新機能

2023 年 11 月のアップデートには、ArcGIS Velocity 全体にわたる機能拡張および新機能が含まれています。 以下では、主な新機能について説明します。

一般

  • Standard ライセンス サブスクリプション レベルで、スケジュール設定されたビッグ データ解析を 1 回実行できるようになりました。 ArcGIS Velocity ライセンス オプションの詳細については、「ライセンス」をご参照ください。
  • このリリースは、主に品質とパフォーマンスに焦点を絞ったリリースで、製品全体が改善されています。
  • バックエンド ライブラリと依存関係への重要な更新。

解析

  • 解析の設計インターフェイスが機能強化され、小さな画面解像度でもスクロールして、すべての視覚的なエレメントにアクセスできるようになりました。
  • テーブル プロパティとフォームの再設計を含むフィールド演算フィールドの割り当て、および集計ツールのユーザビリティが強化され、ツールの構成時のユーザー エクスペリエンスが向上しました。
  • インシデントの検出ツールがリアルタイム解析で使用される際、ターゲット フィーチャに追加する結合レイヤーのフィールドを指定できるようになりました。
  • 以前のリリースでは、フィーチャの結合ツールで、意図に反して出力スキーマに不要なフィールド any_geometry が追加されていました。 このリリースでは、ツールでフィールドが追加されなくなります。 これにより解析が壊れてしまう場合は、解析後にフィールド演算ツールを追加して、フィールド タイプが geometryany_geometry フィールドを作成することで回避できます。

このトピックの内容
  1. 一般
  2. 解析