サイドカーの追加

サイドカー ブロックは、全画面表示されるメディアとストーリーの注釈の組み合わせで、ストーリーに没入型のエクスペリエンスを生み出します。 サイドカーはスライドで構成され、各スライドには固定メディア パネル、およびテキスト、メディア、マップなどスクロースする注釈コンテンツが含まれます。 ユーザーがサイドカーをスクロールすると、各スライドの注釈パネルのコンテンツに合うように、メディア パネルが変更されます。 サイドカーを使用すると、マップ コレオグラフィとマップ アクションを通じてメディア パネル内のマップ位置やデータをハイライト表示することもできます。

ストーリーへのサイドカーの追加

サイドカーを作成するには、次の手順に従います。

  1. [開く] ボタン ブロック パレットを開く をクリックして、ブロック パレットを開きます。
  2. [サイドカー] を選択します。
  3. サイドカー レイアウト ([フローティング パネル] または [ドッキング パネル]) を選択します。

    1 つのスライドを含むサイドカーがストーリーに追加されます。

    メモ:

    スライド パネルの [オプション] メニューで [レイアウトの変更] を選択すると、作成のプロセス中にいつでもレイアウトを変更できます。

  4. 次の使用可能なオプションのいずれかをクリックして、コンテンツをメディア パネルに追加します。
    1. [画像またはビデオの追加] - 画像またはビデオ ファイルをアップロードまたはリンクします。 詳細については、「ArcGIS StoryMaps でサポートされているメディア ファイルのタイプとサイズは何ですか」をご参照ください。
    2. [マップの追加] - マップ ブラウザーからマップを選択して構成する、またはエクスプレス マップを作成します。
    3. [埋め込みの追加] - URL リンクまたは iFrame コードを入力します。 代替画像も埋め込みプロパティに追加することをお勧めします。

      対話型埋め込みコンテンツ全体を表示するために十分なスペースがない場合は、代替画像が小型画面に表示されます。

    4. [スワイプの追加] - スワイプ ブロックを使用して 2 つのマップまたは画像を比較します。 スワイプ オプション パネルで、マップの構成または画像の表示を調整できます。 詳細については、「スワイプ ブロックの追加」をご参照ください。
  5. 注釈パネルにテキスト、マップ、メディア、オーディオ、タイムラインを追加します。
  6. スライド パネルの新しいスライド ボタン 新規スライド をクリックして、スライドを追加します。

    現在選択されているスライドの後に、新しいスライドがサイドカーに追加されます。

  7. スライドをさらに追加するには、手順 4 ~ 6 を繰り返します。

サイドカーが完成したら、サイドカーの最後を過ぎるまでスクロールして、残りのストーリーを引き続き作成します。 スライド パネルと残りのサイドカーのロックが解除され、表示範囲外にスクロールします。

サイドカー作成のヒント

サイドカーを作成する際は、以下を考慮してください。

  • ドッキング パネル レイアウトで、メディア パネルと注釈パネルを切り替えるには、[パネル配置の切り替え] ボタンをクリックします。
  • ドッキング パネル レイアウトで、パネルのサイズを小、中、または大に変更するには、[パネル サイズの変更] ボタンをクリックします。
  • フローティング パネル レイアウトで、注釈パネルの色、水平位置、およびサイズを変更するには、[パネルの表示設定] ボタンをクリックします。
  • メディア パネルで Web マップ上の別のエリアをハイライト表示するには、スライドを複製して、マップ範囲を変更します。
  • サイドカーは、タブレットおよびスマートフォン用に最適化されています。 小さな画面上では、サイドカー スライドは表示の上部でメディア パネルとともに積み重なり、注釈パネルは下になります。
  • サイドカーを作成するとき、スライド パネルはページの下部全体に表示されます。 スライド パネルを使用して、次の操作を実行できます。
    • スライドの追加と削除
    • スライドの複製
    • スライドの非表示
    • バックグラウンド オーディオの追加
    • スライド間の参照と移動
    • スライドの並べ替え
    • スライド間のトランジション スタイルの変更

マップ アクションの追加

マップ アクションは、シンプルな対話型要素をストーリーに追加してユーザーによる利用をさらに促進できる便利なストーリーテリング ツールです。

メモ:
ArcGIS EnterpriseArcGIS StoryMaps に対して、デフォルトではマップ アクションは使用できません。 マップ アクションを有効にするには、ポータル管理者が、[組織の設定] から [ベータ版の機能の表示] を選択する必要があります。

マップ アクションを追加するには、次の手順に従います。

  1. サイドカー スライドのメディア パネルに Web マップまたは Web シーンを追加します。
  2. ボタン スタイルまたはリンク スタイルのマップ アクションを選択します。
    1. ボタン スタイルのマップ アクションの場合は、注釈パネルの [開く] ボタン ブロック パレットを開く をクリックしてブロック パレットを開き、[マップ アクション] を選択します。
    2. リンク スタイルのマップ アクションの場合は、アクションを制御するテキストをハイライト表示し、テキスト編集ツール バーの [マップ アクション] ボタンをクリックします。
  3. マップ アクション ボタンを構成します。
    1. ボタン スタイルのマップ アクションの場合は、アクション ボタンにポインターを合わせ、ツールバーの [編集] をクリックして、ボタンがクリックされたときに生じるマップ アクションを構成します。

      ボタンのマップ ビューを構成しない場合、デフォルトでは [初期マップ ビュー] リセット ボタンになります。 このリセット ボタンをクリックすると、マップが初期マップ ビューに戻ります。

      リンク スタイルのマップ アクションの場合は、テキスト編集ツールバーの [マップ アクション] をクリックすると、マップ デザイナーが自動的に開きます。 ここで、アクションを構成します。

    2. マップ アクションについての説明を使用して、マップ アクション ボタンにラベルを付けます。

構成されたマップ アクションがサイドカーの注釈パネルに追加されます。

メモ:

複数のアクション ボタンをスライドに追加できます。 ボタンのラベルを更新して、そのボタンが実行するアクションをユーザーがはっきりわかるようにしてください。

ストーリーからサイドカーを削除

サイドカーとそのスライドをすべて削除するには、次の手順に従います。

  1. サイドカーのスライド パネルで [削除] ボタンをクリックします。
  2. [サイドカーの削除] を選択します。

サイドカーがストーリーから削除されます。