シンボルの適用

シンボルをレイヤーにリアルタイムで適用することにより、データ視覚化のエクスペリエンスを最適化します。

ArcGIS Earth を使用すると、次のシンボル タイプでフィーチャ レイヤーをシンボル表示できます。

  • [位置 (単一シンボル)] - レイヤー内のすべてのフィーチャに同じシンボルを適用します。
  • [種類 (個別値シンボル)] - フィールド内の個別の属性値に基づいてフィーチャごとに別々のシンボルを適用します。
  • [数と量 (色)] - 等級色を適用して、レイヤー内の各フィーチャの数量の違いを表示します。
  • [ディクショナリ シンボル] - 複数の属性で構成されたシンボルの辞書を使用してシンボルをデータに適用します。

フィーチャ レイヤーへシンボルを適用するには、次の手順に従います。

  1. [コンテンツ] ウィンドウでレイヤーを右クリックします。
  2. ショートカット メニューから [シンボル] をクリックします。
  3. 表示されるパネルからタブにあるシンボル方法を選択します。

シンボル タイプ

[シンボル タイプ] タブ シンボル タイプ で、グローブ上のデータのスタイル設定に使用されているシンボルのフィールドとタイプを変更します。

[シンボル設定] ドロップダウン メニューから、シンボル表示の対象となるフィールドを選択します。

[シンボル タイプ] ドロップダウン メニューから、データのマッピングに適したシンボル タイプを選択します。 このドロップダウン メニューには、次の 3 つのシンボル タイプが用意されています。

  • 場所 (単一シンボル)
  • 種類 (個別値シンボル)
  • 数と量 (色)
ヒント:
[数と量 (色)] は数値属性にしか適用されませんが、[位置 (単一シンボル)] および [種類 (個別値シンボル)] はテキスト属性と数値属性のどちらにも適用されます。

下部にある辞書シンボルに切り替えると、複数の属性で構成されたシンボルの辞書を使用して、レイヤーをシンボル表示することもできます。

辞書

辞書シンボル方法では、複数の関連属性で構成されたシンボルの辞書を介してシンボルをフィーチャに適用し、シンボルを表示するためのルールの辞書に接続します。 辞書シンボルは、軍事シンボルなど複雑なシンボル仕様を構成してマップ上で描画できるようにします。 ArcGIS Earth は、次のシンボル仕様を辞書としてサポートしています。

  • 兵科記号 (北大西洋条約機構) APP-6(B)
  • 兵科記号 (北大西洋条約機構) APP-6(D)
  • 兵科記号 MIL-STD-2525B
  • 兵科記号 MIL-STD-2525C
  • 兵科記号 MIL-STD-2525D

デフォルトにより、これらの辞書はアプリケーションにインストールされていません。 「辞書シンボル スタイル」に移動して、スタイル ファイルをダウンロードし、これらのファイルを手動で ArcGIS Earth に追加することができます。

辞書シンボルを適用するには、次の手順に従います。

  1. 辞書シンボル スタイル」からサポートされている辞書スタイル ファイルをダウンロードします。
    • 組織の管理者として、管理者の構成ファイル内の directoryStyleLink パラメーターを含むユーザー インターフェイス上でハイパーリンクのステータス、URL アドレス、テキスト表示を構成できます。
  2. ドロップダウン リストから辞書を選択します。シンボルの構成はそれに応じて実装されます。
  3. デフォルトで、ArcGIS Earth は、レイヤー フィールドを自動検出し、シンボルおよびテキストの予想される辞書フィールドと照合します。 しかし、いつでも [フィールドの照合] をクリックしてオプションを手動で調整したり、リセットして自動照合結果にリセットして元に戻すことができます。
  4. 表の実装されているシンボル構成を更新します。 構成オプションは、選択した辞書によって異なる場合があります。
  5. 3 番目のタブ [シンボルの立ち上げ] で、フィーチャ属性を基準にフィーチャを 3D に立ち上げます。
  6. フィーチャ サービスでは、[リセット] リセット をクリックして、現在のシンボルをサーバー上に構成されている元のレンダラーに戻すことができます。
注意:
辞書シンボルが適用されたデータは、共有および保存できません。

シンボル スタイル

[シンボル スタイル] タブ シンボル スタイル を使用すると、属性フィールドとシンボル タイプが決定された時点で、色、パターン、透過表示などのシンボル スタイル プロパティが調整されます。 [シンボル スタイル] タブの内容は [シンボル タイプ] タブの内容に応じて異なります。

場所 (単一シンボル)

[位置 (単一シンボル)] シンボル タイプでは、レイヤー内のどのフィーチャにも同一のシンボルが適用されます。 このシンボルを使用すると、場所を基準にフィーチャをスタイル設定して、フィーチャの分布に注目することができます。 ArcGIS 2D および KML アイコン は、デフォルトですぐに使用可能なシンボルとして提供されます。 また、ArcGIS Earth では、モバイル スタイル ファイル (*.stylx) からシンボルを読み取ることもできます。

[位置 (単一シンボル)] をスタイル設定するには、次の手順に従います。

  1. シンボル アイコンをクリックして、シンボル構成パネルを開きます。
  2. ギャラリー内のシンボルを選択するか、[スタイルの追加] 追加 をクリックして、スタイル ファイルを ArcGIS Earth にインポートします。
  3. 色、透過表示、ストロークなど、シンボル プロパティを更新します。
  4. [レイヤーの透過表示] スライダーを動かして、レイヤー全体の透過表示を変更します。
  5. フィーチャ サービスでは、[リセット] リセット をクリックして、現在のシンボルをサーバー上に構成されている元のレンダラーに戻すことができます。
ヒント:
カスタム モバイル スタイルを作成するか、シンボルを ArcGIS Pro でモバイル スタイル ファイルとして共有することができます。

種類 (個別値シンボル)

[種類 (個別値シンボル)] シンボル タイプでは、属性値に基づいてフィーチャごとに個別のシンボルを適用します。 このシンボルは、種類の異なるデータ (カテゴリ データ) を表示するために使用されます。

[種類 (個別値シンボル)] をスタイル設定するには、次の手順に従います。

  1. [カラー ランプ] ドロップダウン メニューから色を選択して、データをスタイル設定します。
  2. [すべてのシンボルを変更] ボタン すべてのシンボルを変更 をクリックして、シンボル構成パネルを開きます。
  3. ギャラリー内のシンボルを選択するか、[スタイルの追加] 追加 をクリックして、スタイル ファイルを ArcGIS Earth にインポートします。
  4. 色、透過表示、ストロークなど、シンボル プロパティを更新します。
  5. カテゴリのいずれかを個別にカスタマイズするには、テーブル リスト内の各カテゴリの横にある色付きのシンボルをクリックし、必要に応じてラベルを更新します。
  6. [レイヤーの透過表示] スライダーを動かして、レイヤー全体の透過表示を変更します。
  7. フィーチャ サービスでは、[リセット] リセット をクリックして、現在のシンボルをサーバー上に構成されている元のレンダラーに戻すことができます。
ヒント:
[種類 (個別値シンボル)] を使用する際には、個別フィールド値の数が比較的少ないカテゴリ データをマッピングすることをお勧めします。

数と量 (色)

数と量 (色) シンボルは、定量的な差異を示すために、等級色をフィーチャに適用します。 マップ化するデータの数値フィールドを選択します。 データが範囲に分類され、範囲ごとに、その範囲を表すカラー ランプ内の異なる色が割り当てられます。

[数と量 (色)] をスタイル設定するには、次の手順に従います。

  1. [カラー ランプ] ドロップダウン メニューから色を選択して、データをスタイル設定します。
  2. 範囲を表示するクラス数を定義します。
  3. [分類の構成] ボタン 分類の構成 をクリックして、クラス ビューとテーブル ビューを切り替えます。 クラス情報を適宜編集します。
  4. テーブル リスト内の各クラスの横にある色付きのシンボルをクリックして、クラスを個別にカスタマイズします。
  5. [すべてのシンボルを変更] ボタン すべてのシンボルを変更 をクリックして、シンボル構成パネルを開き、シンボル プロパティを更新します。
  6. [レイヤーの透過表示] スライダーを動かして、レイヤー全体の透過表示を変更します。
  7. フィーチャ サービスでは、[リセット] リセット をクリックして、現在のシンボルをサーバー上に構成されている元のレンダラーに戻すことができます。

シンボルの立ち上げ

[シンボルの立ち上げ] タブ シンボルの立ち上げ では、次のいずれかの立ち上げオプションを使用して、属性値を基準にフィーチャを 3D に立ち上げます。

  • [なし] なし - フィーチャが立ち上げられません。
  • [絶対高度] なし - 各フィーチャが平らな上面として指定の値に立ち上げられます。
  • [基準高度] なし - フィーチャが平らでない上面として頂点から立ち上げられます。
  • [最大値] なし - フィーチャが平らな上面として最大値から立ち上げられます。
  • [最小値] なし - フィーチャが平らな上面として最小値から立ち上げられます。

サイズ変更パラメーターとオフセット パラメーターを使用して、グローブ上の立ち上げビューを調整します。 最大オフセットを 8,000,000 メートルにすることをお勧めします。

注意:
  • シンボルは、シェープファイル、CSV または TXT、WFS、フィーチャ サービスを含むフィーチャ レイヤーで使用できます。
  • フィーチャ レイヤーがポータル アイテムから取得された場合やグループ内にある場合は、ArcGIS Earth を終了すると、シンボル出力が消去されます。
  • 現在、3D シンボルはサポートされていません。
  • [シンボル スタイル] タブでは、辞書シンボルを構成できません。