場所のスタイル設定 (Map Viewer Classic)

注意:

このトピックには、Map Viewer Classic に関連する情報が含まれています。 マップ ビューアーの機能が強化されました。 アプリ ランチャーから Map Viewer を開いて起動できます。 詳細については、Map Viewer のヘルプ ドキュメントをご参照ください。

Map Viewer Classic では、各種スマート マッピング スタイルを使用してさまざまな方法でデータを探索することができます。 Map Viewer Classicスタイルの変更を使用する場合、デフォルトで表示されるスタイル設定の選択肢は、データの性質によって決まります。 レイヤーの表現方法を決定した後、そのレイヤーの外観に変更を加えることができます。これらの変更は直ちにマップに反映されます。 Map Viewer Classic では、カラー ランプ、ライン幅、透過表示、シンボルなどのスタイル エレメントを編集できます。

フィーチャの位置や地理的な分布を表示したい場合があります。 フィーチャの場所と分布を表示するには、[場所 (単一シンボル)] スタイル、またはポイント フィーチャをマッピングしている場合は [ヒート マップ] スタイルを使用します。

場所 (単一シンボル)

単一シンボルを使用してデータを描画すると、フィーチャの分布状態 (まとまっているか分散しているか) を把握し、地理的なパターンを発見することができます。 たとえば、レストランの場所の一覧をマッピングすると、レストランが商業地区にまとまっていることがわかります。

例を見る

単一シンボルを使用して場所データのスタイルを設定するには、次の手順に従います。

  1. スタイルの変更のワークフロー」に記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. [場所 (単一シンボル)] スタイルをクリックして、[オプション] をクリックします。
  3. 次のいずれかを実行します。
    • シンボルを変更するには、[シンボル] をクリックして、設定を変更します。 詳細については、「シンボルの変更」をご参照ください。
    • たとえば、風が吹く方向が数値情報として追加されているポイントのシンボルをマッピングする場合、その数値属性に基づいて回転角度を設定できます。 Arcade スクリプト言語で記述したカスタム条件式を使用して、回転角度を設定することもできます。
    • レイヤーで更新されたフィーチャ観測データをストリーミング フィーチャ レイヤーからストリーミングする場合は、前の観測を指定した数だけ描画するオプションを選択してから、観測を線で接続するオプションを選択できます。
    • Map Viewer Classicで最適な表示範囲を計算して設定するには、[表示範囲] スライダーの横にある [自動設定] をクリックします。 スライダーを移動して手動で表示範囲を設定することもできます。
    • レイヤー全体の透過表示を変更するには、[透過表示] スライダーを左へ移動 (透明度を減少) するか、右へ移動 (透明度を増加) します。 フィーチャごとに各位置の透過表示を調整するには、[属性値] をクリックして属性フィールドを選択し、必要な場合は (データを正規化するために) 除数になる属性を選択し、正確な透過表示の値を設定します。 このオプションは、位置に関連付けられた数値データまたは日付データが存在する場合にのみ使用できます。 たとえば、レイヤーに収入データが含まれている場合、収入に比例して各位置の透過表示を調整できます。
      ヒント:

      フィーチャの透過表示を設定する際には、Arcade で記述したカスタム属性条件式も使用できます。 Arcade 条件式は、[ヒート マップ][主要カテゴリ][主要カテゴリおよびサイズ]、および [期間] スタイルを除く、すべてのスタイルでサポートされます。 レイヤーに既存のレンダリング式がある場合は、ドロップダウン メニューの下部から選択できます。 あるいは、[式の編集] ボタンをクリックして編集ウィンドウで変更を行って、Map Viewer Classic で式を直接編集することもできます。

      さらに、ドロップダウン メニューから [新しい式] を選択し、エディター ウィンドウを使用して式を作成し名前を付けることで、カスタム式を作成できます。 これまでに、レイヤーのラベルポップアップで使用する式を作成していた場合は、その式を編集ウィンドウの [既存] タブから選択し、自分の式を構築できます。

ヒート マップ

ポイント フィーチャの位置をマッピングするときに、ヒート マップを使用できます。 ヒート マップは、マップ上に多くのポイントが密集したり、重なり合っていたりすることで、フィーチャの特定が難しい場合に有効な表現方法です。 ヒート マップは、多数のポイントを含むレイヤーを表示する場合に非常に有効です。 たとえば、ヒート マップを使用して、マンハッタン地区内にあるコーヒー店のクラスターを明確に示すことができます。

例を見る

ヒート マップはレイヤー内のポイントを使用して、マップ上のポイントの相対的な密度を計算し、寒色 (ポイントの密度が低い) から暖色 (ポイントの密度が高い) まで滑らかに変化する一連の色の配列で表示します。 数個のポイント フィーチャしか存在しない場合は、ヒート マップを使用せずに、実際のポイントをマッピングすることをお勧めします。

注意:

データに数値属性データが含まれている場合、ヒート マップは、このデータに重み付けして最適な表示を計算できます。 重み付けされたフィーチャを利用する場合は、数値データを含む属性フィールドを選択します。 文字列などの数値以外のデータは重み付けされません。 属性フィールドが重み付けに使用されている場合、そのフィールド名がヒート マップ オプション ウィンドウに表示されます。

ヒート マップを使用して、ポイント データのスタイルを設定するには、次の手順に従います。

  1. スタイルの変更のワークフロー」に記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. 表示する属性を選択します。
  3. [ヒート マップ] スタイルをクリックして、[オプション] をクリックします。
  4. 次のいずれかを実行します。
    • 密度サーフェスへの色の適用方法を変更するには、カラー ランプ スライダー上の 2 つのハンドルの位置を調整します。
    • クラスターを大きくして色の変化を滑らかにしたり、クラスターを小さくして色の変化を大きくしたりするには、[影響範囲] スライダーを調整します。
    • 別のカラー ランプを選択するには、[シンボル] をクリックして設定を変更します。 詳細については、「シンボルの変更」をご参照ください。
    • 最適な表示範囲を計算して設定するには、[表示範囲] スライダーの横にある [自動設定] をクリックします。 スライダーを移動して手動で表示範囲を設定することもできます。
    • 透過表示を変更するには、[透過表示] スライダーを左へ移動 (透明度を減少) するか、右へ移動 (透明度を増加) します。
  5. スタイルのカスタマイズが完了したら、[OK] をクリックします。選択内容を保存しないで [スタイルの変更] ウィンドウに戻る場合は、[キャンセル] をクリックします。