ポイント レイヤーのスタイル設定

スマート マッピング スタイルをデータに適用して、シーン内の視覚化をカスタマイズできます。 ポイント スタイルでは、ポイント データを含むフィーチャ レイヤーまたはシーン レイヤーの表示設定を変更できます。 属性を使用して一連の色/個別の色をポイントに適用するスタイルまたは単一色をすべてのポイントに適用するスタイルのいずれかを選択することができます。

2D マーカー

フィーチャの場所が優先される場合は、[2D マーカー] スタイルを使用します。 国内全土の小売店の場所や市の公園の表現にはこのスタイルが適しています。 たとえば、市全体にわたる病院の場所のデータがある場合、地域のビューに縮小しても、マーカーが画面上で同じサイズのまま維持されるため、ユーザーは市内の病院の場所を容易に特定することができます。

  1. レイヤーのシンボルの設定」ワークフローの手順に従います。
  2. [マーカー] で、マーカーの形状とアイコンをギャラリーから選択します。
    • ドロップダウン メニューから [基本的な形状] または [アイコン] のいずれかを選択します。 たとえば、[アイコン] の下のマーカーは、空港やガソリン スタンドなど、シーン内のさまざまなポイントを表すことができます。
    • デスクトップからカスタム マーカーをアップロードすることもできます。 「カスタム マーカーのアップロード」をご参照ください。
  3. [色] でカラー パレットをクリックします。
    1. [塗りつぶし] を展開し、[塗りつぶしの有効化] 切り替えボタンをクリックして、塗りつぶし色のオン/オフを切り替えます。

      次の塗りつぶし色オプションを使用できます。

      • [色] には、選択肢となる一般的な色が表示されます。
      • [カスタム色] を選択すると、カスタム色を作成できます。 Hex、RGB、および HSV の値をコピーできます。 [保存済み] で、追加または削除できる保存済みの色を適用します。
      • [透過表示] では、スライダーを使用するか、値を入力して透過表示を設定できます。
    2. [アウトライン] を展開し、[アウトラインの有効化] 切り替えボタンをクリックして、アウトライン色のオン/オフを切り替えます。

      次のアウトライン色オプションを使用できます。

      • [色] には、選択肢となる一般的な色が表示されます。
      • [カスタム色] を選択すると、カスタム色を作成できます。 Hex、RGB、および HSV の値をコピーできます。 [保存済み] で、追加または削除できる保存済みの色を適用します。
      • [透過表示] では、スライダーを使用するか、値を入力してアウトラインの透過表示を設定できます。
      • [ストローク] では、スライダーを使用するか、値を入力してアウトライン幅を適用できます。

      注意:

      [アイコン] の下のマーカーには、アウトライン オプションが含まれません。

  4. [サイズ] にサイズ (ピクセル単位) を手動で入力して、マーカーのサイズを変更します。
  5. [標高モード] については、「標高モードの変更」をご参照ください。
  6. [吹出し] については、「吹出しの挿入」をご参照ください。
  7. [ラベル] については、「ラベルの適用」をご参照ください。
  8. [重なりの回避] で、シーン内を移動しながら切り替えボタンをクリックして、重複しているフィーチャを削除します。
  9. [遠近法の適用] で、切り替えボタンをクリックして、画面サイズのポイント マーカーでの遠近法スケーリングのオン/オフを切り替えます。

    [遠近法の適用] がオンであれば、アイコン、ラベル、吹出しなどのオブジェクトのサイズを、カメラ位置から遠くなるにつれて小さくすることで、それらのオブジェクトを 3D シーン内でより一体化しやすくなります。

3D オブジェクト

シーン内で実際のサイズのオブジェクトをシンボル表示するには、[3D オブジェクト] スタイルを使用します。 これらのオブジェクトの実際のサイズを指定する属性を設定できます。 この適切な例は、都市公園にある樹木を表示することです。この場合には、高さ属性で樹木フィーチャごとのサイズを設定することができます。

  1. レイヤーのシンボルの設定」ワークフローの手順に従います。
  2. [マーカー] で、3D オブジェクトをギャラリーから選択します。
    主題別に分類された 3D オブジェクトの中から選択します。 たとえば、[植生] マーカーでは、さまざまな種類の植物や樹木を表示できます。 組織で Web スタイルが構成されている場合は、ArcGIS Pro で作成されたスタイルからカスタム マーカーを選択できます。
  3. [色] でカラー パレットをクリックします。
    1. [塗りつぶしの有効化] 切り替えボタンをクリックして、塗りつぶし色のオン/オフを切り替えます。

      次の塗りつぶし色オプションを使用できます。

      • [色] には、選択肢となる一般的な色が表示されます。
      • [カスタム色] を選択すると、カスタム色を作成できます。 Hex、RGB、および HSV の値をコピーできます。 [保存済み] で、追加または削除できる保存済みの色を適用します。
      • [透過表示] では、スライダーを使用するか、値を入力して透過表示を設定できます。
  4. [サイズ] で、3D オブジェクトのサイズを変更します。
    1. ドロップダウン メニューから属性を変更して、3D オブジェクトのサイズを設定します。 均一のサイズを手動で入力するには、[<固定値>] を選択します。
    2. ドロップダウン メニューから計測単位を選択します。
    3. 拡大/縮小する際に、[ビューに合わせる] ボタン シンボルをビューに合わせる をクリックして、現在のビューで適切なサイズになるように 3D オブジェクトを調整します。
  5. 必要に応じて、[回転] ドロップダウン メニューをクリックし、属性に基づいて 3D オブジェクトを回転させます。

    3D オブジェクトを回転させるには、[地理 (12 からの時計回り)] または [数学 (3 からの反時計回り)] のいずれかの方法を使用します。 オブジェクトを回転させない場合は、ドロップダウン メニューから [<なし>] を選択します。

  6. [標高モード] については、「標高モードの変更」をご参照ください。
  7. [ラベル] については、「ラベルの適用」をご参照ください。

2D 数と量

人口統計データなどのデータがあり、2D マーカーでデータを表示する場合は、[2D 数と量] スタイルを使用します。 たとえば、一連の色とオブジェクト (薄い色~濃い色、小サイズ~大サイズなど) を使用して、地域の平均収入レベルを表示できます。 シーンに最適なカラー ランプとソリッド カラーを選択できます。

  1. レイヤーのシンボルの設定」ワークフローの手順に従います。

    [2D 数と量] ウィンドウが表示され、選択した属性が [マッピングされた属性] ボックスに表示されます。

  2. 上側と下側のスライダー ハンドルを移動して、選択した属性に基づいて色とサイズを調整します。

    詳細については、「数と量のスライダーの考慮事項」をご参照ください。

  3. [マーカー] で、2D 形状とアイコンをギャラリーから選択します。

    デスクトップからカスタム マーカーをアップロードすることもできます。 「カスタム マーカーのアップロード」をご参照ください。

  4. [色] でカラー パレットをクリックします。
    1. [塗りつぶし] を展開し、[塗りつぶしの有効化] 切り替えボタンをクリックして、塗りつぶし色のオン/オフを切り替えます。

      次の塗りつぶし色オプションを使用できます。

      • [カラー ランプ] では、カラー ランプのギャラリーから選択できます。
      • [カラー ランプの反転] カラー ランプの反転 をクリックして、色を反転させます。
    2. [アウトライン] を展開し、[アウトラインの有効化] 切り替えボタンをクリックして、アウトライン色のオン/オフを切り替えます。

      次のアウトライン色オプションを使用できます。

      • [色] には、選択肢となる一般的な色が表示されます。
      • [カスタム色] を選択すると、カスタム色を作成できます。 Hex、RGB、および HSV の値をコピーできます。 [保存済み] で、追加または削除できる保存済みの色を適用します。
      • [透過表示] では、スライダーを使用するか、値を入力してアウトラインの透過表示を設定できます。
      • [ストローク] では、スライダーを使用するか、値を入力してアウトライン幅を適用できます。

      注意:

      [アイコン] の下のマーカーには、アウトライン オプションが含まれません。

    3. [ソリッド カラー] をクリックし、単一色に変更してさらに多くの色オプションを表示します。

      • [色] には、選択肢となる一般的な色が表示されます。
      • [カスタム色] を選択すると、カスタム色を作成できます。 Hex、RGB、および HSV の値をコピーできます。 [保存済み] で、追加または削除できる保存済みの色を適用します。
      • [透過表示] では、スライダーを使用するか、値を入力して透過表示を設定できます。

  5. [サイズ (最小 - 最大)] で、マーカーのサイズを設定する方法を選択します。

    Scene Viewer には、デフォルトのピクセル サイズの範囲が自動的に表示されます。 [サイズ (最小 - 最大)] フィールドには、さまざまなマーカーの最小サイズと最大サイズがピクセル単位で表示されます。

  6. [標高モード] については、「標高モードの変更」をご参照ください。
  7. [吹出し] については、「吹出しの挿入」をご参照ください。
  8. [ラベル] については、「ラベルの適用」をご参照ください。
  9. [遠近法の適用] で、切り替えボタンをクリックして、画面サイズのポイント マーカーでの遠近法スケーリングのオン/オフを切り替えます。

    [遠近法の適用] がオンであれば、アイコン、ラベル、吹出しなどのオブジェクトのサイズを、カメラ位置から遠くなるにつれて小さくすることで、それらのオブジェクトを 3D シーン内でより一体化しやすくなります。

3D 数と量

ポイント データを実際の寸法でシンボル表示するには、[3D 数と量] スタイルを使用します。 たとえば、消火栓などの都市資産のデータがある場合、水量に応じて縦長の円柱として消火栓を表示することができます。 したがって、水量の多い消火栓は、水量の少ない消火栓よりも色が濃くサイズが大きくなります。

  1. レイヤーのシンボルの設定」ワークフローの手順に従います。

    [3D 数と量] ウィンドウが表示され、選択した属性が [マッピングされた属性] ボックスに表示されます。

  2. 上側と下側のスライダー ハンドルを移動して、選択した属性に基づいて色とサイズを調整します。

    詳細については、「数と量のスライダーの考慮事項」をご参照ください。

  3. [マーカー] で、円錐や円柱などの単純なジオメトリの 3D モデルを選択します。
  4. [色] でカラー パレットをクリックします。
    1. [塗りつぶしの有効化] 切り替えボタンをクリックして、塗りつぶし色のオン/オフを切り替えます。

      次の塗りつぶし色オプションを使用できます。

      • [カラー ランプ] では、カラー ランプのギャラリーから選択できます。
      • [カラー ランプの反転] カラー ランプの反転 をクリックして、色を反転させます。
      • [ソリッド カラー] をクリックし、単一色に変更してさらに多くの色オプションを表示します。
        • [色] には、選択肢となる一般的な色が表示されます。
        • [カスタム色] を選択すると、カスタム色を作成できます。 Hex、RGB、および HSV の値をコピーできます。 [保存済み] で、追加または削除できる保存済みの色を適用します。
        • [透過表示] では、スライダーを使用するか、値を入力して透過表示を設定できます。
  5. [サイズ (最小 - 最大)] で、3D オブジェクトのサイズを設定する方法を選択します。
    拡大/縮小する際に、[ビューに合わせる] ボタン ビューに合わせる をクリックして、現在のビューで適切なサイズになるように 3D オブジェクトを調整します。 [サイズ (最小 - 最大)] フィールドには、オブジェクトの実際の最小サイズと最大サイズが表示されます。
    • たとえば、交差点の交通量が設定されたポイント レイヤーが縦長の円柱として表示される場合、拡大/縮小に合わせて、円柱のサイズを変更する必要がある場合があります。 これには、まず [ビューに合わせる] ボタン ビューに合わせる をクリックし、現在のビューに合わせて円柱をサイズ変更します。 次に [サイズ (最小 - 最大)] の値を変更して円柱を微調整します。
  6. [回転] で、属性に基づいてオブジェクトを回転させることができます。

    3D オブジェクトを回転させるには、[地理 (12 からの時計回り)] または [数学 (3 からの反時計回り)] のいずれかの方法を使用します。 オブジェクトを回転させない場合は、ドロップダウン メニューから [<なし>] を選択します。

  7. [標高モード] については、「標高モードの変更」をご参照ください。
  8. [ラベル] については、「ラベルの適用」をご参照ください。

2D タイプ

テキスト属性または数値属性を持つポイント データがある場合は、[2D タイプ] スタイルを使用します。 異なるマーカー、色、サイズで属性値を表示できます。 たとえば、[2D タイプ] スタイルを使用して、市内の対象ポイントを個別シンボルで表示することができます。

  1. レイヤーのシンボルの設定」ワークフローの手順に従います。

    [2D タイプ] ウィンドウが表示され、選択した属性が [マッピングされた属性] ボックスに表示されます。

  2. [属性値] リストを変更します。

    最もよく使用される属性値がリストされます。 残りの属性値は [その他] セクションに自動的に分類されます。 デフォルトでは、属性値はフィーチャ数 (その属性の横に表示される) を基準にして降順にリストされます。 フィーチャの総数はリストの最上部に表示されます。

    1. 変更する属性値をクリックします。

      次のいずれかを実行します。

      • シンボルを変更します。
      • 属性値をドラッグして、リスト内および凡例内での順序を変更します。
      • 属性値の名前を変更するには、属性値を選択して名前をクリックします。
    2. リスト上部の [すべて選択] をクリックして、すべての値を変更します。

      個々の値の変更作業に戻るには、値をクリックするか、リストの上部にある [1 つ選択] をクリックします。

    3. [その他] セクションの属性値を変更します。

      次のいずれかを実行します。

      • シンボルを変更します。
      • 個々の属性値をメイン リストの内外にドラッグします。
      • [すべて選択] をクリックして、すべての値をドラッグします。
      • 表示 その他の値を表示 または非表示 その他の値を非表示 ボタンをクリックして、[その他] セクションにあるフィーチャを表示するか、非表示にします。 デフォルトでは、これらの属性フィーチャは非表示になっています。 非表示になっているフィーチャは、メイン リストにドラッグされると、シーン内と凡例内に表示されるようになります。

    ヒント:
    レイヤーに表示する値を 10 個未満にすることが理想的です。10 個よりも多いと、区別するのが難しくなります。

  3. [マーカー] で、マーカーをギャラリーから選択します。
    • ドロップダウン メニューから [基本的な形状] または [アイコン] のいずれかを選択します。 たとえば、[アイコン] の下のマーカーは、空港やガソリン スタンドなど、シーン内のさまざまなポイントを表すことができます。
    • デスクトップからカスタム マーカーをアップロードすることもできます。 「カスタム マーカーのアップロード」をご参照ください。
  4. [色] でカラー パレットをクリックします。
    1. [塗りつぶし] を展開し、[塗りつぶしの有効化] 切り替えボタンをクリックして、塗りつぶし色のオン/オフを切り替えます。

      次の塗りつぶし色オプションを使用できます。

      • [色] には、選択肢となる一般的な色が表示されます。
      • [カスタム色] を選択すると、カスタム色を作成できます。 Hex、RGB、および HSV の値をコピーできます。 [保存済み] で、追加または削除できる保存済みの色を適用します。
      • [透過表示] では、スライダーを使用するか、値を入力して透過表示を設定できます。
    2. [アウトライン] を展開し、[アウトラインの有効化] 切り替えボタンをクリックして、アウトライン色のオン/オフを切り替えます。

      次のアウトライン色オプションを使用できます。

      • [色] には、選択肢となる一般的な色が表示されます。
      • [カスタム色] を選択すると、カスタム色を作成できます。 Hex、RGB、および HSV の値をコピーできます。 [保存済み] で、追加または削除できる保存済みの色を適用します。
      • [透過表示] では、スライダーを使用するか、値を入力してアウトラインの透過表示を設定できます。
      • [ストローク] では、スライダーを使用するか、値を入力してアウトライン幅を適用できます。

      注意:

      [アイコン] の下のマーカーには、アウトライン オプションが含まれません。

    3. カラー ランプをすべての属性値に適用するには、[属性値] リストの上部にある [すべて選択] をクリックします。 ソリッド カラー パレットがカラー ランプになります。

      次の色オプションを使用できます。

      • [カラー ランプ] では、カラー ランプのギャラリーから選択できます。
      • [カラー ランプの反転] カラー ランプの反転 をクリックして、色を反転させます。
      • [アウトライン] をクリックして、アウトライン色オプションを表示します。
      • [ソリッド カラー] をクリックし、単一色に変更して塗りつぶし色オプションを表示します。
  5. [サイズ] にサイズ (ピクセル単位) を手動で入力して、マーカーのサイズを変更します。
  6. [標高モード] については、「標高モードの変更」をご参照ください。
  7. [吹出し] については、「吹出しの挿入」をご参照ください。
  8. [ラベル] については、「ラベルの適用」をご参照ください。
  9. [重なりの回避] で、シーン内を移動しながら切り替えボタンをクリックして、重複しているフィーチャを削除します。
  10. [遠近法の適用] で、切り替えボタンをクリックして、画面サイズのポイント マーカーでの遠近法スケーリングのオン/オフを切り替えます。

    [遠近法の適用] がオンであれば、アイコン、ラベル、吹出しなどのオブジェクトのサイズを、カメラ位置から遠くなるにつれて小さくすることで、それらのオブジェクトを 3D シーン内でより一体化しやすくなります。

3D タイプ

テキスト属性または数値属性を持つポイント データがある場合は、[3D タイプ] を使用します。 異なる 3D オブジェクト、色、サイズでシンボルを個別に表示できます。 たとえば、[3D タイプ] スタイルを使用して、さまざまな街路備品の 3D オブジェクトを個別に表示することができます。

  1. レイヤーのシンボルの設定」ワークフローの手順に従います。

    [3D タイプ] ウィンドウが表示され、選択した属性が [マッピングされた属性] ボックスに表示されます。

  2. [属性値] リストを変更します。

    最もよく使用される属性値がリストされます。 残りの属性値は [その他] セクションに自動的に分類されます。 デフォルトでは、属性値はフィーチャ数 (その属性の横に表示される) を基準にして降順にリストされます。 フィーチャの総数はリストの最上部に表示されます。

    1. 変更する属性値をクリックします。

      次のいずれかを実行します。

      • シンボルを変更します。
      • 属性値をドラッグして、リスト内および凡例内での順序を変更します。
      • 属性値の名前を変更するには、属性値を選択して名前をクリックします。
    2. リスト上部の [すべて選択] をクリックして、すべての値を変更します。

      個々の値の変更作業に戻るには、値をクリックするか、リストの上部にある [1 つ選択] をクリックします。

    3. [その他] セクションの属性値を変更します。

      次のいずれかを実行します。

      • シンボルを変更します。
      • 個々の属性値をメイン リストの内外にドラッグします。
      • [すべて選択] をクリックして、すべての値をドラッグします。
      • 表示 その他の値を表示 または非表示 その他の値を非表示 ボタンをクリックして、[その他] セクションにあるフィーチャを表示するか、非表示にします。 デフォルトでは、これらの属性フィーチャは非表示になっています。 非表示になっているフィーチャは、メイン リストにドラッグされると、シーン内と凡例内に表示されるようになります。

    ヒント:
    レイヤーに表示する値を 10 個未満にすることが理想的です。10 個よりも多いと、区別するのが難しくなります。

  3. [マーカー] で、3D オブジェクトをギャラリーから選択します。
    主題別に分類された 3D オブジェクトの中から選択します。 たとえば、[植生] マーカーでは、さまざまな種類の植物や樹木を表示できます。 組織で Web スタイルが構成されている場合は、ArcGIS Pro で作成されたスタイルからカスタム マーカーを選択できます。
  4. [色] でカラー パレットをクリックします。
    1. [塗りつぶしの有効化] 切り替えボタンをクリックして、塗りつぶし色のオン/オフを切り替えます。

      次の塗りつぶし色オプションを使用できます。

      • [色] には、選択肢となる一般的な色が表示されます。
      • [カスタム色] を選択すると、カスタム色を作成できます。 Hex、RGB、および HSV の値をコピーできます。 [保存済み] で、追加または削除できる保存済みの色を適用します。
      • [透過表示] では、スライダーを使用するか、値を入力して透過表示を設定できます。
    2. カラー ランプをすべての属性値に適用するには、[属性値] リストの上部にある [すべて選択] をクリックします。 ソリッド カラー パレットがカラー ランプになります。

      • [カラー ランプ] では、カラー ランプのギャラリーから選択できます。
      • [カラー ランプの反転] カラー ランプの反転 をクリックして、色を反転させます。
      • [ソリッド カラー] をクリックし、単一色に変更して塗りつぶし色オプションを表示します。

  5. [サイズ] で、3D オブジェクトのサイズを変更します。
    • サイズを手動で入力するか、3D オブジェクトのサイズ設定の対象となる属性を選択することができます。 ドロップダウン メニューからサイズの単位を選択します。 拡大/縮小する際に、[ビューに合わせる] ボタン ビューに合わせる をクリックして、現在のビューで適切なサイズになるように 3D オブジェクトを調整できます。
    • [すべてのマーカー] で属性を選択すると、選択した属性に基づいてマーカーのサイズが自動的に設定され、[サイズ] が使用できなくなります。
  6. [すべてのマーカー] で、すべてのマーカーのサイズと回転を調整します。
    1. 属性と単位を選択して、すべての属性値のサイズを定義します。
    2. 属性ごとに [回転] オプションを設定します。
      • [回転] ドロップダウン メニューをクリックし、回転の基準となる属性を選択します。
      • 3D オブジェクトを回転させるには、[地理 (12 からの時計回り)] または [数学 (3 からの反時計回り)] のいずれかの方法を使用します。 オブジェクトを回転させない場合は、ドロップダウン メニューから [<なし>] を選択します。
  7. [標高モード] については、「標高モードの変更」をご参照ください。
  8. [ラベル] については、「ラベルの適用」をご参照ください。

標高モードの変更

標高モードを変更して、レイヤーの配置をカスタマイズできます。 [標高モード] ドロップダウン矢印 ドロップダウン矢印 をクリックします。 レイヤーとデータの鉛直方向の配置を決定するオプションが表示されます。

地表

レイヤーを地表にドレープします。

地表を基準

データを地表の標高に揃うように配置します。 利用可能な場合、地表の標高に Z 値が追加されます。

シーンを基準

3D オブジェクト シーン レイヤーおよび 3D メッシュ シーン レイヤーのうち、標高の高いものに沿ってデータを配置します。 グラフィックスが 3D オブジェクトやその他のフィーチャの真上にない場合は、テレイン サーフェスの標高に合わせて配置されます。

注意:

ジオメトリの Z 値がある場合は標高に追加されます。

絶対高度

フィーチャのジオメトリ Z 値の位置に基づいてデータを鉛直方向に配置します。 ジオメトリに Z 値が含まれていない場合は、海面がデフォルトの標高になります。

<カスタム>

属性条件式など、レイヤーで定義されたカスタム標高に基づいて、データを垂直方向に配置します。 [<カスタム>] オプションは、レイヤーにカスタム標高がある場合にのみ表示されます。

オフセット

正の整数値または負の整数値 (メートル単位) を適用し、選択された [標高モード] に従って標高を垂直方向にオフセットします。

  • [地表を基準] - レイヤーは地表を基準に並べられ、入力された高さの値に従って地面から鉛直方向にオフセットされます。
  • [シーンを基準] - レイヤーはシーン レイヤーの上に並べられ、入力された高さの値に従ってシーン レイヤーから鉛直方向にオフセットされます。
  • [絶対高度] - レイヤーは、割り当てられた Z 値位置を基準に並べられるか、デフォルトで海抜位置に設定され、入力された高さ値に従って垂直方向にオフセットされます。

注意:

[オフセット] は、[地表] 標高モードでは使用できません。

吹出しの挿入

2D ポイントのスタイルで [吹出し] オプションを使用すると、3D シーン内のアイコンの位置を認識しやすくすることができます。 縦の吹出し線によって、ポイント マーカーとこれらのポイント マーカーが表しているフィーチャの位置をつなげます。 たとえば、シーン内で吹出し線を表示して、警察署のアイコン マーカーを、これらのアイコンの下にある警察署の建物の上部につなげることができます。

[吹出し] オプションを使用するには、以下の手順を実行します。

  1. [吹出し] 切り替えキーをクリックすると、レイヤー内での吹出しの表示/非表示が切り替わります。
  2. 吹出しオプションでは、次の操作を実行します。
    • [サイズ] で、吹出し線の長さと、アイコンを元の位置から持ち上げる高さを選択します。 大きいサイズまたは小さいサイズの吹出し線を選択できます。 また、データに適した縮尺 (市、地方、世界) を設定することもできます。 縮尺は、縮小したときに表示される吹出し線の長さに影響します。
    • [色] で、吹出し線を [明色] または [暗色] に設定できます。

ラベルの適用

レイヤーでラベルを使用できる場合は、[ラベル] 切り替えボタンが表示されます。 シーンにラベルを表示することで、レイヤー内の属性に基づいて、シーンに関する情報をすばやく伝えることができます。

  1. [ラベル] 切り替えキーをクリックすると、レイヤー内でのラベルの表示/非表示が切り替わります。
  2. ラベルを構成するには、次のいずれかを実行します。
    • [テキスト] で、ドロップダウン メニューをクリックして、ラベリングするための属性を選択します。 カスタム ラベル式を Map ViewerMap Viewer Classic などの他のアプリで保存したとき、[<カスタム>] を選択できます。 マーカー周囲のラベルの配置を選択します。
    • [サイズ] の下で、ラベル ライズを [小][中][大] の中から選択します。
    • [色] で、テキストを [明色] または [暗色] に設定できます。
    • 3D ポイントのスタイルで [遠近法の適用] 切り替えボタンをクリックすると、より直感的に (ラベルが遠く離れるにつれてサイズが小さくなるように) ラベルを表示できます。

カスタム マーカーのアップロード

2D ポイント スタイルで、デスクトップからカスタム マーカーをアップロードできます。 まずシーンを保存して、アイコンをアップロードできるようにします。

  1. [マーカー] をクリックします。
  2. [カスタム] をクリックします。
  3. カスタム アイコンを追加するには、[+ 画像のアップロード] をクリックします。
  4. アップロードする画像を指定します。
  5. さらにアイコンを追加するには、[+ 画像のアップロード] をクリックします。
  6. カスタム ギャラリーで、シーンに必要なアイコンをクリックします。
  7. [完了] をクリックします。

    画像の要件:

    • 最大 256 x 256 ピクセル
    • 最大 1 MB
    • 画像形式: PNG または JPEG

    注意:

    アップロードするアイコンは、シーンのみで使用できます。 カスタム アイコンを含むシーンを共有できますが、シーンのコピーを保存することはできません。