ストーリーの公開

ストーリー ビルダーでストーリーを作成するとき、ストーリーはドラフトとして自動的に保存されます。ドラフト バージョンのストーリーは、作成者と ArcGIS 組織内の管理者権限を持つ他のユーザーにのみ表示されます。公開とは、ストーリーを広範な利用者が表示できるようにするプロセスです。公開プロセス中は、次のような処理が発生します。

  • ビルダーは、ストーリーで使用される ArcGIS コンテンツの共有設定に関する問題を確認します。
  • 選択した利用者 ([プライベート]、[組織]、[すべての人] (パブリック)、または [グループ]) がストーリーにアクセスできるようにします。
  • すべての人と共有されたストーリーのソーシャル メディア プラットフォームがストーリーに関するサマリー情報を利用できるようにします。

ストーリーを公開するには、次の手順に従います。

  1. ストーリー ビルダーのヘッダーで [公開] をクリックします。
  2. ストーリーの利用者 ([プライベート][組織]、または [すべてのユーザー] (パブリック)) を選択します。自分が共有権限を持っているグループに更新のアクセス権がない場合、そのグループでストーリーを共有することもできます。

    公開プロセスが開始されます。ストーリー ビルダーは、必要なレベルで共有されず選択した利用者に表示されないマップ、シーン、またはレイヤーを確認します。

  3. マップ、シーン、またはレイヤーがストーリーと同じ利用者と共有されていない場合、選択した利用者と共有されていないアイテムを共有するよう求められます。
    • これらのアイテムを共有する権限がある場合は、[はい。これらのアイテムを共有します。] をクリックします。ビルダーはそのアイテムの共有を自動的に更新します。
    • マップ、シーン、またはレイヤーを共有しない場合、または共有する権限がない場合、[変更しないで続行] をクリックします。この共有されていないアイテムは、それを表示する権限を持たない利用者メンバーのプレースホルダーに置き換えられます。

ストーリーが公開され、選択した利用者が利用できるようになりました。


このトピックの内容