インシデントの検出

ツール アイコン リアルタイムのビッグ データ解析で使用できます。

[インシデントの検出] ツール [インシデントの検出] ツール は、一連の開条件およびオプションの閉条件を使用してフィーチャを評価し、条件を満たす観測データの連続的セットごとに一意のインシデントを作成します。

ワークフロー図

[インシデントの検出] ツールのワークフロー図

  • 車列内の各車両が、その位置および現在の速度を規則的間隔で送信します。 ある車両の報告された速度が、示された位置に掲示されている速度制限を超えた場合、[インシデントの検出] がインシデントを開始します。 この車両によって報告されたその後の観測データごとに、現在の速度が速度制限を超え続けている場合、インシデントが未解決状態に維持されます。 この車両が掲示されている速度制限内の速度を報告した場合、インシデントが終了されます。
  • バルブで現在測定されている圧力を報告するパイプライン上の圧力センサーが、正常な動作範囲外の圧力を示しています。 [インシデントの検出] は、インシデントを開始し、圧力が正常な範囲から外れていることをセンサーが示すたびに、未解決インシデントを報告し続けます。 圧力が正常に戻った場合、インシデントが終了されます。
  • トラックの車列が、危険物を運んでいる車両が禁止されているトンネルに近づいています。 各車両がその位置を報告し、ArcGIS Velocity が、貨物の現在のマニフェストに基づいて、車両ごとの受信情報に情報を付加します。 トラックのうちの 1 台は、危険と見なされる酸化剤を運んでいます。 [インシデントの検出] は、トンネルへのトラックの近接および現在の貨物の属性に基づいてインシデントを開始します。 トラックがトンネルから離れて迂回した場合、インシデントが終了されます。
  • 特定のルート地域に割り当てられた配送車両は、一定期間だけ地域の外に移動します。 [インシデントの検出] により、車両が指定の地域から出るとインシデントが開き、車両が指定の地域に戻るとインシデントが閉じます。

使用上の注意

  • [開条件] パラメーターは必須ですが、[閉条件] パラメーターは任意です。 閉条件が明示的に設定されない場合、開条件の論理否定が閉条件として暗黙的に使用されます。 例外として、[空間リレーションシップ] の値が [進入] または [退出] に設定されている場合、暗黙的な [閉条件] 値はそれぞれ [退出] または [進入] になります。
  • リアルタイム解析で、[空間リレーションシップ] の値が [進入] または [退出] に設定されている場合、[開条件] または [閉条件] パラメーターに対して、ツールはステートフルな形式で動作します。 これにより、現在の条件が前回の観測データとは異なっている場合に、シーケンシャルな観測データを互いに比較して状態の変化を検出できます。 リアルタイム解析の他の空間リレーションシップについては、ツールが観測データを以前のものと比較する必要がないため、ステートレスな方法で実行でき、リソースの使用量が減少します。
  • ステートフルな方法で動作する場合、[インシデントの検出] ツールは、Track ID ごとの現在の観測データの状態ストアを維持します。 新しい観測データを受信すると、同じ Track ID の現在の観測データと比較されます (存在する場合)。 新しい観測データのタイムスタンプが、状態ストア内の現在の観測データよりも新しい場合、現在の観測データは置き換えられます。 同じ Track ID の現在の観測データと同じタイムスタンプが付与されている場合、ツールは 2 つの観測データを区別できません。 これにより、ツールが状態ストア内の現在の観測データが新しい観測データを置き換えず、新しい観測データが状態ストアに追加されないため、この Track ID に対する今後の観測データは、新しいタイムスタンプが付与された新しい観測データを受信するまで、状態ストアに残っている現在の観測データと比較されます。 この事象が発生すると、ツールで警告がログに記録されます。
  • このツールは 2 つの入力を持っていますが、[空間リレーションシップ][開条件] または [閉条件] パラメーターに選択する場合、[結合レイヤー] パラメーターのみが必須です。
  • [開条件] および [閉条件] パラメーターは、Arcade 条件式を使用して指定します。 Arcade 条件式およびサポートされている関数の概要については、ArcGIS Arcade のドキュメントをご参照ください。
  • リアルタイム解析で [有効期間で終了] パラメーターが [はい] に設定されている場合、[結合先のタイム ウィンドウ] の有効期限が切れると、開いているインシデントは閉じます。 [いいえ] に設定されている場合、開いているインシデントは破棄されます。
  • [開条件] パラメーターで [空間リレーションシップ] を選択し、[進入] または [退出] の空間演算子を使用している場合、[最初の観測データで進入をトリガー] または [最初の観測データで退出をトリガー] チェックボックスをオンにすると、各 Track ID で受信または処理された最初の対象フィーチャが進入の場合はいずれかの結合フィーチャの内部、または退出の場合はすべての結合フィーチャの外部に存在する場合、対象フィーチャの現在の位置を以前の対象フィーチャと比較する必要なしに、インシデントを開くことを意味します。 デフォルトはオフです。
  • リアルタイム解析の [結合先のタイム ウィンドウ] パラメーター値は、どのトラッキングについても、観測データ間で予測される最も長い間隔と同じくらいの長さでなければなりません。 この期間より古い観測データは、リソースを管理するためにメモリから削除されます。
  • 出力インシデントに対して計算される [IncidentDuration] 値はミリ秒単位で表されます。
  • 結合ポートにフィードが接続されている場合、ターゲット フィードと結合フィードの両方で変化しているフィーチャに基づいて、インシデントの検出が動的に実行されます。
  • 動的ジオフェンシングを実行する場合、[タイム ウィンドウの結合] パラメーターを設定する必要があります。 結合フィードに [終了時間] キー フィールドのタグが付いたフィールドが含まれておらず、結合フィーチャの最新の観測データがこのウィンドウよりも古い場合、観測データはツールのメモリから消去され、解析には含まれません。 結合フィードに [終了時間] キー フィールドのタグが付いたフィールドが含まれている場合、[終了時間] タグが付いたフィールドの値に応じたタイミングか、結合タイム ウィンドウが終了するタイミングのどちらか早い方で、フィーチャはジオフェンス ストアから消去されます。
  • 動的ジオフェンシングが実行されている場合、Arcade 条件式はターゲット フィーチャに対してのみ有効です。
  • 結合フィードのツールへの追加は、モデル ビューで行う必要があります。 結合フィードを使用したツールによる解析は、ワークフロー ビューでは表示または編集できません。

パラメーター

パラメーター説明データ タイプ

入力レイヤー

開条件および閉条件を使用してインシデントが検出されるフィーチャ。

フィーチャ

結合レイヤー (オプション)

必要に応じて、開条件または閉条件の一部として空間リレーションシップを処理するデータセットを選択できます。

フィーチャ

開条件

インシデントの開始を定義する条件のセット。 これは、空間条件、時間範囲、および属性条件式のセットを含むことができます。

  • [空間リレーションシップ] - ターゲット フィーチャを空間的にフィルター処理するために使用される基準を指定します。 このパラメーターは、データセットが join ポートに接続されている場合にのみ表示されます。 空間演算子には [一致しない][進入][等しい][退出][最近接測地線][最近接平面][接する][検索範囲] が含まれます。
  • [最初の観測データで進入をトリガー] または [最初の観測データで退出をトリガー] - 空間リレーションシップとして [進入] または [退出] が選択された場合に有効となり、受信された最初の対象フィーチャがいずれかの結合フィーチャの内部 ([進入] の場合)、またはすべての結合フィーチャの外部 ([退出] の場合) に存在する場合は、対象フィーチャの現在の位置を以前の対象フィーチャと比較する必要なしに、インシデントを開くことを意味します。 デフォルトは false (オフ) です。
  • [結合フィールド (オプション)] (リアルタイム解析のみ) - ターゲット フィーチャに追加する結合レイヤーのフィールドを指定します。 たとえば、結合フィールドとして TUNNEL_ID フィールドを選択した場合、出力スキーマには TUNNEL_ID フィールドとその値が含まれます。 TUNNEL_ID が 10 のトンネルでインシデントが検出された場合、この値がターゲット フィーチャ内のフィールドに追加されます。 関連する空間フィーチャの終了条件が指定されている場合、フィールドと値もターゲット フィーチャに結合されます。 関連する空間フィーチャから Disjoint 空間リレーションシップを使用してデータに情報を付加する結合フィールドが指定されている場合、フィールド値は NULL に設定されます。
  • [時間範囲] - この時間範囲内で観測データが発生する必要があります。 オプションには、指定した時間の [間][前]、または [後] があります。
  • [式] - 受信データをフィルター処理するために評価される属性条件式。 属性条件式は、Arcade 条件式を使用して指定します。
  • [すべての開始条件を照合] - インシデントを開始するために空間条件、時間条件、および属性条件がすべて満たされる必要があるかどうかを指定します。 [いいえ] を選択した場合、インシデントを開始するためには、条件のうちのいずれか 1 つで十分です。

注意:

一致しない、または退出が指定され、結合フィーチャが複数存在する場合、ターゲット フィーチャはすべての結合フィーチャに対して空間リレーションシップを満たす必要があります。 その他の空間リレーションシップで、複数の結合フィーチャが存在する場合、ターゲット フィーチャは、任意の個々の結合フィーチャとの空間リレーションシップを満たすことができます。

パラメーター

閉条件 (オプション)

インシデントの終了を定義する条件のセット。 [開条件] と同様に、これは、空間条件、時間範囲、および属性条件式のセットを含むことができます。

  • [空間リレーションシップ] - ターゲット フィーチャを空間的にフィルター処理するために使用される基準を定義します。 このパラメーターは、データセットが join ポートに接続されている場合にのみ表示されます。 空間演算子には [一致しない][進入][等しい][退出][最近接測地線][最近接平面][接する][検索範囲] が含まれます。
  • [時間範囲] - この時間範囲内で観測データが発生する必要があります。 オプションには、指定した時間の [間][前]、または [後] があります。
  • [式] - 受信データをフィルター処理するために評価される属性条件式。 属性条件式は、Arcade 条件式を使用して指定します。
  • [すべての開始条件を照合] - インシデントを開始するために空間条件、時間条件、および属性条件がすべて満たされる必要があるかどうかを指定します。 [いいえ] を選択した場合、インシデントを開始するためには、条件のうちのいずれか 1 つで十分です。
注意:

一致しない、または退出が指定され、結合フィーチャが複数存在する場合、ターゲット フィーチャはすべての結合フィーチャに対して空間リレーションシップを満たす必要があります。 その他の空間リレーションシップで、複数の結合フィーチャが存在する場合、ターゲット フィーチャは、任意の個々の結合フィーチャとの空間リレーションシップを満たすことができます。

パラメーター

インシデントのみを返す

インシデントに関連する観測データのみ ([はい]) またはすべての観測データ ([いいえ]) を返します。

ブール型

TRACK_ID フィールド (ビッグ データ解析のみ)

処理されるフィーチャを一意に識別するフィールドを選択します。 入力レイヤーで [Track ID] キー フィールドが設定されている場合、このパラメーターは自動入力されます。

フィールド

結合先のタイム ウィンドウ (リアルタイム解析のみ)

どのトラッキングについても、観測データ間で予測される最も長い間隔と同じくらいの長さにタイム ウィンドウを設定します。 この期間より古い観測データは、リソースを管理するためにメモリから削除されます。

文字列

タイム ウィンドウの結合 (リアルタイム解析のみ)

結合フィードの有効期限 (動的ジオフェンス)。 結合フィーチャの最新の観測データが指定したタイム ウィンドウより古い場合、その結合フィーチャは消去され、解析には含まれません。 結合フィードに [終了時間] のタグが付けられたフィールドが存在する場合、このパラメーターはオプションです。

文字列

有効期限で終了 (リアルタイム解析のみ)

[はい] に設定すると、[結合先のタイム ウィンドウ] の有効期限が切れると、開いているインシデントは閉じます。 [いいえ] に設定されている場合、開いているインシデントは破棄されます。

ブール型

出力レイヤー

出力レイヤーは、受信フィーチャのスキーマを含み、以下のフィールドが付加されます。

フィールド名説明フィールド タイプ

IncidentID

インシデントの一意な ID。

文字列

IncidentStatus

[Started] および [Ended] を含む、インシデントの現在の状態。

文字列

IncidentDuration

インシデントが未解決だったミリ秒数。

整数