ライン レイヤーのスタイル設定

スマート マッピング スタイルをデータに適用して、シーン内の視覚化をカスタマイズできます。 属性を使用して一連の色/個別の色をラインに適用するスタイル、または単一色をすべてのラインに適用するスタイルのいずれかを選択することができます。

2D ライン

単一色でラインを視覚化する場合は、[2D ライン] スタイルを適用できます。 たとえば、市全体の輸送ラインのネットワークを表示することができます。

  1. レイヤーのシンボルの設定」ワークフローの手順に従います。
  2. [色] でカラー パレットをクリックして、パターンと色のオプションを表示します。
    1. [パターンとマーカー] を展開します。
      • [パターン] の下で、ラインに適用するパターンをクリックします。
      • [マーカー] の下で、ライン マーカーをクリックするか、[<なし>] を選択します。
      • [マーカー配置] の下で、[始点][終点][始点-終点]、または [<なし>] をクリックして、マーカー配置を選択します。
    2. [ライン] では、次の色オプションを使用できます。
      • [色] には、選択肢となる一般的な色が表示されます。
      • [カスタム色] を選択すると、カスタム色を作成できます。 Hex、RGB、および HSV の値をコピーできます。 [保存済み] で、追加または削除できる保存済みの色を適用します。
      • [透過表示] では、スライダーを使用するか、値を入力して透過表示を設定できます。
  3. [幅] で、ラインの幅をピクセル単位で選択します。
  4. [標高モード] については、「標高モードの変更」をご参照ください。

3D パス

単一色を使用して実際の計測値で属性別にラインを表示する場合は、[3D パス] スタイルを使用します。 たとえば、配管の直径で市全体の主給水配管のサイズを設定することができます。

  1. レイヤーのシンボルの設定」ワークフローの手順に従います。
  2. [プロファイル] で、ライン パスの表示方法を選択し、実際のライン サイズを調整します。
    • [プロファイル] 設定には、次のライン タイプがあります。

      ラインが管 (水道管やユーティリティ配管など) として表示され、直径が [直径] 設定に入力されます。

      ラインが壁 (フェンスなど) として表示され、垂直方向の高さが [高さ] 設定に入力されます。

      ラインが帯 (道路や線路など) として表示され、幅が [幅] 設定に入力されます。

      正方形

      ラインが四角 (トンネルや運河など) として表示され、高さが [高さ] 設定に入力されます。

    • プロファイルを変更すると、[色] 設定の横にある計測タイプが 、[直径][高さ]、または [幅] に変化します。
  3. [色] でカラー パレットをクリックします。
    • [色] には、選択肢となる一般的な色が表示されます。
    • [カスタム色] を選択すると、カスタム色を作成できます。 Hex、RGB、および HSV の値をコピーできます。 [保存済み] で、追加または削除できる保存済みの色を適用します。
    • [透過表示] では、スライダーを使用するか、値を入力して透過表示を設定できます。
  4. [直径][高さ]、および [幅] の各設定で、属性値または定数値に合わせてラインのサイズを調整します。
    1. ドロップダウン メニューから属性を変更して、ラインのサイズを設定します。 均一のサイズを手動で入力するには、[<固定値>] を選択します。
    2. ドロップダウン メニューから計測単位を選択します。
    3. 拡大/縮小するときに、[ビューに合わせる] ボタン シンボルをビューに合わせる をクリックして、現在のビューで適切なサイズになるようにラインを調整できます。
  5. [標高モード] については、「標高モードの変更」をご参照ください。

2D 数と量

数値属性の値に基づいてラインの色を設定する場合は、[2D 数と量] スタイルをライン データに適用できます。 たとえば、交通量に基づいて一連の色で交通網のラインを表示することができます。

  1. レイヤーのシンボルの設定」ワークフローの手順に従います。

    [2D 数と量] ウィンドウが表示され、指定した属性が [マッピングされた属性] ボックスに表示されます。

  2. 上側と下側のスライダー ハンドルを移動し、指定した属性に基づいて配色を調整します。

    詳細については、「数と量のスライダーの考慮事項」をご参照ください。

  3. [色] でカラー パレットをクリックして、パターンと色のオプションを表示します。
    1. [パターンとマーカー] を展開します。
      • [パターン] の下で、ラインに適用するパターンをクリックします。
      • [マーカー] の下で、ライン マーカーをクリックするか、[<なし>] を選択します。
      • [マーカー配置] の下で、[始点][終点][始点-終点]、または [<なし>] をクリックして、マーカー配置を選択します。
    2. [ライン] では、次の色オプションを使用できます。
      • [カラー ランプ] をクリックして、カラー ランプのギャラリーから選択します。
      • [カラー ランプの反転] カラー ランプの反転 をクリックして、色を反転させます。
  4. [幅] で、ラインの幅をピクセル単位で選択します。
  5. [標高モード] については、「標高モードの変更」をご参照ください。

3D 数と量

数値属性に基づいて一連の色をラインに適用し、別の属性でこれらのラインのサイズを設定する場合は、[3D 数と量] スタイルを使用します。 たとえば、流量属性を使用して一連の色を配管に適用し、直径属性に基づいて市全体の主給水配管のサイズを設定することができます。

  1. レイヤーのシンボルの設定」ワークフローの手順に従います。

    [3D 数と量] ウィンドウが表示され、指定した属性が [マッピングされた属性] ボックスに表示されます。

  2. 上側と下側のスライダー ハンドルを移動し、指定した属性に基づいて配色を調整します。

    詳細については、「数と量のスライダーの考慮事項」をご参照ください。

  3. [プロファイル] で、ライン パスの表示方法を選択し、実際のライン サイズを調整します。
    • [プロファイル] 設定には、次のライン タイプがあります。

      ラインが管 (水道管やユーティリティ配管など) として表示され、直径が [直径] 設定に入力されます。

      ラインが壁 (フェンスなど) として表示され、垂直方向の高さが [高さ] 設定に入力されます。

      ラインが帯 (道路や線路など) として表示され、幅が [幅] 設定に入力されます。

      正方形

      ラインが四角 (トンネルや運河など) として表示され、高さが [高さ] 設定に入力されます。

    • プロファイルを変更すると、[色] 設定の横にある計測タイプが 、[直径][高さ]、または [幅] に変化します。
  4. [色] でカラー パレットをクリックします。
    • [カラー ランプ] をクリックして、カラー ランプのギャラリーから選択します。
    • [カラー ランプの反転] カラー ランプの反転 をクリックして、色を反転させます。
  5. [直径][高さ]、および [幅] の各設定で、属性値または固定値に合わせてラインのサイズを調整します。
    1. ドロップダウン メニューから属性を変更して、ラインのサイズを設定します。 均一のサイズを手動で入力するには、[<固定値>] を選択します。
    2. ドロップダウン メニューから計測単位を選択します。
    3. 拡大/縮小するときに、[ビューに合わせる] ボタン シンボルをビューに合わせる をクリックして、現在のビューで適切なサイズになるようにラインを調整できます。
  6. [標高モード] については、「標高モードの変更」をご参照ください。

2D タイプ

テキスト属性または数値属性に基づいてタイプ別にラインの色を設定する場合は、[2D タイプ] スタイルをライン データに適用できます。 道路、鉄道、バス、地下鉄などのタイプ別に市全体の交通網のラインを表示することができます。

  1. レイヤーのシンボルの設定」ワークフローの手順に従います。

    [2D タイプ] ウィンドウが表示され、指定した属性が [マッピングされた属性] ボックスに表示されます。

  2. [属性値] リストを変更します。

    最もよく使用される属性値がリストされます。 残りの属性値は [その他] セクションに自動的に分類されます。 デフォルトでは、属性値はフィーチャ数 (各属性値の横に表示される) を基準にして降順にリストされます。 フィーチャの総数はリストの最上部に表示されます。

    1. 変更する属性値をクリックします。

      次のいずれかを実行します。

      • シンボルを変更します。
      • 属性値をドラッグして、リスト内および凡例内での順序を変更します。
      • 属性値の名前を変更するには、属性値を選択して名前をクリックします。
    2. リスト上部の [すべて選択] をクリックして、すべての値を変更します。

      個々の値の変更作業に戻るには、値をクリックするか、リストの上部にある [1 つ選択] をクリックします。

    3. [その他] セクションの属性値を変更します。

      次のいずれかを実行します。

      • シンボルを変更します。
      • 個々の属性値をメイン リストの内外にドラッグします。
      • [すべて選択] をクリックして、すべての値をドラッグします。
      • 表示 その他の値を表示 または非表示 その他の値を非表示 ボタンをクリックして、[その他] セクションにあるフィーチャを表示するか、非表示にします。 デフォルトでは、これらの属性フィーチャは非表示になっています。 非表示になっているフィーチャは、メイン リストにドラッグされると、シーン内と凡例内に表示されるようになります。

    ヒント:
    レイヤーに表示する値を 10 個未満にすることが理想的です。10 個よりも多いと、区別するのが難しくなります。

  3. [色] でカラー パレットをクリックして、パターンと色のオプションを表示します。
    1. [パターンとマーカー] を展開します。
      • [パターン] の下で、ラインに適用するパターンをクリックします。
      • [マーカー] の下で、ライン マーカーをクリックするか、[<なし>] を選択します。
      • [マーカー配置] の下で、[始点][終点][始点-終点]、または [<なし>] をクリックして、マーカー配置を選択します。
    2. [ライン] では、次の色オプションを使用できます。
      • [色] には、選択肢となる一般的な色が表示されます。
      • [カスタム色] を選択すると、カスタム色を作成できます。 Hex、RGB、および HSV の値をコピーできます。 [保存済み] で、追加または削除できる保存済みの色を適用します。
      • [透過表示] では、スライダーを使用するか、値を入力して透過表示を設定できます。
    3. カラー ランプをすべての属性値に適用するには、[属性値] リストの上部にある [すべて選択] をクリックします。

      ソリッド カラー パレットがカラー ランプになります。

      • [カラー ランプ] では、カラー ランプのギャラリーから選択できます。
      • [カラー ランプの反転] カラー ランプの反転 をクリックして、色を反転させます。
      • [ソリッド カラー] をクリックし、単一色に変更して色オプションを表示します。
  4. [幅] で、ラインの幅をピクセル単位で選択します。
  5. [標高モード] については、「標高モードの変更」をご参照ください。

3D タイプ

テキスト属性または数値属性に基づいて個別の色をラインに適用し、別の属性でこれらのラインのサイズを設定する場合は、[3D タイプ] スタイルを使用します。 たとえば、材料タイプ属性を使用して個別の色を配管に適用し、直径属性に基づいて市全体の主給水配管のサイズを設定することができます。

  1. レイヤーのシンボルの設定」ワークフローの手順に従います。

    [3D タイプ] ウィンドウが表示され、指定した属性が [マッピングされた属性] ボックスに表示されます。

  2. [属性値] リストを変更します。

    最もよく使用される属性値がリストされます。 残りの属性値は [その他] セクションに自動的に分類されます。 デフォルトでは、属性値はフィーチャ数 (各属性の横に表示される) を基準にして降順にリストされます。 フィーチャの総数はリストの最上部に表示されます。

    1. 変更する属性値をクリックします。

      次のいずれかを実行します。

      • シンボルを変更します。
      • 属性値をドラッグして、リスト内および凡例内での順序を変更します。
      • 属性値の名前を変更するには、属性値を選択して名前をクリックします。
    2. リスト上部の [すべて選択] をクリックして、すべての値を変更します。

      個々の値の変更作業に戻るには、値をクリックするか、リストの上部にある [1 つ選択] をクリックします。

    3. [その他] セクションの属性値を変更します。

      次のいずれかを実行します。

      • シンボルを変更します。
      • 個々の属性値をメイン リストの内外にドラッグします。
      • [すべて選択] をクリックして、すべての値をドラッグします。
      • 表示 その他の値を表示 または非表示 その他の値を非表示 ボタンをクリックして、[その他] セクションにあるフィーチャを表示するか、非表示にします。 デフォルトでは、これらの属性フィーチャは非表示になっています。 非表示になっているフィーチャは、メイン リストにドラッグされると、シーン内と凡例内に表示されるようになります。

    ヒント:
    レイヤーに表示する値を 10 個未満にすることが理想的です。10 個よりも多いと、区別するのが難しくなります。

  3. [色] でカラー パレットをクリックします。
    • [色] には、選択肢となる一般的な色が表示されます。
    • [カスタム色] を選択すると、カスタム色を作成できます。 Hex、RGB、および HSV の値をコピーできます。 [保存済み] で、追加または削除できる保存済みの色を適用します。
    • [透過表示] では、スライダーを使用するか、値を入力して透過表示を設定できます。
    • カラー ランプをすべての属性値に適用するには、[属性値] リストの上部にある [すべて選択] をクリックします。 ソリッド カラー パレットがカラー ランプになります。
      • [カラー ランプ] では、カラー ランプのギャラリーから選択できます。
      • [カラー ランプの反転] カラー ランプの反転 をクリックして、色を反転させます。
      • [ソリッド カラー] をクリックし、単一色に変更して色オプションを表示します。
  4. ラインのサイズで、計測値を設定します。
    • [すべてのライン] の下にある [プロフィール] 設定を変更すると、計測タイプが [直径][高さ]、または [幅] に従って変化します。
    • [すべてのライン] で属性を選択した場合、個別にラインのサイズを設定するオプションは使用できません。 サイズを個別に設定するには、属性を [<なし>] に設定します。
    • サイズを手動で入力し、ドロップダウン メニューから計測単位を選択します。 拡大/縮小するときに、[ビューに合わせる] ボタン ビューに合わせる をクリックして、現在のビューで適切なサイズになるようにシンボルを調整できます。
  5. [すべてのライン][プロファイル] 設定で、ライン パスの表示方法を選択し、実際のライン サイズを調整します。
    1. [プロファイル] 設定には、次のライン タイプがあります。

      ラインが管 (水道管やユーティリティ配管など) として表示され、直径が [直径] 設定に入力されます。

      ラインが壁 (フェンスなど) として表示され、垂直方向の高さが [高さ] 設定に入力されます。

      ラインが帯 (道路や線路など) として表示され、幅が [幅] 設定に入力されます。

      正方形

      ラインが四角 (トンネルや運河など) として表示され、高さが [高さ] 設定に入力されます。

    2. [直径][高さ]、および [幅] の各設定で、属性値または定数値に合わせてラインのサイズを調整します。
      • ドロップダウン メニューから属性を変更して、ラインのサイズを設定します。 均一のサイズを手動で入力するには、[<なし>] を選択します。
      • ドロップダウン メニューから計測単位を選択します。
  6. [標高モード] については、「標高モードの変更」をご参照ください。

標高モードの変更

標高モードを変更して、レイヤーの配置をカスタマイズできます。 [標高モード] ドロップダウン矢印 ドロップダウン矢印 をクリックします。 レイヤーとデータの鉛直方向の配置を決定するオプションが表示されます。

地表

レイヤーを地表にドレープします。

地表を基準

データを地表の標高に揃うように配置します。 利用可能な場合、地表の標高に Z 値が追加されます。

シーンを基準

3D オブジェクト シーン レイヤーおよび 3D メッシュ シーン レイヤーのうち、標高の高いものに沿ってデータを配置します。 グラフィックスが 3D オブジェクトやその他のフィーチャの真上にない場合は、テレイン サーフェスの標高に合わせて配置されます。

注意:

ジオメトリの Z 値がある場合は標高に追加されます。

絶対高度

フィーチャのジオメトリ Z 値の位置に基づいてデータを鉛直方向に配置します。 ジオメトリに Z 値が含まれていない場合は、海面がデフォルトの標高になります。

<カスタム>

属性条件式など、レイヤーで定義されたカスタム標高に基づいて、データを垂直方向に配置します。 [<カスタム>] オプションは、レイヤーにカスタム標高がある場合にのみ表示されます。

オフセット

正の整数値または負の整数値 (メートル単位) を適用し、指定された [標高モード] 設定に従って標高を垂直方向にオフセットします。

  • [地表を基準] - レイヤーは地表を基準に並べられ、入力された高さの値に従って地面から鉛直方向にオフセットされます。
  • [シーンを基準] - レイヤーはシーン レイヤーの上に並べられ、入力された高さの値に従ってシーン レイヤーから鉛直方向にオフセットされます。
  • [絶対高度] - レイヤーは、割り当てられた Z 値の位置を基準に並べられるか、デフォルトで海抜位置に設定され、入力された高さの値に従って鉛直方向にオフセットされます。

注意:

[オフセット] は、[地表] 標高モードでは使用できません。