マップ ツアーの追加

マップ ツアー ブロックは、マップにメディアと説明テキストを組み合わせて、関連する一連の場所をユーザーに提供します。 マップ ツアー ブロックは画面全体に表示され、没入型のエクスペリエンスを生み出します。 マップ ツアーのレイアウトはガイドとエクスプローラーの 2 種類です。 ガイド マップ ツアーには、マップにフォーカスとメディアにフォーカスという 2 つのレイアウト オプションがあります。 これら 2 つのレイアウトは、マップまたはメディアに多くの空き領域を提供することで、コンテンツのさまざまな側面を強調します。 ガイド マップ ツアーのポイントには連番が割り当てられるため、読者はポイントをスクロールしていくことで場所の完全なリストを確認できます。 エクスプローラー マップ ツアーには、グリッドとリストという 2 つのレイアウト オプションがあります。 このマップ ツアーは、読者が任意の順序でポイントを探索できるように案内するものであるため、一連のポイントが順序指定されていない場合に役立ちます。 ガイド マップ ツアーおよびエクスプローラー マップ ツアーの各場所にメディア パネルが用意されています。これには、最大 5 つの画像またはビデオと注釈テキストを挿入できます。

ArcGIS Enterprise のガイド ツアー

ArcGIS Enterprise 環境では、ガイド ツアーはデフォルトで ArcGIS Living Atlas からのベースマップを使用します。 また、ベースマップとして Web メルカトル投影法の Web マップを使用することもできます。詳細は、後述の「マップ ツアー作成のヒント」のベースマップ オプションの説明をご参照ください。

ガイド ツアーは、ArcGIS Living Atlas コンテンツへのアクセスが ArcGIS Enterprise ポータルで無効になっている場合でも、ストーリー ビルダーで引き続き使用できます。 この場合、デフォルト ベースマップが Web メルカトル投影であっても、ガイド ツアーのベースマップは、ベースマップ ギャラリーで選択されたグループのベースマップが表示されます。

メモ:
デフォルト ベースマップが Web メルカトル投影でない場合は、ガイド ツアーの [マイ マップ][お気に入り][マイ グループ]、または [組織] から、ベースマップとして Web マップを選択する必要があります。 詳細については、「ArcGIS Living Atlas コンテンツの構成」をご参照ください。

ストーリーへのマップ ツアーの追加

マップ ツアーを作成するには、次の手順に従います。

  1. [開く] ボタン ブロック パレットを開く をクリックして、ブロック パレットを開きます。
  2. [マップ ツアー] を選択します。
  3. [スクラッチから開始] または [写真のアップロード] を選択して、新しいツアーを設定するために写真を使用するかどうかを選択します。あるいは、[フィーチャ サービスを使用して開始] を選択し、ArcGIS フィーチャ レイヤーまたはビューを使用してツアーを設定します。
    1. [スクラッチから開始] - ステップ 4 に進んでマップ ツアー レイアウトを選択します。
    2. [写真のアップロード] - 写真を一括アップロードし、写真ごとにツアー ポイントが作成されるマップ ツアーを作成します。 写真がアップロードされたら、写真を並べ替えて、マップ ツアーに含める写真を選択または選択解除します。 [ツアーの作成] をクリックして、選択した写真をマップ ツアーに設定します。
      メモ:

      ジオタグ付き写真は自動的にマップ上に配置されます。

    3. [フィーチャ サービスを使用して開始] - ポイント レイヤーを 1 つ以上含む ArcGIS フィーチャ レイヤーまたはビューを選択して、マップ ツアーを作成します。

      1 つのポイントに複数のメディアが添付されている場合、最も新しく追加された画像がツアー ポイントのメディアとして表示されます。 [データ オプション][データ] タブでは、ポイントの [場所のタイトル] および [場所の説明] として使用するフィールドを選択できます。 [フィルタリングと並べ替え] タブでは、ツアーの場所の最大数を設定したり、メディアを含む場所のみを含めたり、ポイントをアルファベットの昇順または降順に並べ替えたり、ツアーの場所ごとの最大メディア数を設定したりすることができます。

  4. マップ ツアー レイアウトとして [ガイド] または [エクスプローラー] を選択します。
    1. ガイド マップ ツアーの場合は、[マップにフォーカス] または [メディアにフォーカス] レイアウトを選択します。
    2. エクスプローラー マップ ツアーの場合は、[グリッド] または [リスト] レイアウトを選択します。

    1 つのスライドを含むマップ ツアーがストーリーに追加されます。

    メモ:

    スライド パネルの [オプション] メニューで [レイアウトの変更] を選択すると、作成のプロセス中にいつでもレイアウトを変更できます。

  5. 場所、メディア、注釈テキストをスライドに追加します。
    1. [場所の追加] ボタンをクリックして、場所を追加します。 ツアー ポイントを追加するには、[ツアー ポイントの場所] ウィンドウで場所を検索するか、マップをクリックします。 場所を選択したら、[位置の追加] ボタンをクリックして、マップ ツアー ビルダーに戻ります。
    2. メディア パネルの [画像またはビデオの追加] ボタンをクリックして、最大 5 件の画像またはビデオを追加します。 複数のメディア アイテムを追加した後、[メディアの並べ替え] ボタンを使用して、アイテムを再配置します。 詳細については、「ArcGIS StoryMaps でサポートされているメディア ファイルのタイプとサイズは何ですか」をご参照ください。
      メモ:

      ジオタグ付きの画像を追加した場合は、画像の場所がマップ ツアーにポイントとして自動的に追加されます。

    3. 注釈パネルにテキストを追加します。

      必要に応じて、テキストを選択し書式設定ツールバーを使用して、テキストの書式を設定することもできます。

  6. スライド パネルの新しいスライド ボタン 新規スライド をクリックして、スライドを追加します。

    マップ ツアーで現在選択されているスライドの後に新しいスライドが追加されます。

  7. さらにツアーの場所を追加するには、ステップ 4 とステップ 5 を繰り返します。
    メモ:

    マップ ツアーでサポートされている最大ポイント数は 100 です。 100 個を超えるポイントを含めるには、追加のマップ ツアー ブロックを使用してそれらのポイントを 1 つのストーリー内で提示します。

マップ ツアーが完成したら、ツアーの最後を過ぎるまでスクロールして、ストーリーを引き続き作成します。 マップ ツアーの没入型ブロックのロックが解除され、表示範囲外にスクロールします。

マップ ツアー作成のヒント

マップ ツアーを作成する際は、以下を考慮してください。

  • ツアーのすべての場所に使用する初期ズーム レベルを設定するか、[マップ ツアーのマップ オプション] の縮尺ドロップダウン メニューを使用して個々のストップにカスタム ズーム レベルを設定します。
  • ガイド マップ ツアーのメディアにフォーカスしたレイアウトおよびエクスプローラー マップ ツアーのグリッド レイアウトとリスト レイアウトでは、[パネル配置の切り替え] ボタンをクリックしてメディア パネルと注釈パネルを切り替えます。
  • エクスプローラー マップ ツアー レイアウトでは、両矢印で表示される [パネル サイズの変更] をクリックして、パネルの幅を小、中、大のいずれかのサイズに変更します。
  • [マップ ツアーのマップ オプション] 設定で現在位置のマップ構成を有効にします。 現在位置を有効にすると、ユーザーはボタンを使用して、自分の位置をマップに表示することができます。 これは Web マップ、Web シーン、エクスプレス マップ、およびマップ ツアーで有効化できます。
    メモ:

    ストーリーがセキュリティで保護されていない (HTTP) Web ページに埋め込まれている場合、セキュリティ上の理由で、現在位置ツールはブラウザーによりブロックされます。 この機能は、セキュリティで保護された (HTTPS) ページでのみ機能します。

  • [マップ ツアーのマップ オプション] 設定でデフォルトのベースマップを変更します。 [ベースマップの変更] パネルで、ベースマップを次のいずれかに変更できます。
    • テーマのベースマップ - これらのベースマップは、選択したテーマに基づいて表示されるもので、デザイン パネルから別のストーリー テーマを適用すると変更されます。
    • すべてのベースマップ - [すべてのベースマップ] セクションからベースマップを選択した場合、ストーリー テーマが変更されてもベースマップはそのままです。
    • Web マップ - [その他のマップの参照] をクリックして、Web マップを選択します。 マイ マップ、お気に入り、マイ グループ、組織、および ArcGIS Living Atlas から Web メルカトル投影法の Web マップを選択できます。 選択したマップについては、マップに含まれるすべてのレイヤーはマップ ツアーに表示されますが、ポップアップは無効化されます。 Web マップのコンテンツに加えた変更がすべてツアーに反映されます。
  • [マップ ツアーのマップ オプション] 設定でポイントの色を変更します。 ポイントの色のオプションは、新しい色をツアー ポイントに割り当てます。 3 つのテーマ強調色に加えて、カスタム強調色を選択できます。
  • マップ ツアーは、タブレットおよびスマートフォン用に最適化されています。 小さな画面上では、スライドは表示の上部でマップとともに積み重なり、メディア パネルと注釈パネルは下になります。
  • マップ ツアーを作成するとき、スライド パネルはページの下部全体に表示されます。 スライド パネルを使用して、次の操作を実行できます。
    • スライドの追加と削除
    • スライドの非表示
    • スライド間の参照と移動
    • スライドの並べ替え

ストーリーからマップ ツアーを削除

マップ ツアーとそのスライドをすべて削除するには、次の手順に従います。

  1. マップ ツアーのスライド パネルで削除ボタンをクリックします。
  2. [ツアーの削除] を選択します。

マップ ツアーがストーリーから削除されます。