作業の共有

作業を画像として共有するか、ワークスペースおよび KMZ ファイルとして保存します。

KMZ ファイルとして共有

バージョン 1.12 以降の ArcGIS Earth では、KML を KMZ ファイルとして組織で共有することができます。 KML を共有するには、次の手順に従います。

  1. ArcGIS Online または ArcGIS Enterpriseサイン インしており、データを共有する権限を保有していることを確認します。
  2. [コンテンツ] ウィンドウを展開し、共有する KML レイヤーを右クリックしてから [共有先] をクリックします。

    [KML をポータルで共有] ウィンドウが表示されます。

  3. 該当するアイテムの [名前][サマリー]、および [タグ] フィールドの値を指定し、[ポータル フォルダー] でそのアイテムを配置する場所を選択します。 [共有] セクションで、そのアイテムを共有する相手を選択します。

    オプションとして、全員、組織、または組織内のグループがあります。 オプションの選択を解除してアイテムの共有を解除することもできます。

注意:

  • ArcGIS Earth から ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise に共有された KML では、[組織][所有者] と共有されているアイテムでしかダウンロード オプションを利用できません。
  • [KML 共有] オプションは、KML レイヤー、KML ドローイング、[マイ ドローイング] フォルダー、KML レイヤーを含むフォルダー、および [マイ データ] フォルダー全体に使用できます。
  • [マイ データ] フォルダーまたは KML レイヤーを含むフォルダーを共有する場合は、フォルダー内のすべてのデータが共有されるわけではないので注意してください。 KML データだけが共有されます。
  • KML データが膨大な量におよび、ArcGIS OnlineMap Viewer の 10 MB 制限を超えている場合は、ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise で共有した際にそのデータが Map Viewer に正常に読み込まれません。 ただし、このポータル アイテムをもう一度 ArcGIS Earth に追加して読み込むことができます。
  • 写真オーバーレイおよび KML ツアーはフォルダー内から共有できず、個別の KML レイヤーとして共有する必要があります。

KMZ ファイルとして保存

描画エレメント、*.dae ファイル内の 3D モデル、CSV および TXT ファイルは、次の手順に従って KMZ ファイルとして保存し、共同作業者と共有することができます。

  1. 描画を保存するには、描画エレメントまたは個別の描画エレメントが保存されているフォルダーを右クリックします。 CSV および TXT ファイルを保存するには、コンテンツ ウィンドウのファイルを右クリックします。
  2. 3D モデルを保存するには、コンテンツ ウィンドウのレイヤーを右クリックします。

    同じフォルダー パスの下にある 3D モデルおよびテクスチャは、KMZ ファイルとして保存されます。

  3. ショートカット メニューで [名前を付けて保存] をクリックし、データを KMZ ファイル (*.kmz) として保存します。
注意:

特定の 3D モデルを KMZ ファイルとして保存する場合は、「KML の COLLADA 一般ファイルに対するサポート」をご参照ください。

KMZ ファイルとして電子メールで送信

KML を KMZ ファイルとして電子メールで送信し、視覚化と今後の解析のために共有できるようになりました。

  • 1 つの KML レイヤーを送信するには、該当するレイヤーを右クリックしてから [電子メール] をクリックします。
  • KML ドローイングを送信するには、[マイ ドローイング] を右クリックしてから [電子メール] をクリックします。
  • フォルダーに含まれている KML レイヤーまたは [マイ データ] フォルダー全体を送信するには、該当するフォルダーまたは [マイ データ] フォルダーを右クリックしてから [KML を電子メールで送信] をクリックします。
注意:

[マイ データ] フォルダーまたは KML レイヤーを含むフォルダーを送信する場合は、フォルダー内のすべてのデータが送信されるわけではないので注意してください。 KML データだけが送信されます。

現在のビューの共有

現在の ArcGIS Earth のビューのスクリーン キャプチャを、以下の手順で画像として保存、電子メールで送信、印刷して共有することができます。

  • [保存] 現在のビューを保存 を選択して、現在のビューポートを画像として保存します。
  • [電子メール] 現在のビューを電子メールで送信 を選択して、現在のビューポートのスクリーン キャプチャを電子メールの添付として送信します。
  • [印刷] 現在のビューを印刷 を選択して、現在のビューポートを印刷します。

ワークスペース ディレクトリへの保存

ArcGIS Earth では、指定したワークスペース ディレクトリを設定することができます。 ワークスペース コンテンツをエクスポート、インポート、消去したり、他のユーザーとワークスペースを共有したりできます。 進行中の作業を保存するため、特定のディレクトリにワークスペースをエクスポートできます。 他のユーザーと共同で作業できるよう、他のユーザーがインポートして作業を継続できる共有場所に、ワークスペースをエクスポートできます。 これらのプロセスは、次のとおりです。

  • [パスの設定] パスの設定 をクリックして、ワークスペース ディレクトリを指定します。 デフォルトのワークスペース ディレクトリは、ユーザーの [ドキュメント] フォルダーに設定されています。
  • [ワークスペースのインポート] ワークスペースのインポート をクリックして、指定したディレクトリからワークスペースをインポートします。 [OK] をクリックすると、現在のワークスペースは置き換えられます。
  • [ワークスペースのエクスポート] ワークスペースのエクスポート をクリックして、現在のディレクトリの場所にワークスペースを保存します。
  • [ワークスペースの消去] ワークスペースの消去 をクリックして、現在のワークスペース内のコンテンツをすべて削除します。
  • [リセット] をクリックすると、デフォルトのワークスペース ディレクトリに戻ります。
  • [ワークスペースの自動保存] を選択すると、現在のワークスペースが自動的に保存されます。
ヒント:
  • データ パスが変更されている場合、データにアクセスできない場合、レイヤーのタイル スキーマが現在のアプリケーションの空間参照と一致しない場合、警告アイコン 警告 が [コンテンツ] ウィンドウに表示されます。

  • [リセット] オプションにより、ワークスペースの設定はデフォルト ディレクトリに戻ります。 現在のワークスペースは、アプリケーションを再起動するまで変更されません。

ワークスペースは、現在の作業ステータスおよびコンテンツの保存に役立ちます。 特に、以下のデータはワークスペース ディレクトリで見つけることができます。

  • basemap_layers.json ファイルには、[ベースマップとテレイン] で追加されたベースマップ レイヤーの情報およびステータスが格納されています。
  • elevation_layers.json ファイルには、[ベースマップとテレイン] で追加されたテレイン レイヤーの情報およびステータスが格納されています。
  • operational_layers.json ファイルには、[コンテンツ] ウィンドウで追加されたレイヤーの情報およびステータスが格納されています。
  • bookmark.json ファイルには、[ブックマーク] リストに保存されたブックマーク情報が格納されています。
  • data フォルダーには、[コンテンツ] ウィンドウで追加された、ジオコードの CSV および TXT データが含まれています。
  • styles フォルダーには、ユーザーによってインポートされたモバイル スタイル ファイルとディクショナリー スタイル ファイルが含まれています。

注意:
  • [ベースマップとテレイン] では、ArcGIS Enterprise ポータルまたは管理者によって設定されたデフォルトのベースマップおよびテレイン レイヤーは、ワークスペースのエクスポート時に保存されません。
  • バージョン 1.2 以降の ArcGIS Earth では、ワークスペースをインポートおよびエクスポートすることができます。 これより前のバージョンのワークスペースとの互換性はありません。
  • ArcGIS Earth 1.2 の破線やプレースマーク アイコンなどの一部の描画スタイルは、最新リリースでは十分にサポートされていない可能性があります。
  • バージョン 1.8 以降の ArcGIS Earth のワークスペースには、ブックマークを保存することができます。
  • バージョン 1.8 から、デフォルトの ArcGIS Earth ワークスペース ディレクトリがユーザーの [ドキュメント] フォルダーに変更されています。