管理者の設定

管理者は、ArcGIS OnlineArcGIS Enterprise、または構成ファイルで、ArcGIS Earth を組織の要件に合わせるための設定を行うことができます。 ArcGIS Earth のサンプルの構成ファイル ページに移動し、サンプル ファイルをダウンロードできます。 インストール後、構成ファイルはアプリケーション インストール ディレクトリ (通常は C:\Program Files\ArcGIS\Earth\bin フォルダー) に保存されています。

構成ファイルを使用してアプリケーションの設定を構成するには、次の点に注意してください。

  • 構成パラメーターを事前に設定して、変更した config.xml ファイルをインストール中にインポートすることができます。
  • 構成ファイルは、必要に応じて変更が可能な XML ファイルです。 たとえば、ファイルの編集するときに、エスケープ文字の指定に、[&] ではなく [&] を使用します。 編集後に、構成ファイルが UTF-8 としてエンコードされたままであることを確認します。
  • 管理者が事前に設定した構成は、ユーザーが初めてアプリケーションを起動したときに自動的に読み込まれます。
  • bin フォルダーで管理者が構成したパラメーターを適用するには、アプリケーションの [設定] から [リセット] をクリックします。
  • ArcGIS Earth がユーザーごとにインストールされている場合は、アプリケーションのインストール ディレクトリ (たとえば C:\Users\username\AppData\Roaming\ESRI\ArcGISEarth) に格納されている構成ファイルを検索して編集することもできます。

組織の構成

ArcGIS Earth の一部の設定では、ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise ポータル アカウントの組織の構成が使用されます。 これらの設定には、ArcGIS Earth で使用されるベースマップ、標高サービス、ジオコーディング サービスが含まれます。 ArcGIS Enterprise に接続している場合、詳細については、「ベースマップ ギャラリーとデフォルトのベースマップの設定」、「デフォルトの標高サービスの構成」、「ジオコーディング」をご参照ください。 ArcGIS Online に接続している場合、詳細については、「組織サイトの管理」をご参照ください。

構成可能なアプリケーション パラメーター

管理者は、構成ファイルを使用して、アプリケーションをリコンパイルすることなく設定を変更できます。 ユーザーは、自身のコンピューターでの ArcGIS Earth の動作状況に影響を与えるポリシーを設定することもできます。 管理者は、インストール ディレクトリの config.xml ファイルにアクセスして対応する属性の値を指定し、構成可能なパラメーターを変更することで、開始設定をカスタマイズできます。

一般的なアプリケーション パラメーター

パラメーター説明

workspace

ワークスペースのディレクトリと、終了時に現在のワークスペースを自動的に保存するかどうかを指定します。

startupView

スタートアップ ビューをカスタマイズ (カスタム) するか、中断したところ (履歴) から開始することができます。

spatialReference

ArcGIS Earth で使用される空間参照を [Web メルカトル] または [WGS84] に設定します。 デフォルトは Web メルカトルです。

isShowInExternalBrowser

外部 ブラウザーでポップアップ ウィンドウに HTML リンクを表示します。 デフォルトは [False] です。

isShowStartupTips

アプリケーションの開始時にヒントを表示します。 デフォルトは [True] です。

ヒント:

管理者は、アプリケーション インストール ディレクトリのヒント フォルダーにある HTML ファイルを更新することで、開始のヒントのコンテンツをカスタマイズできます。

language

ArcGIS Earth のユーザー インターフェイス テキストの表示言語を設定します。 デフォルト値は [System] です。

値が [System] の場合、ArcGIS Earth は Windows の表示言語設定と一致します。

flyto

ズーム速度を 0 ~ 100 に設定し、自動的に新しいレイヤーにズームします。 デフォルトは [True] です。

mouseWheel

マウス ホイール速度を 0 ~ 100 に設定し、ホイールのズーム方向を前方または後方に設定します。 デフォルトは [Forward] です。

continuousPanning

連続画面移動のオン (True) またはオフ (False) を切り替えます。 デフォルトは [True] です。

nonMouseController

マウス以外のコントローラーを使用して ArcGIS Earth にナビゲートできるようにします。

atmosphere

高度な大気効果のオンまたはオフを切り替えます。 デフォルトは [Off] です。

elevationExaggeration

地形の標高強調係数を設定します。 デフォルトは 1 です。

elevationExaggerationMax

標高強調の最大許容値を設定します。 デフォルトは 100 です。 最大値は 1000 です。 1000 を超える値は 1000 に制限されます。

注意:

新しい elevationExaggerationMax 値が適用されると、ユーザー インターフェイスで標高強調の最大値が更新されます。

location

デフォルトの位置単位を指定します。 デフォルトは [DMS] です。

distance

デフォルトの距離単位を指定します。 デフォルトは [Meters] です。

area

デフォルトの面積単位を指定します。 デフォルトは [SquareMeters] です。

isLongitudeFront

検索および表示で、座標を緯度 - 経度の順を反転します。 デフォルトは [True] です。

proxy

プロキシを使用するよう設定します (ブール型、オプション)。 デフォルトは [False] です。

address

プロキシ サーバーのアドレスを指定します。

username

プロキシ サーバーのユーザー名を指定します。

password

プロキシ サーバーのパスワードを指定します。

管理者用アプリケーション パラメーター

パラメーター説明

isDefaultKmlViewer

ArcGIS Earth をデフォルトの KML ビューアーとして設定します。 デフォルトは [False] です。

isDefaultMspkViewer

ArcGIS Earth をデフォルトのモバイル シーン レイヤー パッケージ ビューアーとして設定します。 デフォルトは [True] です。

blockArcGISOnline

ArcGIS Earth の起動時に、ArcGIS Online へのリクエストとポータル接続をブロックします。 デフォルトは [False] です。

enableHtmlWindow

HTML ウィンドウを有効にします。 デフォルトは [False] です。

portals

ArcGIS Earth の接続先となるポータルの URL を設定します。

ヒント:

管理者が構成ファイルに複数のポータル URL を記述している場合、ArcGIS Earth は最初のポータルをインストール後のアクティブなポータルとして使用します。

disableAddPortal

[ポータル マネージャー] で、ユーザーが新しいポータル接続またはオンライン接続を追加できないようにします。 デフォルトは [False] です。

ヒント:
  • True に設定されている場合、[ポータル マネージャー] パネルで [ポータルの追加] ボタンがグレー表示されてクリックできなくなり、ユーザーは [ポータル マネージャー]​ を使用して新しいポータル/オンライン接続を追加できません。 ユーザーは、[ポータル マネージャー] に表示する事前設定のポータル間のポータル接続を切り替えることができます。

popup

ポップアップのサイズ変更モードとポップアップのサイズを設定します。 size fixed のデフォルトは [True]、widthheight のデフォルト値はそれぞれ 300 と 420 です。 size fixed の値を [False] に切り替えて、ポップアップのサイズをカスタマイズします。

注意:

ポップアップの widthheight の最小値はそれぞれ 300px と 420px です。 ポップアップのサイズの最大値は、ArcGIS Earth のウィンドウ サイズよりも大きくすることはできません。

pkiServers

特に Oracle Access Management サーバーの PKI 認証によって保護されているサービスを操作する場合、認証情報を送信する ArcGIS Earth のポータルまたはサーバーのリストを構成します。

fonts

描画エレメントのラベルのフォントを指定します。

注意:

エレメントの値として、フォント ファイル内のフォント名を使用します。指定したフォント ファイルが、使用しているオペレーティング システムにインストールされていることを確認してください。

log

ユーザーの AppData ディレクトリ (たとえば C:\Users\username\AppData\Roaming) の ESRI\ArcGISEarth\logs フォルダーにログ情報を記録します。

各ログ サイズの最大値は 10,000 で、保存されるログ ファイルの最大数は 1,000 です。

startupLayers

コンテンツ ウィンドウの開始レイヤーを設定し、名前、URL、タイプ、表示を構成し、開始レイヤーを階層的グループに整理します。

ヒント:
  • 開始レイヤーは、ArcGIS services、KML/KMZ、WMS およびそのサブレイヤー、WFS およびそのサブレイヤー、GeoJSON、シェープファイル、ラスター、タイル パッケージ、シーン レイヤー パッケージ、モバイル シーン パッケージ、Web シーン、Web マップなどのデータ タイプをサポートします。
  • 警告アイコン は、パスが見つからない、あるいはデータが破損しているまたはアクセス不能であることを示します。
  • 開始レイヤーが見えない状態のときは、コンテンツ ウィンドウで がオンになるまで読み込みが開始されません。

organizationalBasemaps

組織のベースマップを設定します。

ヒント:

組織のベースマップ レイヤーは、KML/KMZ、WMS、ラスター、タイル パッケージ、シーン レイヤー パッケージ、ArcGIS サービスなどのデータ タイプをサポートしています。

organizationalTerrains

組織のテレインを設定します。

ヒント:

組織のテレイン レイヤーは、ローカル ラスター、標高イメージ サービスなどのデータ タイプをサポートしています。 詳細については、「ベースマップとテレイン」をご参照ください。

positionServiceUrl

管理者がエンコードされた値を含む URL を入力できます。ArcGIS Earth がこれを認識し、位置情報が入力されます。 グローブで Ctrl キー + 右クリック を使用すると、クリックされた URL が呼び出され、ポイントの緯度、経度、および標高がその URL に渡されます。 URL が有効な KML ファイルを返すと、KML ファイルがビューポートに表示されます。

ArcGIS ブログ「Point Based Service access with ArcGIS Earth」の例をお読みください。

  • urlwithpos - ServiceURL エレメント下の add エレメントにキー属性を設定して、このフィーチャを有効化します。
  • urlwithoutpos - ArcGIS Earth が読み取る情報を設定します。 この情報は、ディスクに格納せずにサービス コールから返される KML ファイルです。

localKmlIcons

ローカル KML アイコン フォルダーへのアクセスを有効にするか、カスタマイズしたアイコン フォルダーを指し示します。

ヒント:
  • False に設定されている場合、ArcGIS Earth は、google.com から KML アイコンを使用します。 True に設定され、path の値が指定されていない場合、ArcGIS Earth はインストール ディレクトリ (通常は C:\Program Files\ArcGIS\Earth\bin\ArcGISRuntime\) の \resources\symbols\kml フォルダーのローカル KML アイコンを使用します。
  • カスタマイズされた KML アイコンが C:\Icons\kml フォルダー内に配置されている場合など、カスタマイズされた KML アイコン フォルダーを指定する必要がある場合は、kml フォルダーを含むよう directory の値を C:\Icons として設定してください。

directoryStyleLink

Esri の辞書スタイル ファイルへの URL アドレスを有効にするか、URL をカスタマイズしてユーザー インターフェイス上にテキストを表示します。 デフォルトにより、ハイパーリンク URL は無効になっています。

ヒント:

ファイアウォールを使用しているユーザーの場合は、管理者が Esri スタイル から辞書ファイルをダウンロードし、共有ディレクトリに保存できます。また、ハイパーリンクを可能にして、ユーザーのローカル ディレクトリへの URL アドレスを更新することにより組織内でアクセスできるようになります。

acknowledgement

承認メッセージの表示テキストと URL アドレスを指定します。

help

ヘルプの表示テキストと URL アドレスを指定します。

submitFeedback

送信するフィードバックの表示テキストと URL アドレスを指定します。

bannerSettings

バナーの表示テキスト、テキスト スタイル、フォント スタイル、配置を指定します。

注意:

構成ファイルの形式は、1.10 以降から更新されます。 config.xml の前のバージョンは前方互換できましたが、製品リリースでメンテナンスおよび更新は行われなくなりました。