よくあるご質問 (FAQ)

一般

ビルダー

エクスプレス マップ

一般

従来の Esri Story Maps テンプレートから作成されたストーリー マップを ArcGIS StoryMaps に移行できますか?

いいえ。 ArcGIS StoryMaps のストーリー ビルダーは、新しいテンプレートでも従来の Story Maps テンプレートの更新でもありません。 テンプレートの代わりに、ArcGIS StoryMaps は最新の機能を備えた動的なストーリー ビルダーを使用します。 作成者がストーリーを作成して公開するとき、通常、時間をかけて特定の視覚的処理を承認してもらい、特定の URL でストーリーを公開します。 このような理由から、ArcGIS StoryMaps には、従来の Story Maps テンプレートを使用して作成されたストーリーを更新するオプションは含まれず、従来の Story Maps テンプレートを使用して作成されたストーリーを ArcGIS StoryMaps に移すための移行ツールはありません。 従来の Esri Story MapsArcGIS StoryMaps の違いに関する詳細については、「ArcGIS StoryMaps とは」をご参照ください。

従来の Esri Story Maps テンプレートを使用して作成されたストーリーはどのような予定ですか?

作成者と利用者は、従来の Esri Story Maps テンプレートを使用して作成されたストーリーを引き続き使用できます。 EsriArcGIS StoryMaps を継続していますので、作成者は従来のテンプレートを使用してストーリーを作成し編集でき、利用者はそのストーリーを引き続き使用できます。 ArcGIS StoryMaps は、ArcGIS の次世代ストーリーテリング ツールです。ストーリーの作成者がこの新しいツールを使用してストーリーを作成することをお勧めします。 StoryMaps の詳細については、「製品ロード マップ」ページをご参照ください。

従来の Esri Story Maps の保守と更新は引き続き行われますか?

開発作業は ArcGIS StoryMaps に集中しているため、従来の Story Maps テンプレートには主要な機能は追加されません。 ただし、Esri は従来のテンプレートの保守を引き続き行い、重大な問題が発生した場合は対処します。

ArcGIS StoryMaps でサポートされているメディア ファイルのタイプとサイズは何ですか?

画像の場合、ストーリー ビルダーがサポートするファイル サイズは 20 MB まで、ファイル タイプは JPEG、JPG、JFIF、PNG、SVG、GIF、BMP です。 ビデオのアップロードの場合、ストーリー ビルダーは最大 50 MB の MP4 ファイルをサポートします。 カバーまたは没入型メディア パネルで背景に使用する MP4 ビデオをアップロードすると、ビデオは自動的に再生されますが、そのオーディオは使用できません。 オーディオのアップロードの場合、ストーリー ビルダーがサポートするファイル サイズは 50 MB まで、ファイル タイプは MP3 と WAV です。

ArcGIS StoryMaps は非接続環境で動作しますか?

はい。 ArcGIS StoryMaps は、バージョン 10.8.1 以降の ArcGIS Enterprise で使用できます。 詳細については、「システム要件」をご参照ください。

ArcGIS StoryMaps はアクセシビリティの WCAG 2.0 ガイドラインに準拠していますか?

はい。 WCAG 2.0 ガイドラインに従って、ArcGIS StoryMaps は、ストーリー ビルダーで HTML タグ、セマンティック構造、色のコントラスト、キーボード ナビゲーション、代替テキスト、その他のデザインと機能に関する考慮事項をサポートします。 これにより、作成者はこれらの機能を活用しながら、幅広い利用者がアクセスできるストーリーを作成できます。 アクセシビリティの詳細については、「アクセシビリティとサポートされている言語」をご参照ください。

ArcGIS StoryMaps ではクレジットは消費されますか?

クレジットは、ストレージ、空間解析、プレミアム コンテンツの使用などのトランザクションに対して、ArcGIS Online や ArcGIS 全体で使用される通貨です。 ArcGIS StoryMaps ビルダーでストーリーを作成してもクレジットは消費されません。 ArcGIS OnlineArcGIS StoryMaps を使用するときには、データ ストレージ (アップロードされた画像とビデオ)、プレミアム コンテンツ (ArcGIS Living Atlas マップ) を使用する機能、または ArcGIS Online の解析に対してクレジットが消費されます。 ホスト フィーチャ サービス レイヤーまたはタイル サービス レイヤーあるいはその両方を使用するマップを作成した場合、データ ストレージに対してクレジットが消費されます。 クレジットとその使用方法の詳細については、「クレジットの概要」および「ArcGIS Online のクレジットの概要」をご参照ください。 ArcGIS StoryMaps は、有料 ArcGIS Living Atlas コンテンツをストーリーに追加していない限り、ArcGIS Enterprise でクレジットを消費しません。 有料コンテンツの詳細については、「Living Atlas コンテンツの構成」をご参照ください。

メモ:

クレジットを管理するには、公開されたストーリーを定期的に確認して、不要になった、または使用されなくなったストーリーを非公開にします。 不要になったレイヤーを削除したり、オフラインでデータをアーカイブしたりすることもできます。

プレミアム コンテンツは ArcGIS StoryMaps でどのように機能しますか?

プレミアム サービスまたはデータを消費するマップまたはシーンがストーリーに含まれる場合、そのストーリーが表示される回数に基づいてクレジットが消費されます。 これに不安がある場合は、これらのクレジットを制限する ArcGIS 組織の管理者に問い合わせるか、「クレジット」をご参照ください。

ArcGIS Online から公開マップを検索し追加するにはどうすればよいですか?

最初に ArcGIS Online で Web マップまたは Web シーンを検索して、お気に入りリストに追加します。 次に、ストーリー ビルダーのマップ ブラウザーの [お気に入り] タブでそのマップまたはシーンをストーリーに追加できます。 詳細については、「マップの追加」をご参照ください。 ArcGIS Enterprise 環境でインターネットにアクセスできない場合は、ArcGIS Online からのこれらの公開マップは使用できません。

私のストーリーの対象読者のメトリクスはどのような方法で追跡できますか?

ストーリー設定で Google Analytics トラッキング ID を追加すると、ストーリーの対象読者の詳細なメトリクスが得られます。 Google Analytics は、ページ ビュー数、対象読者層と言語設定、およびストーリーのボタン、リンク、マップとのエンゲージメントに関する情報を提供できます。 詳細については、「ストーリーへの解析の追加」をご参照ください。

メモ:

ArcGIS アイテムの詳細にあるビュー数は、公開したストーリーを閲覧した読者の数を反映するものではありません。

ArcGIS Developer ダッシュボードは ArcGIS StoryMaps をサポートしていますか?

ArcGIS Developer アプリのダッシュボードは StoryMap itemType をサポートしています。 このダッシュボードを使用して、アプリケーション プロキシを制限したり、許可されるリファラーを変更したりすることができます。これらのタスクには REST API は必要ありません。 さらに、ArcGIS Developer サイトは従来の Esri Story Maps のアプリケーション プロキシをサポートしています。

ストーリーの PDF ファイルを作成できますか?

ArcGIS StoryMaps では、[その他の操作] メニューから [印刷] を選択すると、ストーリーから PDF ファイルを作成できます。 詳細については、「ストーリーの印刷」をご参照ください。

ストーリーのコピーを作成できますか?

ストーリー カードのクイック アクション メニューから[複製] オプションを選択すると、[ストーリー] ページにストーリーのコピーを作成できます。 ストーリー ビルダーのその他のオプション メニューにある [ストーリーの複製] オプションを選択することもできます。 自分が所有している任意のストーリーのコピーを作成できます。また、管理者は ArcGIS 組織に属するストーリーのコピーを作成できます。 このオプションは、ストーリーのコピーを作成するためや、新しいストーリーのテンプレートとして既存のストーリーを使用するために使用できます。 コレクションとテーマも同様に複製することができます。 共有更新グループのメンバーもストーリーを複製することができます。 共有更新機能を持つグループの作成に関する詳細については、「ストーリーまたはコレクションの共同作成」をご参照ください。

ベータ版とはどういう意味でしょうか?

ベータ版のコンポーネントと機能は、機能やドキュメントが不完全な場合や、公表されない小さな変更が行われている場合があり、予告なしに変更が加えられます。 通常、ベータ版のコンポーネントと機能は英語版のみ利用可能です。 いずれかのベータ機能で問題が発生した場合は、Esri テクニカル サポートまでご連絡いただくか、Esri コミュニティの GeoNet ページにアクセスしてください。

ビルダー

カスタム HTML または CSS を ArcGIS StoryMaps のブロック要素に追加できますか?

いいえ。 ArcGIS StoryMaps チームは今後カスタマイズ オプションをさらに有効化する可能性がありますが、現時点で ArcGIS StoryMaps はカスタム HTML または CSS をサポートしていません。 カスタマイズまたは追加する HTML/CSS のタイプについてご要望がありましたら、チームにお問い合わせください。

ArcGIS StoryMaps ストーリー ビルダーは自動保存されますか?

はい。 ArcGIS StoryMaps ビルダーはリアルタイムで作業を自動的に保存します。 これには、ストーリーのコンテンツ、構成、および設定に対する追加、削除、および変更が含まれます。 自動保存はバックグラウンドで常時動作しているため、ストーリー ビルダーを複数のブラウザー タブ (または複数のデバイス) で開いて、同じストーリーを同時に編集することがないようにしてください。 作業が失われるか、他の不整合が生じる可能性があります。 現在のブラウザー タブの外部で行われた変更は、ビルダーを再び読み込むまで現在のビルダー セッションには反映されません。

ArcGIS StoryMaps では、どのリンク プロトコルがサポートされていますか?

作成者はボタンまたはハイパーリンク テキストを使用して Web コンテンツにリンクできます。 ArcGIS StoryMaps がサポートしているプロトコルは、https、mailto、iform、tel、flow、lfmobile、arcgis-navigator、arcgis-appstudio-player、arcgis-survey123、arcgis-collector、arcgis-workforce、arcgis-explorer、arcgis-trek2there、mspbi、comgooglemaps、pdfefile、pdfehttp、pdfehttps、boxapp、boxemm、awb、awbs、gropen、および radarscope です。

エクスプレス マップ

自分のエクスプレス マップを再利用できますか?

いいえ。現時点では、エクスプレス マップは、単一のストーリーにのみ使用できます。 複数のストーリーでエクスプレス マップを使用する場合は、チームにお問い合わせください。 エクスプレス マップの詳細については、「マップの追加」をご参照ください。

エクスプレス マップからデータをエクスポートできますか?

いいえ。ArcGIS StoryMaps は、エクスプレス マップからのフィーチャまたはデータのエクスポートをサポートしていません。 エクスプレス マップは、構造化されたデータ ソースではなく、シンプルなマップになるよう設計されています。 エクスプレス マップの詳細については、「マップの追加」をご参照ください。

エクスプレス マップでポイントとフィーチャに縮尺依存を設定できますか?

いいえ。エクスプレス マップは、シンプルな配置マップになるよう設計されています。 通常、エクスプレス マップは単一の縮尺または少ない数の縮尺で使用されます。 洗練されたマルチスケール マップの ArcGIS Web マップと Web シーンを作成することをお勧めします。