レイヤーのマージ

レイヤーのマージ [レイヤーのマージ] ツールでは、2 つのレイヤーから同じフィーチャ タイプのフィーチャ (ポイント、ライン、またはエリア) をコピーして 1 つの新しいレイヤーにすることができます。

ワークフロー図

[レイヤーのマージ] のワークフロー図

ロサンゼルス市は、ロサンゼルス川周辺の地域の再生を図るために、新しい公園の建設を予定しています。新しい公園は、ロサンゼルス川の周辺で、現存する公園と有毒廃棄物を排出する施設に近い場所を避けて建設する必要があります。新しい公園を建設できない除外区域を作成するには、[レイヤーのマージ] を使用して、現存する公園と有毒廃棄物を排出する施設の周辺のバッファーを 1 つのレイヤーにマージします。

使用上の注意

同じフィーチャ タイプの 2 つの入力レイヤーが必要です。

デフォルトでは、両方の入力レイヤーのすべてのフィールドが出力レイヤーにコピーされます。必要に応じて、[名前の変更][削除]、および [一致] 操作を使用して、マージ レイヤーのフィールドを変更できます。

演算説明

名前の変更 (Rename)

フィールド名を変更して、出力レイヤーに追加します。新しい名前を指定できるテキスト ボックスが表示されます。

削除

フィールドを出力レイヤーから削除します。

一致

フィールド名をマージ先レイヤーのフィールド名と同じ名前にします。マージされるレイヤーのフィールドの値は、一致させる出力フィールドにコピーされます。

[現在のマップ範囲を使用] がオンの場合、現在のマップ範囲に表示されるフィーチャだけがマージされます。オフの場合、両方のレイヤー内にあるすべてのフィーチャが、現在のマップ範囲内になくてもマージされます。

ヒント:

解析を実行して消費されるクレジットの量を確認するには、[クレジットの表示] をクリックします。

制限事項

入力レイヤーはポイント、ライン、またはエリア フィーチャにすることができますが、両方の入力レイヤーのフィーチャ タイプを同じにする必要があります。

類似のツール

[レイヤーのマージ] では、2 つのレイヤーから同じタイプのフィーチャをコピーして 1 つのレイヤーにします。その他のツールは、類似した少し異なる問題を解決するのに効果的です。

Map Viewer解析ツール

空間リレーションシップに基づいて 2 つのレイヤーのフィーチャを 1 つのレイヤーに結合する場合は、[オーバーレイ] ツールを使用します。

ArcGIS Pro 解析ツール

[レイヤーのマージ] では、[マージ] ツールとよく似た機能が実行されます。