時間のスタイル設定 (Map Viewer Classic)

注意:

このトピックには、Map Viewer Classic に関連する情報が含まれています。 マップ ビューアーの機能が強化されました。 アプリ ランチャーから Map Viewer を開いて起動できます。 詳細については、Map Viewer のヘルプ ドキュメントをご参照ください。

Map Viewer Classic では、各種スマート マッピング スタイルを使用してさまざまな方法でデータを探索することができます。 Map Viewer Classicスタイルの変更を使用する場合、デフォルトで表示されるスタイル設定の選択肢は、データの性質によって決まります。 レイヤーの表現方法を決定した後、そのレイヤーの外観に変更を加えることができます。これらの変更は直ちにマップに反映されます。 Map Viewer Classic では、カラー ランプ、ライン幅、透過表示、シンボルなどのスタイル エレメントを編集できます。

時間と日付の値に従ってフィーチャを視覚化するために、複数のスタイル設定オプションが利用できます。

連続タイムライン (色)

レイヤーに日付値が含まれている場合は、色を使用してデータを新しい順に、または基準日の前後で連続的に表示することができます。 たとえば、道路フィーチャ レイヤーでカラー ランプを日付属性に適用すると、ごく最近点検された道路セグメントや再点検されることになっている道路セグメントを確認するのに役立ちます。 例をご参照ください

注意:

このスタイルは、ホスト フィーチャ レイヤーフィーチャ コレクション、および CSV レイヤーで使用できます。

色を使用して連続タイムラインを表示するように日付のスタイルを設定するには、次の手順に従います。

  1. スタイルの変更」ワークフローに記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. [表示する属性] を選択します。 このマッピング スタイルの場合、日付値を含む属性を選択します。
  3. [連続タイムライン (色)] スタイルをクリックして、[オプション] をクリックします。
  4. 次のいずれかを実行します。
    • カラー ランプのテーマを選択します。 それぞれのカラー テーマ オプションでは、さまざまな方法で色をデータに割り当てることで、異なる内容を表現することができます。
    • データへのカラー ランプの適用方法を変更するには、カラー ランプに沿って境界ハンドルを調整します。 ハンドルをドラッグするか、ハンドルの横にある日付をクリックして新しい日付を入力することができます。 ハンドルの位置を変えてみたり、ヒストグラムと計算された平均値 計算された平均値 を使用してデータの分布を確認したりして、マップが伝えるメッセージを微調整してください。
    • カラー ランプの色を反転するには、[反転] をクリックします。
    • 別のカラー ランプを選択するか、ライン幅や色などの他のグラフィック パラメーターを変更するには、[シンボル] をクリックして、必要な設定を選択します。 詳細については、「シンボルの変更」をご参照ください。
    • ヒストグラムをさらに詳細に確認するには、[拡大] をクリックします。
    • ポイント シンボルをマッピングする場合、2 番目の数値フィールドに基づいてシンボルを回転するオプションを選択できます。 たとえば、ポイントの色で測候所での気温を表し、ポイントの回転で湿度を表すことができます。 デフォルトのシンボルは円形であるため、回転をよく表現できません。 別の形状を選択することをお勧めします。
    • マップ上でデータが欠落している位置を描画するには、[値のないフィーチャを描画] をオンにします。 オフにすると、フィーチャが非表示になります。
    • 凡例のカラー ランプを非表示にするには、[凡例を表示] ボックスをオフにします。
    • 透過表示を変更するには、[透過表示] スライダーを左へ移動 (透明度を減少) するか、右へ移動 (透明度を増加) します。 フィーチャごとに透過表示を調整するには、[属性値] をクリックして属性フィールドを選択し、オプションで (数値データの正規化目的でのみ) 除数になる属性を選択し、正確な透過表示の値を設定します。 各位置に関連付けられた日付データまたは数値データが存在する場合にのみ、フィーチャごとに調整することができます。 たとえば、レイヤーに人口データが含まれている場合、人口に比例して各位置の透過表示を調整できます。 凡例の透過表示ランプを非表示にするには、[凡例を表示] ボックスをオフにします。

      ヒント:

      フィーチャの透過表示を設定する際には、Arcade で記述したカスタム属性式も使用できます。 Arcade 式は、[ヒート マップ][主要カテゴリ][主要カテゴリおよびサイズ]、および [期間] スタイルを除く、すべてのスタイルでサポートされます。 レイヤーに既存のレンダリング式がある場合は、ドロップダウン メニューの下部から選択できます。 あるいは、[式の編集] ボタンをクリックして編集ウィンドウで変更を行って、Map Viewer Classic で式を直接編集することもできます。

      さらに、ドロップダウン メニューから [新しい式] を選択し、エディター ウィンドウを使用して式を作成し名前を付けることで、カスタム式を作成できます。 これまでに、レイヤーのラベルポップアップで使用する式を作成していた場合は、その式を編集ウィンドウの [既存] タブから選択し、自分の式を構築できます。

    • 最適な表示範囲を計算して設定するには、[表示範囲] スライダーの横にある [自動設定] をクリックします。 手動で表示範囲を設定することもできます。
  5. スタイルのカスタマイズが完了したら、[OK] をクリックします。選択内容を保存しないで [スタイルの変更] ウィンドウに戻る場合は、[キャンセル] をクリックします。

連続タイムライン (サイズ)

レイヤーに日付値が含まれている場合は、一連の比例シンボルを使用してマップ上に日付を連続的に表示することができます。 たとえば、家具の特売を表示するマップでは、特売の日付が新しいほど大きく、日付が古いほど小さくなるシンボルを使用して、特売が最近行われている場所を表示できます。 例をご参照ください

注意:

このスタイルは、ホスト フィーチャ レイヤーフィーチャ コレクション、および CSV レイヤーで使用できます。

比例シンボルを使用して連続タイムラインを表示するように日付のスタイルを設定するには、次の手順に従います。

  1. スタイルの変更」ワークフローに記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. [表示する属性] を選択します。 このマッピング スタイルの場合、日付値を含む属性を選択します。
  3. [連続タイムライン (サイズ)] スタイルをクリックして、[オプション] をクリックします。
  4. 次のいずれかを実行します。
    • 比例シンボルのスタイル (色、ライン、不透明度) を変更するには、[シンボル] をクリックして設定を変更します。 詳細については、「シンボルの変更」をご参照ください。
    • データへの比例シンボルの適用方法を変更するには、ヒストグラムに沿って境界ハンドルを調整します。 ハンドルをドラッグするか、ハンドルの横にある日付をクリックして新しい日付を入力することができます。 上側のハンドルより上の値はすべて、同じ最大サイズのシンボルで描画されます。 下側のハンドルより下の値は、同じ最小サイズのシンボルで描画されます。 上側と下側のハンドルの間にある各値は、その境界内での値に応じた比例的なサイズで描画されます。 ハンドルの位置を変えてみたり、ヒストグラムを使用してデータの分布を表示したりして、マップが伝えるメッセージを微調整してください。
    • シンボル サイズの順序を反転するには、[反転] をクリックします。
      注意:

      デフォルトでは、新しい日付は大きいシンボルで描画され、古い日付は小さいシンボルで描画されます。 [反転] をクリックすると、このパターンを反転させることができます。

    • シンボルのサイズを調整するには、[サイズ] で最小値と最大値 (ピクセル単位) を選択します。
    • ポリゴンに関連付けられたデータをマッピングする場合は、サイズ範囲を自動的に調整するように選択するか、サイズ範囲を指定します。 自動で調整する場合、シンボルはマップの初期ズーム レベルに最適化され、他のズーム レベルでも最適に表示されるように自動的に調整されます。
    • ヒストグラムをさらに詳細に確認するには、[拡大] をクリックします。
    • ポリゴンに関連付けられたデータをマッピングする場合は、[ポリゴン] をクリックしてポリゴンの塗りつぶしとアウトラインのプロパティを調整します。
    • マップ上でデータが欠落している位置を描画するには、[値のないフィーチャを描画] をオンにします。 オフにすると、フィーチャが非表示になります。
    • ポイント シンボルをマッピングする場合、2 番目の数値フィールドに基づいてシンボルを回転するオプションを選択できます。 たとえば、ポイントの色で測候所での気温を表し、ポイントの回転で湿度を表すことができます。 デフォルトのシンボルは円形であるため、回転をよく表現できません。 別の形状を選択することをお勧めします。
    • 凡例のサイズ ランプを非表示にするには、[凡例を表示] ボックスをオフにします。
    • 透過表示を変更するには、[透過表示] スライダーを左へ移動 (透明度を減少) するか、右へ移動 (透明度を増加) します。 フィーチャごとに透過表示を調整するには、[属性値] をクリックして属性フィールドを選択し、オプションで (数値データの正規化目的でのみ) 除数になる属性を選択し、正確な透過表示の値を設定します。 各位置に関連付けられた日付データまたは数値データが存在する場合にのみ、フィーチャごとに調整することができます。 たとえば、レイヤーに都市部が含まれている場合、サイズに比例するように各位置の透過表示を調整できます。 凡例の透過表示ランプを非表示にするには、[凡例を表示] ボックスをオフにします。

      ヒント:

      フィーチャの透過表示を設定する際には、Arcade で記述したカスタム属性式も使用できます。 Arcade 式は、[ヒート マップ][主要カテゴリ][主要カテゴリおよびサイズ]、および [期間] スタイルを除く、すべてのスタイルでサポートされます。 レイヤーに既存のレンダリング式がある場合は、ドロップダウン メニューの下部から選択できます。 あるいは、[式の編集] ボタンをクリックして編集ウィンドウで変更を行って、Map Viewer Classic で式を直接編集することもできます。

      さらに、ドロップダウン メニューから [新しい式] を選択し、エディター ウィンドウを使用して式を作成し名前を付けることで、カスタム式を作成できます。 これまでに、レイヤーのラベルポップアップで使用する式を作成していた場合は、その式を編集ウィンドウの [既存] タブから選択し、自分の式を構築できます。

    • 最適な表示範囲を計算して設定するには、[表示範囲] スライダーの横にある [自動設定] をクリックします。 手動で表示範囲を設定することもできます。
  5. スタイルのカスタマイズが完了したら、[OK] をクリックします。選択内容を保存しないで [スタイルの変更] ウィンドウに戻る場合は、[キャンセル] をクリックします。

期間 (色)

レイヤーに日付値または時間値が含まれている場合は、色を使用してフィーチャの期間を表現することができます。 期間は、開始日または開始時間から終了日または終了時間までの時間の長さ (秒、分、時、日、月、年単位) を示します。 たとえば、期間を指定するために販売日属性と現在の日付を使用してこのスタイルを区画レイヤーに適用すると、近所で 15 年以上前に販売された住宅と最近販売された住宅を、色を使用して表示できます。 例をご参照ください

注意:

このスタイルは、ホスト フィーチャ レイヤーフィーチャ コレクション、および CSV レイヤーで使用できます。

色を使用して期間を示すように日付のスタイルを設定するには、次の手順に従います。

  1. スタイルの変更」ワークフローに記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. [表示する属性] を選択します。 このマッピング スタイルの場合、日付値を含む属性を選択します。
  3. [期間 (色)] スタイルをクリックして、[オプション] をクリックします。
  4. [終了] ドロップダウン メニューから、終了日を選択します。 開始日を終了日に切り替えたいときは、[属性の切り替え] ボタン 属性の切り替え をクリックします。
  5. [単位] ドロップダウン メニューから、使用する時間単位を選択します。
  6. 次のいずれかを実行します。
    • カラー ランプのテーマを選択します。 それぞれのカラー テーマ オプションでは、さまざまな方法で色をデータに割り当てることで、異なる内容を表現することができます。
    • データへのカラー ランプの適用方法を変更するには、カラー ランプに沿って境界ハンドルを調整します。 ハンドルをドラッグするか、ハンドルの横にある数値をクリックして正確な値を入力することができます。 ハンドルの位置を変えてみたり、ヒストグラムと計算された平均値 算出された平均値 を使用してデータの分布を確認したりして、マップが伝えるメッセージを微調整してください。
    • カラー ランプの色を反転するには、[反転] をクリックします。
    • 別のカラー ランプを選択するか、ライン幅や色などの他のグラフィック パラメーターを変更するには、[シンボル] をクリックして、必要な設定を選択します。 詳細については、「シンボルの変更」をご参照ください。
    • ヒストグラムをさらに詳細に確認するには、[拡大] をクリックします。
    • ポイント シンボルをマッピングする場合、2 番目の数値フィールドに基づいてシンボルを回転するオプションを選択できます。 たとえば、ポイントの色で測候所での気温を表し、ポイントの回転で湿度を表すことができます。 デフォルトのシンボルは円形であるため、回転をよく表現できません。 別の形状を選択することをお勧めします。
    • マップ上でデータが欠落している位置を描画するには、[値のないフィーチャを描画] をオンにします。 オフにすると、フィーチャが非表示になります。
    • 凡例のカラー ランプを非表示にするには、[凡例を表示] ボックスをオフにします。
    • 透過表示を変更するには、[透過表示] スライダーを左へ移動 (透明度を減少) するか、右へ移動 (透明度を増加) します。 フィーチャごとに透過表示を調整するには、[属性値] をクリックして属性フィールドを選択し、オプションで (数値データの正規化目的でのみ) 除数になる属性を選択し、正確な透過表示の値を設定します。 各位置に関連付けられた日付データまたは数値データが存在する場合にのみ、フィーチャごとに調整することができます。 たとえば、レイヤーに人口データが含まれている場合、人口に比例して各位置の透過表示を調整できます。 凡例の透過表示ランプを非表示にするには、[凡例を表示] ボックスをオフにします。
    • 最適な表示範囲を計算して設定するには、[表示範囲] スライダーの横にある [自動設定] をクリックします。 手動で表示範囲を設定することもできます。
  7. スタイルのカスタマイズが完了したら、[OK] をクリックします。選択内容を保存しないで [スタイルの変更] ウィンドウに戻る場合は、[キャンセル] をクリックします。

期間 (サイズ)

レイヤーに日付値または時間値が含まれている場合は、一連の比例シンボルを使用してフィーチャの期間を示すことができます。 期間は、開始日または開始時間から終了日または終了時間までの時間の長さ (秒、分、時、日、月、年単位) を示します。 たとえば、コード違反の苦情が申し立てられた日から順守された日までの期間を表示する場合、発生してから 1 か月経過していない苦情を小さなシンボルで表示し、期間が 3 か月に近づくにつれてだんだんと大きくなるシンボルを使用できます。 例をご参照ください

注意:

このスタイルは、ホスト フィーチャ レイヤーフィーチャ コレクション、および CSV レイヤーで使用できます。

比例シンボルを使用して期間を示すように日付のスタイルを設定するには、次の手順に従います。

  1. スタイルの変更」ワークフローに記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. [表示する属性] を選択します。 このマッピング スタイルの場合、日付値を含む属性を選択します。
  3. [期間 (サイズ)] スタイルをクリックして、[オプション] をクリックします。
  4. [終了] ドロップダウン メニューから、終了日を選択します。 開始日を終了日に切り替えたいときは、[属性の切り替え] ボタン 属性の切り替え をクリックします。
  5. [単位] ドロップダウン メニューから、使用する時間単位を選択します。
  6. 次のいずれかを実行します。
    • 比例シンボルのスタイル (色、ライン、不透明度) を変更するには、[シンボル] をクリックして設定を変更します。 詳細については、「シンボルの変更」をご参照ください。
    • データへの比例シンボルの適用方法を変更するには、ヒストグラムに沿って境界ハンドルを調整します。 ハンドルをドラッグするか、ハンドルの横にある数値をクリックして正確な値を入力することができます。 上側のハンドルより上の値はすべて、同じ最大サイズのシンボルで描画されます。 下側のハンドルより下の値は、同じ最小サイズのシンボルで描画されます。 上側と下側のハンドルの間にある各値は、その境界内での値に応じた比例的なサイズで描画されます。 ハンドルの位置を変えてみたり、ヒストグラムを使用してデータの分布を表示したりして、マップが伝えるメッセージを微調整してください。
    • シンボル サイズの順序を反転するには、[反転] をクリックします。
      注意:

      デフォルトでは、古いフィーチャは大きいシンボルで描画され、新しいフィーチャは小さいシンボルで描画されます。 [反転] をクリックすると、このパターンを反転させることができます。

      シンボルのサイズを調整するには、[サイズ] で最小値と最大値 (ピクセル単位) を選択します。
    • ポリゴンに関連付けられたデータをマッピングする場合は、サイズ範囲を自動的に調整するように選択するか、サイズ範囲を指定します。 自動で調整する場合、シンボルはマップの初期ズーム レベルに最適化され、他のズーム レベルでも最適に表示されるように自動的に調整されます。
    • ヒストグラムをさらに詳細に確認するには、[拡大] をクリックします。
    • ポリゴンに関連付けられたデータをマッピングする場合は、[ポリゴン] をクリックしてポリゴンの塗りつぶしとアウトラインのプロパティを調整します。
    • マップ上でデータが欠落している位置を描画するには、[値のないフィーチャを描画] をオンにします。 オフにすると、フィーチャが非表示になります。
    • ポイント シンボルをマッピングする場合、2 番目の数値フィールドに基づいてシンボルを回転するオプションを選択できます。 たとえば、ポイントの色で測候所での気温を表し、ポイントの回転で湿度を表すことができます。 デフォルトのシンボルは円形であるため、回転をよく表現できません。 別の形状を選択することをお勧めします。
    • 凡例のサイズ ランプを非表示にするには、[凡例を表示] ボックスをオフにします。
    • 透過表示を変更するには、[透過表示] スライダーを左へ移動 (透明度を減少) するか、右へ移動 (透明度を増加) します。 フィーチャごとに期間の透過表示を調整するには、[属性値] をクリックして属性フィールドを選択し、オプションで (数値データの正規化目的でのみ) 除数になる属性を選択し、正確な透過表示の値を設定します。 各位置に関連付けられた日付データまたは数値データが存在する場合にのみ、フィーチャごとに調整することができます。 たとえば、レイヤーに都市部が含まれている場合、サイズに比例するように各位置の透過表示を調整できます。 凡例の透過表示ランプを非表示にするには、[凡例を表示] ボックスをオフにします。
    • 最適な表示範囲を計算して設定するには、[表示範囲] スライダーの横にある [自動設定] をクリックします。 手動で表示範囲を設定することもできます。
  7. スタイルのカスタマイズが完了したら、[OK] をクリックします。選択内容を保存しないで [スタイルの変更] ウィンドウに戻る場合は、[キャンセル] をクリックします。

色 (期間) とサイズおよび色とサイズ (期間)

これらのスタイルを使用すると、色と比例シンボルを使用してデータ内のフィーチャの期間を示すことで、マップ上に 2 つの属性を表示することができます。 期間は、開始日または開始時間から終了日または終了時間までの時間の長さ (秒、分、時、日、月、年単位) を示します。 [色 (期間) とサイズ] または [色とサイズ (期間)] スタイルは、1 つの日付属性と 1 つの数値属性、または 2 つの日付属性を選択した場合に使用できます。 たとえば、移住労働者が行方不明になったおおよその場所を示すマップでは、移住労働者が行方不明になった時間を、事件が報告された日付に基づき、色を使用して示すとともに、死亡しているのが見つかった移住労働者の数を比例シンボルを使用して示すことができます。 例をご参照ください

注意:

このスタイルは、ホスト フィーチャ レイヤーフィーチャ コレクション、および CSV レイヤーで使用できます。

1 つの日付属性と 1 つの数値属性

1 つの日付属性と 1 つの数値属性を選択した場合は、色を使用してフィーチャの期間を示し、比例シンボルを使用して数値属性値を表すことができます。 これを行うには、1 番目の属性として日付属性を、2 番目の属性として数値属性を選択して、[色 (期間) とサイズ] スタイルを選択します。

代わりに、比例シンボルを使用してフィーチャの期間を示し、色を使用して数値属性値を表すこともできます。これを行うには、選択した属性の順序を切り替えてから、[色とサイズ (期間)] スタイルを選択します。

期間を示すように 1 つの日付属性と 1 つの数値属性のスタイルを設定するには、次の手順に従います。

  1. スタイルの変更」ワークフローに記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. 1 番目に [表示する属性] を選択します。
  3. [属性の追加] をクリックし、2 番目に [表示する属性] を選択します。 フィーチャの期間を示すマッピング スタイルの場合、日付値を含む属性を少なくとも 1 つ選択します。 もう一方の属性には、日付値または数値のいずれかが含まれます。

    選択した属性の順序、および 1 つの日付属性と 1 つの数値属性、または 2 つの日付属性のいずれを選択したかに応じて、期間を示すための異なるオプションが表示されます。 属性の順序を切り替えるには、[属性の切り替え] ボタン 属性の切り替え をクリックします。

  4. 表示されたいずれかの期間スタイルをクリックし、[オプション] をクリックします。
  5. いずれかの組み合わせ ([期間 (色)][数と量 (サイズ)]、または [数と量 (色)][期間 (サイズ)] ) のオプションを適用します。

2 つの日付属性

2 つの日付属性を選択した場合は、これらの日付属性のいずれか一方に基づくフィーチャの期間を、色または比例シンボルのいずれかを使用して示すかを決定できます。 もう一方の日付属性に基づく連続タイムラインが、もう一方のレンダリング オプション (色またはサイズ) を使用して表示されます。 また、同じ日付属性を 2 回選択して、期間と連続タイムラインの両方を同じ属性に基づいて示すこともできます。

[色 (期間) とサイズ] では、1 番目の日付属性に基づく期間を色を使用して表し、2 番目の属性に基づく連続タイムラインとして、比例シンボルを使用して日付を表します。

[色とサイズ (期間)] では、[色 (期間) とサイズ] とは反対に、連続タイムラインに色を使用し、フィーチャの期間に比例シンボルを使用します。 たとえば、地方自治体の規制に違反した日付と準拠した日付を示すマップでは、違反提訴日を日付の古い順に連続タイムラインとして表すために色を使用し、かなり長い間是正されないままである規制違反を強調するために大きなシンボルを使用できます。 例をご参照ください

期間を示すように 2 つの日付のスタイルを設定するには、次の手順に従います。

  1. スタイルの変更のワークフロー」に記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. 1 番目に [表示する属性] を選択します。
  3. [属性の追加] をクリックし、2 番目に [表示する属性] を選択します。 フィーチャの期間を示すマッピング スタイルの場合、日付値を含む属性を少なくとも 1 つ選択します。 もう一方の属性には、日付値または数値のいずれかが含まれます。

    選択した属性の順序、および 1 つの日付属性と 1 つの数値属性、または 2 つの日付属性のいずれを選択したかに応じて、期間を示すための異なるオプションが表示されます。 属性の順序を切り替えるには、[属性の切り替え] ボタン 属性の切り替え をクリックします。

  4. 表示されたいずれかの期間スタイルをクリックし、[オプション] をクリックします。
  5. いずれかの組み合わせ ([期間 (色)][連続タイムライン (サイズ)]、または [連続タイムライン (色)][期間 (サイズ)] ) のオプションを適用します。

タイプとサイズ (期間)

レイヤーに個別値 (種類) と、日付値または時間値のいずれかが含まれている場合は、色を使用して、個別値に基づくさまざまなカテゴリ、つまりタイプを示し、比例シンボルを使用してフィーチャの期間を示すことができます。 期間は、開始日または開始時間から終了日または終了時間までの時間の長さ (秒、分、時、日、月、年単位) を示します。 たとえば、Visa と Amex クレジット カードによる支払いを比較するマップでは、別々の色を使用して、各クレジット カード会社と、支払い後の期間を表示するさまざまなサイズのシンボルを使用することができます。 例をご参照ください

注意:

このスタイルは、ホスト フィーチャ レイヤーフィーチャ コレクション、および CSV レイヤーで使用できます。

色を使用してさまざまなタイプを示し、比例シンボルを使用して期間を示すように 2 つの属性のスタイルを設定するには、次の手順に従います。

  1. スタイルの変更」ワークフローに記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. 1 番目に [表示する属性] を選択します。 このマッピング スタイルの場合、個別値を含む属性を選択します。
  3. [属性の追加] をクリックし、2 番目に [表示する属性] を選択します。 このマッピング スタイルの場合、日付値を含む属性を選択します。
  4. [タイプとサイズ (期間)] スタイルをクリックして、[オプション] をクリックします。
  5. オプションを [タイプ (個別値シンボル)] (1 番目の属性) と [期間 (サイズ)] (2 番目の属性) に適用します。