 Map Viewer Beta) の今後のリリースで提供される予定です。

中心と分散の集計 中心と分散の集計ツールは、中心フィーチャと分布指向性を特定します。

ワークフロー図

中心と分散の集計

  • 地方自治体は、サービスが不十分な地域に新たに図書館を開く計画を立てています。 適切に区画された利用可能な土地からなるブロック グループから重心が集計されました。 中心と分散の集計の [中心フィーチャ] オプションを使用すると、人口のウェイトにより、地域に最善のサービスを提供する中心ブロック グループを選択できます。
  • GIS 解析は、緊急時電話 (911) の位置と緊急時対応局 (警察、消防、救急車) の位置を解析しています。 中心と分散の集計の [地理的中心] オプションを使用すると、緊急時電話の地理的中心と緊急時対応局の地理的中心を比較できます。
  • 犯罪分析者は、空き巣の地理的中間地点が、日中のインシデントを評価するときと、夜間のインシデントを評価するときで、異なるかどうかを確認したいと考えています。 中心と分散の集計の [地理的中間地点] オプションを使用すると、1 日の時間別のグループにより、犯罪が日中と夜間にどこで発生しているかを特定できます。
  • 非政府組織の GIS アナリストは、感染症の拡大を分析しています。 中心と分散の集計の [楕円] オプションを使用すると、病気の流行をモデル化できます。

使用上の注意

中心と分散の集計の入力は、ポイント レイヤー、ライン レイヤー、またはエリア レイヤーです。

[サマリー タイプ] パラメーターからサマリー方法を選択します。

サマリー タイプ説明

中心フィーチャ

データセット内の最も中心に位置するフィーチャを特定します。

地理的中心

一連のフィーチャの地理的中心 (または濃度の中心) を特定します。

地理的中間地点

データセット内のフィーチャまでの全体のユークリッド距離が最小になる位置を特定します。

楕円

標準偏差楕円を作成して、中心傾向、分散、指向性傾向といった、地理フィーチャの空間特性をまとめます。 楕円のサイズは、1、2、または 3 の標準偏差です。

[重み付け] フィールドを使用して、相対的重要性に応じ、位置にウェイトを付けます。 たとえば、小売りチェーンの店舗に、総売上高でウェイトを付けることができます。

[グループ化] フィールドを使用して、中心フィーチャまたは分散を個別に計算するためにフィーチャをグループ化します。 たとえば、年間を通して行われる野生生物の観測を季節または月別にグループ化できます。

ヒント:

解析を実行して消費されるクレジットの量を確認するには、[クレジットの表示] をクリックします。

類似のツール

中心と分散の集計を使用して、データ内の中心フィーチャと分布指向性を特定します。 その他の役に立つツールを紹介します。

Map Viewer Classic の解析ツール

マルチポイント、ライン、またはエリア フィーチャの表示の中心を特定するには、重心の検索ツールを使用します。

ArcGIS Pro の解析ツール

中心と分散の集計は、中心フィーチャの算出地理的中心の算出地理的中間地点の算出分布指向性分析ツールの機能を実行します。