描画および計測

ArcGIS Earth では、次の操作が可能です。

  • プレースマーク、パス、ポリゴン、グラウンド オーバーレイ、スクリーン オーバーレイ、KML ネットワーク リンクの描画および編集をします。
  • 3D でポイント, ライン、パス、円、ポリゴンを計測します。

描画

グローブでプレースマーク、パス、ポリゴン、グラウンド オーバーレイ、スクリーン オーバーレイ、KML ネットワーク リンクを作成し、コンテンツ ウィンドウのマイ ドローイング フォルダーに保存することができます。

エレメントの描画が完了すると、コンテンツ ウィンドウに表示されます。 新しく作成した描画エレメントは、KML フィーチャとして見なされ、[マイ ドローイング] にリストされます。 表示されたエレメントをダブルクリックしてこのフィーチャに移動したり、レイヤー プロパティを右クリックして編集したりできます。 ArcGIS Earth では、描画結果を KMZ ファイルとして保存することもできます。 これは個々のレイヤー別またはフォルダー別に行うことができます。 詳細については、「作業の共有」をご参照ください。

ポイント、ライン、ポリゴンの描画

ポイント、ライン、およびポリゴンは、基本的な描画エレメントで、KML で使用される共通フィーチャです。 ポイント、ライン、ポリゴンとして描画エレメントを作成して編集するには、次の手順に従います。

  1. ツールバーの [図形描画] [図形描画] をクリックします。 プレースマークを追加するには、ドロップダウン メニューから [ポイント] [ポイント] を選択します。パスを追加するには [ライン] [ライン] を選択します。ポリゴンを追加するには [ポリゴン] [ポリゴン] を選択します。
  2. クリックして、KML プレースマークとしてポイントを作成し、ダブルクリックしてパスまたはポリゴンのスケッチを完了します。 Alt キーを押しながらクリックして、フリーハンド モードに切り替え、パスまたはポリゴンをスケッチします。

    描画エレメントは、完了すると自動的にコンテンツ ウィンドウに保存されます。

    描画中に、ツールバーがビューの上部に表示されます。

  3. 選択した描画エレメントの [スケッチ続行] [スケッチ続行][スケッチ終了] [スケッチ終了][頂点の削除] [頂点の削除][元に戻す] [元に戻す]、または [やり直し] [やり直し] オプションを使用できます。
  4. 描画エレメントのジオメトリを編集するには、選択したポイントまたは頂点をドラッグしてその位置に動かすか、ポインターを既存のラインに合わせて新しい頂点を挿入します。
    • 相対高度または絶対高度を含む描画エレメントの XYZ 軸を含む選択した頂点の位置を編集します。
    • 選択した頂点の XYZ 値を指定します。
    • 右クリックまたはキーボード ショートカットを使用して、選択した頂点をやり直したり、元に戻したり、または削除したりします。
    • 描画エレメントに沿ってポインターを置き、ポインターのスタイルが [頂点の追加] [頂点の追加] に変わったらクリックして、新しい頂点を追加します。
  5. [編集] パネルで、[一般] タブ、[ビュー] タブ、および [情報] タブを使用して描画プロパティを設定します。
    • [一般] - 名前、ジオメトリ、描画エレメントの外観を変更します。 相対高度または絶対高度を含む描画エレメントは、地面から立ち上げられます。
    • [ビュー] - [現在のビューのスナップショット] をクリックして、現在の描画エレメントの移動ビューを設定および保存します。 [中心にリセット] をクリックすることで、描画エレメントの移動ビューを画面中央にリセットすることができます。
    • [情報] - [リッチ テキスト] タブで、描画エレメントの説明の入力、HTML コードの編集とプレビューを行います。 説明は、描画エレメントのクリック時、ポップアップ ウィンドウに表示されます。
  6. [編集] パネルを閉じて、描画モードを終了します。

    コンテンツを保存せずに終了すると、描画を保存するため、ダイアログ ボックスが表示されます。

  7. 描画エレメントを再度編集する場合、2 つの方法があります。
    • コンテンツ ウィンドウでレイヤーを右クリックして [プロパティ] を選択します。
    • シーンで描画エレメントをクリックし、右クリックして [プロパティ] を選択します。
注意:
  • ポイントの場合、画像 URL を貼り付けるか、ローカル アイコンをカスタム アイコン (最大 1 MB) として選択できます。 インポート後のサイズは最大 128 ピクセルです。 ArcGIS Earth は、*.png、*.jpg、*.jpeg、*.tif、および *.tiff のアイコン形式をサポートしています。

  • 最大 5 つのカスタム色を追加できます。 スポイトを使用してスクリーンから色をキャプチャできます。HEX、HSL、または RGB の値を使って色を正確に指定できます。
  • ArcGIS Earth では、ドレープ、絶対、および相対という 3 種類の高度モードを使用できます。
ヒント:

サービス URL またはデータのパスをビューポートまたはコンテンツ ウィンドウにドラッグできます。[データの追加] パネルに URL を入力したかのようにサービスが表示されます。

グラウンド オーバーレイの作成

グラウンド オーバーレイは、緯度経度座標に関連付けられていて、地面に対して固定されている画像です。 グラウンド オーバーレイは、KML ファイルで追加情報を表示するマップで使用することを目的としています。 グラウンド オーバーレイを作成して編集するには、次の手順に従います。

  1. ツールバーの [図形描画] [図形描画] をクリックします。 ドロップダウン メニューから [グラウンド オーバーレイ] [グラウンド オーバーレイ] を選択し、グラウンド オーバーレイを追加します。
  2. 画像の URL をペーストするか、ローカル イメージを参照して選択します。

    グラウンド オーバーレイは、完了すると自動的にコンテンツ ウィンドウに保存されます。

  3. [編集] ウィンドウの各タブでグラウンド オーバーレイ プロパティを構成します。
    • [一般] - グラウンド オーバーレイの名前、画像パス、透過表示、描画順序、属性を変更します。
    • [ビュー] - [現在のビューのスナップショット] をクリックして、現在の描画エレメントの移動ビューを設定および保存します。 [中心にリセット] をクリックすることで、描画エレメントの移動ビューを画面中央にリセットすることができます。
    • [更新] - 更新モードと更新間隔を指定します。 [時間をベースに更新] モードは、時間に基づいて表示画面を更新し、[表示範囲で更新] モードは、ユーザーの表示画面上の変更に基づいて表示画面を更新します。
    • [位置] - 境界四角形を使用してグラウンド オーバーレイの位置を指定します。 [LatLonQuad への変換] をクリックして、境界を非矩形の四辺形に変更します。 [画面に合わせる] をクリックし、境界を変更して現在の画面を合わせます。
    • [情報] - [リッチ テキスト] タブで、描画エレメントの説明の入力、HTML コードの編集とプレビューを行います。 説明は、描画エレメントのクリック時、ポップアップ ウィンドウに表示されます。
  4. ドラッグまたは境界四角形のサイズ変更をして、グラウンド オーバーレイの移動、拡大縮小、回転を行います。 右クリックして [元に戻す] または [やり直し] を選択するか、キーボード ショートカット を使用してジオメトリ編集プロセスを管理します。
  5. [編集] パネルを閉じて、描画モードを終了します。
  6. コンテンツ ウィンドウでレイヤーを右クリックし、[プロパティ] を選択してグラウンド オーバーレイを再度編集します。

スクリーン オーバーレイの作成

スクリーン オーバーレイは、指定したエリアに固定され、画像に対して固定された画像です。 スクリーン オーバーレイは、レジェンドまたは KML ファイル内の補足テキストとして使用することを目的としています。 スクリーン オーバーレイを作成して編集するには、次の手順に従います。

  1. ツールバーの [図形描画] [図形描画] をクリックします。 [スクリーン オーバーレイ] [スクリーン オーバーレイ] をドロップダウン メニューから選択して、スクリーン オーバーレイを追加します。
  2. 画像の URL をペーストするか、ローカル イメージを参照して選択します。

    スクリーン オーバーレイは、完了すると自動的にコンテンツ ウィンドウに保存されます。

  3. [編集] ウィンドウの各タブで、スクリーン オーバーレイ プロパティを構成します。
    • [一般] - スクリーン オーバーレイの名前、画像パス、透過表示、描画順序を変更します。
    • [ビュー] - [現在のビューのスナップショット] をクリックして、現在の描画エレメントの移動ビューを設定および保存します。
    • [更新] - 更新モードと更新間隔を指定します。 [時間をベースに更新] モードは、時間に基づいて表示画面を更新し、[表示範囲で更新] モードは、ユーザーの表示画面上の変更に基づいて表示画面を更新します。
    • [形式] - [画面の位置] を通して画面の原点に対してマッピングされた画面上でポイントを指定します。 [オーバーレイの位置] を通して画面座標にマッピングされたオーバーレイ画像上 (または画像外) にポイントを指定します。 [分数] の値は、X、Y の値が画像または画面の分数であることを示します。 [ピクセル] の値は、X、Y の値がピクセルで計算されていることを示します。 画像オーバーレイのサイズは、[サイズ] でパラメーターを介して指定されます。
    • [情報] - [リッチ テキスト] タブで、描画エレメントの説明の入力、HTML コードの編集とプレビューを行います。 説明は、描画エレメントのクリック時、ポップアップ ウィンドウに表示されます。
  4. 境界四角形をドラッグまたはサイズ変更して、スケール オーバーレイを移動して変更します。 右クリックして[元に戻す] または [やり直し] を選択するか、キーボード ショートカットを使用して、ジオメトリ編集プロセスを管理します。
  5. [編集] パネルを閉じて、描画モードを終了します。
  6. コンテンツ ウィンドウでレイヤーを右クリックし、[プロパティ] を選択してグラウンド オーバーレイを再度編集します。
注意:

グラウンド オーバーレイまたはスクリーン オーバーレイは *.png、*.jpg、*.jpeg、*.bmp、*.tif、*.tiff、*.gif の画像形式で作成できます。

ネットワーク リンクの作成

ネットワーク リンクは、お使いのローカル コンピューターまたはサーバーからのファイルで動的 KML ファイルを作成する方法です。 ネットワーク リンクを作成して編集するには、次の手順に従います。

  1. ツールバーの [図形描画] [図形描画] をクリックします。 ドロップダウン メニューから [ネットワーク リンク] [ネットワーク リンク] を選択し、スクリーン オーバーレイを追加します。
  2. Paste a KML URL をペーストするか、参照して KML ファイルを選択してください。
  3. [編集] ウィンドウの各タブで、ネットワーク リンク プロパティを構成します。
    • [一般] - 名前、KML リンク パス、ネットワーク リンクのフォルダーの状態を変更します。
    • [ビュー] - [現在のビューのスナップショット] をクリックして、現在の描画エレメントの移動ビューを設定および保存します。 [中心にリセット] をクリックすることで、描画エレメントの移動ビューを画面中央にリセットすることができます。
    • [更新] - 更新モードと更新間隔を指定します。 [時間をベースに更新] モードは、時間に基づいて表示画面を更新し、[表示範囲で更新] モードは、ユーザーの表示画面上の変更に基づいて表示画面を更新します。
    • [情報] - [リッチ テキスト] タブで、描画エレメントの説明の入力、HTML コードの編集とプレビューを行います。 説明は、描画エレメントのクリック時、ポップアップ ウィンドウに表示されます。
  4. [OK] をクリックしてネットワーク リンクの追加を確定します。
  5. コンテンツ ウィンドウでレイヤーを右クリックし、[プロパティ] を選択してネットワーク リンクを再度編集します。

メジャー

ArcGIS Earth では、ポイントの座標、任意の形状の面積、ラインの長さ、ライン セグメントの距離、ポイント間の 3D の距離などを計測できます。 それぞれの計測の前後に、アプリケーション設定でデフォルトの計測単位を変更できます。 次のようなオプションがあります。

  • [ポイント] [ポイント] - 地上のあるポイントの座標と標高を計測します。
  • [ライン] [ライン] - 2 つのポイント間の距離と、真北を基準にした方向を計測します。 計測したラインの標高プロファイルを表示します。
  • [パス] [パス] - 地上の複数ポイント間の距離を計測します。 計測したパスの標高プロファイルを表示します。
  • [円] [円] - 地上の円の中心の座標、半径、周長、面積を計測します。
  • [ポリゴン] [ポリゴン] - 地上の幾何学的形状の周長と面積を計測します。
  • [3D 計測] [3D 計測] - 2 つのポイント間の直線、垂直、および水平のユークリッド距離を計測します。
  • [保存] [保存] - 計測したフィーチャを描画エレメントとして保存し、描画の [編集] パネルを開きます。
  • [コピー] [コピー] - クリップボードに計測結果をコピーします。
注意:

  • 3D 計測を除き、ArcGIS Earth は、地球の楕円体表面の 2 つのポイント間の最短ラインを表す測地距離を計算します。
  • スケッチしながらパスの頂点またはポリゴンを修正できます。


このトピックの内容
  1. 描画
  2. メジャー