データの追加

ArcGIS Earth へのデータの追加

ArcGIS Earth では、ArcGIS OnlineArcGIS Enterprise、ローカル データ、および Web サービスからさまざまなアイテムを取得して使用することができます。

ArcGIS Online および ArcGIS Enterprise

最も簡単に開始する方法は、既存のレイヤーを ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise からグローブに追加することです。 ArcGIS Online および ArcGIS Enterprise のデータには [データの追加] パネルからアクセスできます。 ArcGIS Enterprise ポータルをアクティブなポータルとして設定している場合は、パネルに [ポータル] タブが表示されます。

ArcGIS Earth では、サイン インしなくても ArcGIS Online から公開コンテンツにアクセスできます。 サイン インすると、[マイ コンテンツ][お気に入り][マイ グループ][組織][ArcGIS Online] からデータの検索、並ベ替え、フィルタリングを行うオプションが表示されます。

ArcGIS ArcGIS Living Atlas of the World には、信頼できてすぐに使用できるマップおよびシーンのコレクションがあります。 ポータル管理者が組織の Living Atlas コンテンツへのアクセスを構成している場合、[Living Atlas] タブが表示されます。 ほとんどの Living Atlas レイヤーはシーン内で自由に使用可能で、誰でも閲覧することができますが、一部のレイヤーにはクレジットを消費する登録者のコンテンツプレミアム コンテンツが含まれます (これらはアイテムの説明内で登録者 登録者 およびプレミアム プレミアム アイコンを使用して識別され、一般ユーザーは閲覧できません)。

追加するデータを検索するとき、結果の表示方法を変更することができます。 [並べ替え] 並べ替え および [フィルター] フィルター を使用して、必要なデータを探します。 シーンに追加する前に各レイヤーの詳細も表示できます。

  • キーワードを入力して関連するコンテンツを検索します。
  • [並べ替え] 並べ替え をクリックして、結果の順序を変更します。
  • [フィルター] フィルター をクリックし、異なるカテゴリを使用して、結果を絞り込みます。
  • [詳細] 詳細 をクリックして、ArcGIS Online からポータル アイテム ページを開きます。
  • [追加] 追加 または [マージ] マージ をクリックして、ポータル アイテムを [コンテンツ] ウィンドウに追加します。

注意:

  • サイン インしていない場合や、個人向けプランの ArcGIS Online アカウントでサイン インしている場合は、これらのオプションの一部のみが表示されます。
  • データのアクセシビリティは、アクティブなポータルの接続ステータスに関連しています。 たとえば、共有の制限があるデータは、アクティブなポータルにサイン インした場合のみアクセス可能です。[すべてのユーザー] に設定されているデータは、安定したネットワーク環境では常にアクセス可能です。
  • 標準カテゴリ セットで示された ArcGIS Living Atlas of the World データのみ Living Atlas グループ内に表示されます。

ローカル ファイル

お使いのコンピューターまたは ArcGIS Earth の共有ドライブに格納されているローカル ファイルのデータを表示するには、[データの追加] パネルで [ファイルの追加] オプションを選択します。 サポートされているローカル データは次のとおりです。

ヒント:
  • ローカル ファイル システムで KML または KMZ ファイルをダブルクリックするか、モバイル シーン パッケージをダブルクリックすると、ArcGIS Earth を開始できます。
  • タイル パッケージまたはシーン レイヤー パッケージを作成するには、ArcMap または ArcGIS Pro を使用します。

サービス

サービスの URL、ポータル アイテム、またはデータにアクセスするファイルを入力できます。 サポートされているサービスは次のとおりです。

ヒント:

サービス URL またはデータのパスをビューポートまたはコンテンツ ウィンドウにドラッグできます。[データの追加] パネルに URL を入力したかのようにサービスが表示されます。

注意:
  • タイル スキーマを現在のアプリケーションの空間参照に合わせることができない場合は、レイヤーを ArcGIS Earth に追加できません。
  • レイヤーを追加すると、Web シーン レイヤーおよび Web マップ レイヤーは、構造化されたフォルダーとして ArcGIS Earth ワークスペースにマージされます。
  • Web シーン内に構成されているグループ レイヤーおよびスライドは現時点ではサポートされていません。
  • Pre 2.0 Web マップはサポートされていません。

KML および KMZ

KML および KMZ ファイルを ArcGIS Earth に追加するには、ポータルまたはローカル フォルダーから追加するか、URL を入力して追加します。 KML レイヤーをコンテンツ ウィンドウに追加した後、それを編集して新しいフィーチャを追加できます。また、編集を保存したり、編集したレイヤーを新しい KMZ ファイルとして保存したりできます。

KML 編集

ArcGIS Earth では、ポイント (プレースマーク)、ライン、ポリゴン、グラウンド オーバーレイ、スクリーン オーバーレイ、ネットワーク リンク、KML フォルダーなどの KML フィーチャを編集することができます。 ArcGIS Earth には、KML および KMZ ファイル用の編集オプションが複数用意されています。

  • コンテンツ ウィンドウで KML を編集します。
    • [追加] - フォルダー、ポイント、ライン、ポリゴン、グラウンド オーバーレイ、スクリーン オーバーレイ、またはネットワーク リンクを KML フォルダーまたは KML ドキュメントに追加します。
    • [切り取り] - 選択した KML アイテムを切り取ります。
    • [コピー] - 選択した KML アイテムをコピーします。
    • [貼り付け] - 選択した KML アイテムを既存の KML フォルダーまたはドキュメントに貼り付けます。
    • [保存] - 編集した KML レイヤーを保存します。
    • [名前を付けて保存] - 選択した KML レイヤーを新しい KMZ ファイルとして保存します。
  • コンテンツ ウィンドウで、レイヤーの [プロパティ] を右クリックして、KML レイヤー プロパティを編集します。
    • [一般] - 名前、外観、ジオメトリ タイプを含む KML レイヤー情報を表示します。
    • [ビュー] - 表示してビューへの移動を設定します。
    • [情報] - 表示してポップアップ コンテンツを編集します。 スニペットがサポートされていない場合は、説明の最初の 2 行が使用されます。
    • [更新] - KML ネットワーク リンクの更新モードおよび更新間隔を構成します。
    • [位置] - グラウンド オーバーレイの境界四角形を指定します。
    • [形式] - スクリーン オーバーレイのサイズと位置を指定します。
  • 既存の KML レイヤーの KML フィーチャの追加および編集を行います。

編集を保存していない KML レイヤーは、[コンテンツ] ウィンドウに [未保存] ステータスで示されています。 編集が終了したとき、[保存] または [名前を付けて保存] を選択して、編集したレイヤーを新しい KMZ ファイルとして保存します。 終了時、ワークスペースに保存されていない編集がある場合、ダイアログ ボックスが表示されますので、編集を保存または破棄してください。

注意:
  • コンテンツ ウィンドウで調整した描画エレメントの表示順は、KMZ ファイルとして保存した後に保存されます。
  • コンテンツ ウィンドウで KML レイヤーの順番を変更しても、新しい KMZ ファイルとして保存するまでは、グローブでの描画順に影響がありません。
  • KML ネットワーク リンク上の編集は、レイヤーが更新された後に上書きされます。 編集内容を確認するには、ネットワーク リンクの更新間隔を設定し、編集内容をローカルで新しい KMZ ファイルとして保存します。
ヒント:

ArcGIS Earth 1.14 以降、KML レイヤーの透過表示は、KML レイヤーの [プロパティ] パネルで調整できます。 KML レイヤー全体の透過表示を変更するには、[レイヤーの透過表示] スライダーを動かすか、パーセント値を指定します。 透過表示設定は、KML レイヤー全体 (KML レイヤーのすべての子ノードを含む) に有効です。

時間ベースのアニメーションの表示

マップの下部にタイム スライダーがある場合は、そのマップに時系列の KML または KMZ レイヤー、フィーチャ サービス、イメージ サービスが 1 つ以上含まれていることを意味します。 時間の経過とともに変化するデータを対話形式で表示できます。 スライダー コントロールを使用すると、再生や一時停止をして経時的にデータのアニメーションを制御したり、前の期間や次の期間に移動したりできます。 マップに複数の時間対応データセットが含まれており、これらのデータセットがアクティブになっている場合は、各データセットの期間を [期間] パネルに表示できます。

時間ベースのアニメーションを表示するには、次の手順に従います。

  1. 時系列データを ArcGIS Earth に追加します。

    ビューの下部にタイム スライダーがあることを確認し、上記で追加した [期間] パネルを展開します。 タイム スライダーが表示されない場合は、マップに時間対応レイヤーが含まれていないか、時間対応レイヤーが現在非表示になっていることを意味しています。

  2. [期間] ボタンをクリックして、各時系列データ アイテムが適用される時間間隔を表示します。
  3. [期間] パネル内のスライダーをドラッグするか、ドロップダウン メニューから時間を選択して、タイム スライダーの始点と終点を設定します。
  4. [再生] ボタンをクリックして、レイヤーのアニメーション表示を開始します。
  5. 必要に応じて、スライダーを使って、マップ上に表示される時間間隔を手動で調整します。
  6. アニメーションを一時停止するには [一時停止] ボタンをクリックします。
  7. 直前のデータ間隔に戻るには [前へ] ボタンをクリックします。
  8. 次のデータ間隔へ進むには [次へ] ボタンをクリックします。
  9. スライダーの右側にある [設定] ボタンをクリックして、アニメーション コントロールの設定を構成します。 次のようなオプションがあります。
    • [再生オプション] - アニメーションを 1 回再生した後の動作を制御します。[連続再生][逆再生]、および [停止] があります。
      • [連続再生] - アニメーションを最初から繰り返します。
      • [逆再生] - アニメーションを最後から最初に再生します。
      • [停止] - アニメーションの再生を停止します。
    • [再生モード] - アニメーションの再生方法を制御します。
      • [ステップごとに移動] - KML または KMZ データで指定されたステップに基づき、その時間間隔全体で一度に 1 ステップを再生します。
      • [間隔ごとに移動] - 左右のアンカーの間のステップまたは時間の範囲内のデータを表示し、各アニメーション ステップの間隔全体を移動することで、アニメーションを再生します。
      • [最後まで移動] - 左右のアンカーで定義された範囲をステップごとに移動します。
    • [アニメーション速度] - スライダーを使用してアニメーション速度を設定します。
注意:
  • 再生モードが [移動間隔] に設定されている場合に、時間間隔スライダーを手動でドラッグすると、タイム スライダー設定の単位が自動的に [カスタム] に切り替えられます。

マップ ツアー

ArcGIS Earth では、マップ ツアー KMZ ファイルを追加することで世界を探索できます。 ツアーを再生するには、[コンテンツ] ウィンドウで再生アイコン [ツアーの再生] が表示されたレイヤーをダブルクリックします。 ツアー プレイヤーが右側に表示されます。 マップ ツアー プレイヤーは、一時停止およびリピートをサポートし、現在のツアーの合計時間を表示します。 ツアーは、ビューポートをクリックするかスペースバーを押して一時停止することもできます。

  • [再生/一時停止] - ツアーを一時停止または再生します。
  • [連続再生] - ツアーを最初から繰り返します。
  • [閉じる] - ツアー プレイヤーを終了して閉じます。

モバイル シーン パッケージ

モバイル シーン パッケージ (*.mspk) は、ArcGIS プラットフォーム全体で 2D および 3D コンテンツをオフラインで使用できるように設計されています。 1 つ以上のシーンとロケーターを 1 つのローカル ファイルのパッケージにします。 デスクトップの ArcGIS Earth に複数のモバイル シーン パッケージを追加し、モバイル シーン パッケージからロケーターを使用して場所または住所を検索できます。

モバイル シーン パッケージを追加すると、操作レイヤーはコンテンツ ウィンドウにリストされ、ベースマップ レイヤーおよび標高レイヤーは [ベースマップとテレイン] ウィンドウに表示され、ロケーターは [検索] にリストされます。 モバイル シーン パッケージに含まれているデータは読み取り専用です。ユーザーは、個々のレイヤーを削除したり順序変更したりすることができません。また、データをさらにパッケージに追加することもできません。 [コンテンツ] ウィンドウからパッケージを削除すると、ArcGIS Earth からパッケージ全体が削除されます。

ArcGIS Earth では、モバイル シーン パッケージに次のデータ タイプを使用できます。

  • 3D オブジェクト シーン レイヤー
  • 点群シーン レイヤー
  • ポイント シーン レイヤー
  • 3D メッシュ シーン レイヤー
  • グループ レイヤー
  • ラスター レイヤー
  • KML および KMZ
  • 標高としてのタイル パッケージ
  • ベースマップとしてのタイル パッケージ

管理者として、管理者の構成ファイル内でモバイル シーン パッケージを開始レイヤーとして設定できます。 詳細については、「管理者の構成」をご参照ください。

注意:

  • モバイル シーン パッケージ内のシーンのタイル スキーマが ArcGIS Earth 内の現在のタイル スキーマと異なっている場合は、追加時にそのシーン内のコンテンツがすべて削除されます。
  • 複数のベースマップ レイヤーが 1 つのベースマップ グループとして表示されます。
  • ArcGIS Earth では、モバイル シーン パッケージに含まれている複数のロケーターを組み合わせて、効果的な 1 つのコンポジット ロケーターが作成されます。
  • モバイル シーン パッケージで構成されたブックマークはサポートされません。
  • WGS84 地理座標系のシーン レイヤーのみ表示されます。
  • 標高オフセットを含むフィーチャ レイヤーはサポートされません。

ヒント:

モバイル シーン パッケージを作成するには、ArcGIS Pro 2.3.2 以降を使用します。

3D モデル

グローブに 3D モデルを追加し、それらを KMZ ファイルにエクスポートできます。 3D モデルの追加が終了すると、[コンテンツ] ウィンドウに新しいレイヤーとして表示されます。 ArcGIS Earth では、*.dae モデルを KMZ ファイルとして保存することもできます。 詳細は「KMZ ファイルとして保存する」をご参照ください。

提供されたオプションで、[移動] 移動 および [回転] 回転 ボタンをドラッグして、シーン内の場所と方向を変更することができます。 右クリックして [元に戻す] および [やり直し] を選択するか、キーボード ショートカット を使用して編集プロセスを管理します。

次のように、[一般][表示][情報] の各タブを使用して 3D モデルのプロパティを設定することもできます。

  • [一般] - 名前、位置、高度モード、縮尺、方位角、仰角、ロール角のプロパティを変更します。 [リセット] リセット をクリックすると、縮尺、方位角、仰角、ロール角のプロパティがデフォルト値にリセットされます。 ArcGIS Earth では、ドレープ、絶対、および相対という 3 種類の高度モードを使用できます。
  • [表示] - 現在の 3D モデルへの移動ビューを設定します。
  • [情報] - [リッチ テキスト] タブに 3D モデルの説明を入力します。 説明は、3D モデルをクリックしたときにポップアップ ウィンドウに表示されます。 HTML コードを編集して、[リッチ テキスト] タブでプレビューすることもできます。

以下の表に、サポートされている 3D モデルのタイプを示します。

フォーマット拡張

3ds Max 3DS

.3ds

COLLADA

.dae

AutoDesk

.fbx

Wavefront Object

.obj

ラスター

ラスター データは、ベクター データとは異なる地理的現象の概念化、解析、視覚化を行う独自の方法を提供します。 ラスター データは、操作レイヤー、ベースマップ レイヤー、または標高レイヤーとして ArcGIS Earth に追加できます。 ラスター レイヤーを操作レイヤーとして追加すると、レイヤーを右クリックしてプロパティを編集したり、シーンでのデータの視覚化を制御したりできます。

ArcGIS Earth では、次のラスター ファイル形式のサブセットを使用できます。

  • ASRP/USRP
  • DTED0、1、2
  • GeoTIFF
  • IMG
  • JPEG
  • JPEG2000
  • NITF
  • PNG
  • SRTM1、2
  • MrSID

CSV および TXT ファイル

緯度経度または住所情報を含む区切りテキスト ファイル (*.txt) またはカンマ区切り値テキスト ファイル (*.csv) からフィーチャを追加できます。 フィーチャ ファイルを追加した後は、シェープファイルと同様に、作成されるレイヤーのプロパティを編集できます。 ファイルには、最低 1 組の座標フィールドまたは 1 つ以上の住所フィールドが含まれている必要があります。 1 行目はフィールド名として使用されます。 World Geocoder for ArcGIS を使用している ArcGIS Online ユーザーおよび構成済みのジオコーダーを使用している ArcGIS Enterprise ユーザーは、住所のバッチ ジオコーディングを使用できます。

条件を満たした CSV または TXT ファイルが追加されると、ジオコーディング プロセスを精密化することができます。

[構成] パネルには、データやインポート後のデータの表示方法が表示されます。 次のようなオプションがあります。

  • [テキストのエンコード] - CSV または TXT ファイルから新たに作成されたレイヤーのフィーチャの属性について、異なるテキスト エンコーディング基準を選択します。
  • [座標系] - ローカルの投影情報ファイルから選択するか、空間参照として WGS84 を使用します。
  • [位置モード] - データに緯度や経度のような X および Y フィールドがある場合は、[XY] を選択してグローブ上のフィーチャを検索します。 データに住所情報が含まれており、構成済みのジオコーダーでポータルにサイン インしているか、サブスクリプションで ArcGIS Online にサイン インしている場合は、[住所] を選択して、ジオコーディングに使用する住所フィールドを設定します。
  • [ジオコーダー] - [住所] を選択すると使用できるようになります。 ポータルまたは ArcGIS Online から住所ロケーターまたはジオコーダーを選択して、バッチ ジオコーディングに使用します。 オンプレミス ジオコーディングはクレジットを消費しません。 Esri World Geocoder はクレジットを消費します。 詳細については、「ジオコーディングのクレジット」をご参照ください。
  • [住所フィールド] - [住所] を選択すると使用できるようになります。 入力住所が複数のフィールドに分けられている場合は [複数フィールド] を選択します。 入力住所が 1 つのフィールドに格納されている場合は [単一フィールド] を選択します。

[ポップアップ] パネルには、ポップアップの設定を構成する次のオプションが表示されます。

  • [タイトル] - 入力ファイルのタイトル フィールドを指定します。
  • [コンテンツ] - フィールド タイプを指定し、ビューでフィーチャをクリックしたときにポップアップ ウィンドウに表示されるフィールドを選択します。

注意:
  • 住所フィールドには、住所を構成している複数のパートを含めることができます (1 行形式のジオコーディングと呼ばれることがあります)。
  • ArcGIS Earth は、入力データセットの国フィールドをサポートしていません。 デフォルトでは、住所はジオコーダーの設定に基づいてジオコーディングされます。 ジオコーダーにパラメーターがある場合は、国リストから選択できます。
  • バッチ ジオコーディングの結果は、現在のワークスペース フォルダーに個別の CSV または TXT ファイルとして保存され、固有の ID で名前を付けられます。

GPX ファイル

GPS デバイスでデータを取得した後、サード パーティ製のツールや GPS ベンダー製のユーティリティを使用して、そのデータを GPX 形式ファイルに変換できます。 GPX ファイルへの変換が終了したら、そのファイルを ArcGIS Earth に追加してデータを視覚化することができます。

ArcGIS Earth は、バージョン 1.0 とバージョン 1.1 の両方の GPX ファイルをサポートしています。 GPX ファイルを ArcGIS Earth に追加するには、ローカル フォルダーから追加するか、URL を入力して追加します。

GPX ファイルをインポートしようとすると、ArcGIS Earth から、絶対高度値を使用するかどうかの確認が求められます。 [はい] を選択すると、フィーチャが絶対値に立ち上げられます。 地表にドレープするように高度を調整する場合は、[いいえ] を選択することをお勧めします。 パネルのキャンセルを選択した場合は、デフォルトでドレープするようにデータが調整されます。 GPX ファイルを [コンテンツ] ウィンドウに追加すると、その GPX ファイルが KMZ ファイルとしてインポートされ、KMZ ファイル用の複数の編集オプションが ArcGIS Earth で提供されます。

ArcGIS Earth では、次のデータ タイプがサポートされています。

  • ウェイポイント - GPS ユーザーが手動で記録したポイントで、多くの場合は名前を指定して、マップ上の位置をマークします。 ウェイポイントは [コンテンツ] ウィンドウ内のフォルダーにまとめられます。
  • [トラック] - 一定の間隔で GPS デバイスが自動的に記録したポイントです。 トラックはライン フィーチャとしてレンダリングされます。 トラック ポイントおよびトラック ラインストリングは [コンテンツ] ウィンドウ内のフォルダーにまとめられます。
  • [ルート] - GPS デバイスが指定の場所への案内に使用したポイントです。 ルートはライン フィーチャとしてレンダリングされます。 トラック ポイント、トラック ラインストリング、およびトラック セグメントは [コンテンツ] ウィンドウ内のフォルダーにまとめられます。

注意:
  • GPX ファイルを追加すると、ArcGIS Earth で、シンボル フィールドに基づいて Esri シンボルがウェイポイントに適用されます。
  • 属性テーブルの内容がすべてポップアップに表示されます。

GeoJSON

GeoJSON は、テキストベースで軽量の交換データ形式であり、ArcGIS と他のシステムとの間で GIS データを共有する目的に使用されます。 ArcGIS Earth は、*.json ファイルと *.geojson ファイルの両方をサポートしています。 GeoJSON ファイルを ArcGIS Earth に追加するには、ローカル フォルダーから追加するか、URL を入力して追加します。

管理者として、管理者の構成ファイル内で GeoJSON ファイルを開始レイヤーとして設定できます。 詳細については、「管理者の構成」をご参照ください。

OGC サービス

ArcGIS Earth では、次の OGC サービスがサポートされています。

WMS

OGC WMS は、OGC WMS (Web Map Service) 仕様に準拠するダイナミック マップ サービスです。

OGC WMS レイヤーを追加するには、次の手順に従います。

  1. OGC WMS サービスを選択して、Web アドレスを [URL] フィールドに入力します。

    ヒント:

    HTTPS でサービスにアクセスする必要がある場合は、URL の先頭が https であることを確認してください。

    使用可能なレイヤーのリストが表示されます。

  2. 追加するレイヤーを選択します。
  3. [OK] をクリックしてレイヤーを追加します。

WMTS

OGC WMTS は、OGC WMTS (Web Map Tile Service) 仕様に準拠するキャッシュ イメージ タイルのセットです。

OGC WMTS レイヤーを追加するには、次の手順に従います。

  1. [OGC WMTS レイヤー] を選択して、レイヤーの Web アドレスを [URL] フィールドに入力します。 使用可能なレイヤーのリストが表示されます。
  2. 追加するレイヤーを選択します。
  3. [OK] をクリックしてレイヤーを追加します。
  4. さらに WMTS レイヤーを追加するには、上記の手順を繰り返します。

WFS

OGC WFS は、OGC の仕様に準拠するダイナミック フィーチャ サービスです。

OGC WFS レイヤーを追加するには、次の手順に従います。

  1. OGC WFS レイヤーを選択して、そのレイヤーの Web アドレスを [URL] フィールドに入力します。 使用可能なレイヤーのリストが表示されます。
  2. 追加するレイヤーを選択します。
  3. 返されるフィーチャの最大数を指定し、それに応じて軸の順序も指定します。
  4. [OK] をクリックしてレイヤーを追加します。
  5. WFS レイヤーをさらに追加するには、上記の手順を繰り返します。

HTML ウィンドウ

HTML ウィンドウでは、追加情報を参照するための URL または HTML ファイルを使用して Web サイト コンテンツを埋め込むことができます。

HTML ウィンドウの有効化

HTML ウィンドウを ArcGIS Earth に追加する前に、管理者として構成ファイル内で HTML ウィンドウ パラメーターを有効にしておく必要があります。 詳細については、「管理者の構成」をご参照ください。

HTML ウィンドウの追加

HTML ウィンドウを ArcGIS Earth に追加するには、次の手順に従います。

  1. [コンテンツ] ウィンドウの [ウィンドウ] タブをクリックして、HTML ウィンドウを表示します。
  2. HTML ウィンドウ グループを右クリックして [HTML ウィンドウの追加] を選択し、ウィンドウ設定を構成します。 次のパラメーターを指定します。
    • [名前] - テキスト領域をクリックしてポインターを合わせ、HTML ウィンドウの名前を入力します。
    • [URL] - Web サイトの URL を単一 URL 形式で入力するか、[パスの設定] パスの設定 ボタンをクリックして、HTML ファイルを選択します。 HTML URL の形式が正しく設定されていないと、入力ボックスが赤色でハイライト表示されます。これは、形式が仕様と一致していないことを意味します。
  3. [OK] をクリックして構成を終了し、HTML ウィンドウを開きます。
注意:
  • ArcGIS Earth に追加できる HTML ウィンドウの数は 2 つだけです。
  • HTML ウィンドウは、閉じた後でバックグラウンドに読み込まれた状態になるか、[コンテンツ] ウィンドウで非表示の状態になります。

HTML ウィンドウの使用

次のオプションを使用して、HTML ウィンドウを調整することができます。

  • ウィンドウのバナーにある [ピン] ピン をクリックして、ウィンドウを右上隅に固定します。
  • ウィンドウを最適なサイズと位置に合わせるには、ウィンドウの四隅を使用してウィンドウのサイズを変更します。
  • [コンテンツ] ウィンドウで該当する HTML ウィンドウを右クリックして、次の操作を実行します。
    • [名前の変更] - HTML ウィンドウの名前を更新します。
    • [削除] - 選択した HTML ウィンドウを削除します。
    • [プロパティ] - 設定パネルで HTML ウィンドウの名前と URL を更新します。