シーンでのポップアップの構成

シーン内のフィーチャをクリックしてハイライト表示すると、ポップアップにフィーチャに関する詳細情報が表示されます。 重要な情報がよく目立つようにポップアップの表示方法をカスタマイズします。 ポイント、ライン、ポリゴン、または 3D オブジェクト レイヤーのポップアップを構成できます。 レイヤーごとにポップアップの表示/非表示を選択できます。

ポップアップを構成するレイヤーを開くには、次の手順に従います。

  1. アカウントにサイン インしていることを確認し、Scene Viewer を開きます。
  2. [デザイナー] ツールバーにある [レイヤー] Layers をクリックして [レイヤー] ウィンドウを開きます。
  3. ポップアップを構成するレイヤーを選択します。
  4. レイヤー オプション ツール レイヤー設定ツール をクリックして [レイヤー プロパティ] を選択し、[レイヤー プロパティ] ウィンドウを開きます。
  5. [ポップアップ][ポップアップの構成] をクリックして [ポップアップ] ウィンドウを開きます。
  6. [ポップアップの有効化] 切り替えキーをクリックしてオプションを展開し、ポップアップを構成します。

    ポップアップは、レイヤーを最初に開いたときにデフォルトで有効化されます。

注意:

ポップアップはすべてのレイヤー タイプで利用できるわけではありません。

ポップアップの構成

  1. [フィールドの構成] をクリックして [書式設定] ウィンドウを開き、フィールドを構成して、フィールドの名前と値を見やすくします。
  2. [タイトル] で、ポップアップのタイトルを入力します。

    静的テキストとフィールド値を組み合わせて、ユーザーに情報が伝わりやすいポップアップのタイトルをカスタマイズします。 [フィールドの追加] Add field をクリックして、フィールド値を選択します。 たとえば、タイトルに州別の人口を表示するには、{State_name}Population: {pop2010} フィールドを順に入力します。 この組み合わせにより、次のように表示されます。

    California Population: 38,120,066

  3. [フィールド] リストをクリックします。
  4. [フィールドの選択] をクリックして、リストにフィールドを追加します。

    また、フィールドの再配置や削除も行えます。

  5. ポップアップに表示されるフィールド リストのタイトルを入力します。

    [フィールドの追加] ボタン Add field を使用すると、[タイトル] セクションと同様に静的テキストとフィールドを組み合わせることができます。

  6. フィールド リストの説明を入力します。

    [フィールドの追加] ボタン Add field を使用すると、[タイトル] セクションと同様に静的テキストとフィールドを組み合わせることができます。

  7. フィーチャ レイヤーに添付ファイルが含まれている場合、それらのファイルは、ポップアップ内の添付ファイルの下に自動的に追加されます。 添付ファイルは、フィーチャ サービスのフィーチャクラスへの関連テーブルとしてサポートされています。
  8. 必要に応じて、[コンテンツの追加] をクリックして、画像チャートテキストなどのメディアをポップアップに追加することもできます。
  9. 必要に応じて、アイテムをドラッグし、コンテンツを表示する順序を変更します。
  10. [デザイナー] ツールバーにある [保存] Save をクリックして、ポップアップの変更内容をシーンに保存します。
  11. ポップアップの構成が完了したら、[戻る] ボタン 戻る をクリックして、[レイヤー プロパティ] ウィンドウに戻ります。

ポップアップの構成が利用できないレイヤーの場合、[ポップアップの有効化] ボタンをクリックして、シーンでポップアップの表示/非表示を切り替えます。

フィールドの構成

表示するフィールドを構成するには、表示名を変更し、表示プロパティの形式を設定します。

  1. [フィールドの構成] をクリックして [フィールド] ウィンドウを開きます。
  2. 構成するフィールドを選択します。

    ヒント:
    同じタイプのフィールドを複数選択し、これらのフィールドの形式を同時に設定することができます。

    1. [表示名] で、フィールド名を変更します。
    2. 整数値と小数値の場合、[1000 区切り文字の表示] 切り替えキーをクリックして、区切り文字が付いた値を表示します。
    3. 小数値の場合、[有効桁数] オプションを使用して、表示する値の有効桁数を設定します。
    4. 日付フィールドでは、[日付形式] ドロップダウン メニューから日付形式を選択します。 日付フィールドに日付と時刻の両方を表示するには、[時間の表示] 切り替えボタンをオンにして、時刻の表示形式を選択します。
  3. [終了] をクリックします。
  4. [デザイナー] ツールバーにある [保存] Save をクリックして、ポップアップの変更内容をシーンに保存します。

画像の追加

画像 (PNG、JPEG、GIF) の URL を入力することで、ポップアップに画像を挿入できます。 画像には、タイトル、キャプション、関連する Web サイトへのリンク、代替テキストを含めることができます。

ヒント:

最適な表示にするには、幅 200 ピクセル、高さ 150 ピクセルの画像を作成します。 画像が 200 x 150 より小さい場合、ウィンドウに白の境界が表示されます。 画像が大きい場合は、Web ブラウザーによって画像のサイズが 200 x 150 に自動的に変更され、幾何補正されて表示される場合があります。

画像をポップアップに追加するときは、更新間隔を設定できます。 これにより、ポップアップで、頻繁に更新される画像を指定間隔 (分単位) で更新し表示することができます。 たとえば、このオプションを使用して、トラフィック カメラで取得した画像を更新できます。

  1. [ポップアップ] ウィンドウを開くには、「ポップアップを構成するレイヤーを開く」セクションの手順に従います。
  2. [コンテンツの追加] をクリックし、[画像] を選択します。
  3. 画像の URL を入力します。
    1. [フィールドの追加] Add field をクリックして、フィールド値を選択します。 データ内の各フィーチャに一意の画像を使用する場合、このオプションを使用します。
    2. 必要に応じて、外部の Web サイトや ArcGIS Online 上、またはレイヤーのデータ内の添付ファイルとして格納された画像の URL を入力します。 PNG、JPEG、および GIF 形式がサポートされています。 画像が ArcGIS Online のアイテムとして格納されている場合は、アイテム ページにある [URL] フィールドからコピーされた URL を入力する必要があります。アイテム ページは、画像アイテムが一般ユーザーと共有されている場合のみ利用できます。
  4. [オプション] をクリックすると、タイトル、キャプション、リンク、および更新間隔用に追加のフィールドを表示できます。
  5. 画像のタイトルを入力します。

    [フィールドの追加] ボタン Add field を使用すると、[タイトル] セクションと同様に静的テキストとフィールドを組み合わせることができます。

  6. キャプションを入力します。

    キャプションはタイトルの下の、画像の上の部分に表示され、 画像について簡単な説明を提示するのに役立ちます。

    [フィールドの追加] ボタン Add field を使用すると、[タイトル] セクションと同様に静的テキストとフィールドを組み合わせることができます。

  7. 画像の代替テキストを入力します。

    代替テキストはポップアップ上で非表示になり、スクリーン リーダーで使用されます。

    [フィールドの追加] ボタン Add field を使用すると、[タイトル] セクションと同様に静的テキストとフィールドを組み合わせることができます。

  8. 関連するリンクの URL を入力します。

    画像をクリックすると、新しいブラウザー タブにこの URL が表示されます。 関連するリンクの URL を入力するか、空白のままにすることもできます。

    [フィールドの追加] ボタン Add field を使用すると、[タイトル] セクションと同様に静的テキストとフィールドを組み合わせることができます。

  9. 必要に応じて、[更新間隔] 切り替えボタンをオンにして、テキスト ボックスに値 (分単位) を入力し、画像の更新間隔を設定します。

    ポップアップが表示されたときに、指定した間隔で画像が更新されます。

  10. 複数の画像 (または他のメディア アイテム) が存在し、ポップアップ内でそれらのアイテムが表示される順序を変更する場合は、必要に応じて、[メディア] セクションのアイテムの横の [並べ替え] ボタン Reorder をクリックし、アイテムを新しい位置にドラッグします。
  11. [デザイナー] ツールバーにある [保存] Save をクリックして、ポップアップの変更内容をシーンに保存します。

チャートの追加

チャートを追加して、数値属性フィールドの値をグラフィカルに表示できます。 追加できるのは、バー チャート、ライン チャート、パイ チャートです。

  1. [ポップアップ] ウィンドウを開くには、「ポップアップを構成するレイヤーを開く」セクションの手順に従います。
  2. [コンテンツの追加] をクリックし、[チャート] を選択します。
  3. 表示するチャートのタイプを選択します。
  4. チャートのタイトルを入力します。

    [フィールドの追加] ボタン Add field を使用すると、[タイトル] セクションと同様に静的テキストとフィールドを組み合わせることができます。

  5. チャートのキャプションを入力します。

    キャプションはタイトルの下の、チャートの上の部分に表示され、 チャート内のデータについて簡単な説明を提示するのに役立ちます。 カラム チャート、バー チャート、ライン チャートの単位をチャートの説明に含めることができます。 パイ チャートでは、それぞれのセグメントの上にポインターを置くとパーセンテージが表示されます。

    [フィールドの追加] ボタン Add field を使用すると、[タイトル] セクションと同様に静的テキストとフィールドを組み合わせることができます。

  6. チャートの代替テキストを入力します。

    代替テキストはポップアップ上で非表示になり、スクリーン リーダーで使用されます。

    [フィールドの追加] ボタン Add field を使用すると、[タイトル] セクションと同様に静的テキストとフィールドを組み合わせることができます。

  7. [フィールドの選択] をクリックして、チャートに含めるフィールドを選択します。
  8. 必要に応じて、[水平方向] 切り替えボタンをオンにしてバー チャートを水平方向に表示します。
  9. 必要に応じて、[正規化] 切り替えボタンをオンにして正規化フィールドを選択します。

    このフィールドの値で値フィールドの値が除算され、比率が作成されます。 正規化の比率は、分類および表示する数値に他の要因が影響している場合に役立ちます。 たとえば、人口は郡の規模に影響を受ける可能性があるため、人口を面積で除算して、データを正規化することができます。 また、データの正規化は、フィールド内の値の計測単位が同一でない場合に有効な比較を示すためにも役立ちます。

  10. 複数のチャート (または他のメディア アイテム) が存在し、ポップアップ内でそれらのアイテムが表示される順序を変更する場合は、必要に応じて、[メディア] セクションのアイテムの横の [並べ替え] Reorder をクリックし、アイテムを新しい位置にドラッグします。
  11. [デザイナー] ツールバーにある [保存] Save をクリックして、ポップアップの変更内容をシーンに保存します。

テキストの追加

ポップアップにプレーン テキストを挿入して、コンテキストと情報を追加できます。

  1. [ポップアップ] ウィンドウを開くには、「ポップアップを構成するレイヤーを開く」セクションの手順に従います。
  2. [コンテンツの追加] をクリックし、[テキスト] を選択します。
  3. テキスト フィールドをクリックしてテキスト エディターを開き、テキストを入力します。

    [フィールドの追加] ボタン Add field を使用すると、[タイトル] セクションと同様に静的テキストとフィールドを組み合わせることができます。

  4. [OK] をクリックします。
  5. [デザイナー] ツールバーにある [保存] Save をクリックして、ポップアップの変更内容をシーンに保存します。

添付ファイルの追加

フィーチャ レイヤーのデータに添付ファイルが含まれている場合は、添付ファイルがレイヤーのポップアップに追加されます。 添付ファイルは、デフォルトでギャラリーとしてポップアップに追加されます。 ポップアップ内の添付ファイルをクリックすると、その添付ファイルが新しいブラウザー タブで開きます。 添付ファイルをリストとして表示したり、ポップアップから削除したりできます。

  1. [ポップアップ] ウィンドウを開くには、「ポップアップを構成するレイヤーを開く」セクションの手順に従います。
  2. [添付ファイル] をクリックします。
  3. 添付ファイルのタイトルを入力します。

    [フィールドの追加] ボタン Add field を使用すると、[タイトル] セクションと同様に静的テキストとフィールドを組み合わせることができます。

  4. 添付ファイルの説明を入力します。

    [フィールドの追加] ボタン Add field を使用すると、[タイトル] セクションと同様に静的テキストとフィールドを組み合わせることができます。

  5. 必要に応じて、[リストとして表示] 切り替えボタンをオンにして、添付ファイルをリスト形式で表示します。
  6. 必要に応じて、[オプション] Options をクリックして [削除] をクリックし、ポップアップから添付ファイルを削除します。
  7. ポップアップの構成が完了したら、[戻る] ボタン 戻る をクリックして、[レイヤー プロパティ] ウィンドウに戻ります。
  8. [デザイナー] ツールバーにある [保存] Save をクリックして、ポップアップの変更内容をシーンに保存します。