カスタム参照レイヤーの ArcGIS への追加

カスタム境界線 (たとえば、給水区域、営業管轄エリア、ゾーン境界) を定義するファイルが組織にある場合、それを ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise でホスト フィーチャ レイヤーとして公開して、参照レイヤーとして ArcGIS for Power BI ビジュアライゼーションに追加することができます。 カスタム参照レイヤーを使用するには、それが ArcGIS でパブリックに共有されているホスト ポリゴン フィーチャ レイヤーである必要があります。

前提条件

ArcGIS にホスト レイヤーを公開するには、次の条件を満たしている必要があります。

  • ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise 組織に属しているアカウント
  • コンテンツを作成して、ホスト Web レイヤーを公開する権限
  • ArcGIS クライアント (ArcGIS Desktop または ArcGIS Pro からホスト フィーチャ レイヤーを公開する場合)

ホスト フィーチャ レイヤーの公開

カスタム境界線を ArcGIS for Power BI で参照レイヤーとして利用できるようにするには、シェープファイル (*.zip ファイルとしてパッケージ化) または GeoJSON ファイル (*.geojson または *.json) を ArcGIS にアップロードし、ホスト フィーチャ レイヤーとして公開します。 次に、レイヤーを共有します。

ArcGIS でホスト フィーチャ レイヤーを公開する方法の詳細については、「シェープファイルの公開」および「GeoJSON ファイルの公開」をご参照ください。

ホスト フィーチャ レイヤーの共有

デフォルトでは、新しいホスト フィーチャ レイヤーにアクセスできるのは公開したユーザーまたは管理者だけです。 ArcGIS for Power BI ユーザーがレイヤーを利用できるようにするには、ファイルをパブリックで共有する必要があります。 アイテムをパブリックで共有する方法の詳細については、「アイテムの共有」をご参照ください。