時間対応マップの表示 (Map Viewer)

マップの最下部のタイム スライダーは、マップに 1 つ以上の時間対応レイヤーが含まれていることを示し、スライダーを移動して時間経過に伴う情報の変化を確認できます。 スライダーを使用すると、再生/一時停止ボタンでデータのアニメーションを制御したり、前の期間や次の期間に移動したりできます。 再生速度や時間間隔などを調整するようにマップの時間設定を構成できます。

マップで時間対応レイヤーを使用するには、次の手順を実行します。

  1. Map Viewer で、レイヤーを含むマップを開くか、直接レイヤーを追加します。
  2. マップの下部にあるタイム スライダーを探します。

    タイム スライダーが表示されない場合は、マップに時間対応レイヤーが含まれていないか、時間対応レイヤーが現在非表示になっています。

  3. [再生] 再生 をクリックして、マップのアニメーション表示を開始します。
  4. 必要に応じて、スライダーを使って、マップ上に表示される期間の調整を手動で行います。

    スライダーを移動すると、日付が動的に更新され、選択した期間が表示されます。

  5. アニメーションを一時停止するには [一時停止] 一時停止 をクリックします。
  6. 直前のデータ間隔に戻るには [前へ] 前へ をクリックします。
  7. 次のデータ間隔へ進むには [次へ] 次へ をクリックします。
  8. 必要に応じて、[設定] (明るい背景の) ツールバーの [時間] 時間 をクリックし、タイム スライダーを非表示にします。