コンテンツの準備

以下のベスト プラクティスを使用して、個々のアイテムを編集することで、サイトおよび検索結果でのコンテンツの表示を改善できます。

メタデータの品質

コンテンツに完全なメタデータが確実に含まれるようにして、コンテンツの明瞭さと有用性を向上させます。 アイテムの完全な詳細ページか探索ページ (コンテンツ ビュー) で [編集] ボタン 編集 をクリックして基本詳細を編集します。 データおよびドキュメント ファミリーのアイテムで基本メタデータを編集できます。 表示されていない場合は、ArcGIS Online でアイテムを編集します (レイヤーや公開サービスなど、アイテムではないがアイテムの一部となるリソース)。

  • [サムネイル] - サムネイル画像は、レイアウト カードおよびコンテンツ ビューに表示されます。
  • [タイトル] - 情報が簡潔で伝わりやすいタイトルを使用します。 アンダースコアを使用した場合は削除されます。 ハブ サイトと共有されている公開コンテンツの場合は、コンテンツ ビューに表示されるわかりやすい URL (データセット名あり) が Hub によって生成されます。 それ以外の場合は、コンテンツ アイテムの URL にアイテム ID (一連の番号) が表示されます。 詳細はこちらのメモにあります。
  • [サマリー] - アイテムの主要要素を取り上げた複数の文章で概要を説明します。
  • [説明] - コンテンツ ビューと検索結果に表示されるため、情報が明確で伝わりやすい説明を書きます。
  • [ライセンス] - 構造化ライセンスを選択するか、カスタム ライセンスを入力します。 選択したライセンスが設定済みの場合は警告が表示されます。 ライセンスは完全な詳細なページまたは探索ページ (利用可能な場合) に表示されます。 ArcGIS Online では、アイテム詳細ページの [利用規約] の下にも表示されます (ここからも追加可能)。 ここにライセンス名 (CC0) または URL を入力すると、Hub は構造化ライセンスと見なし、ユーザーは検索時にそれでフィルタリングできます (パブリック公開されているインデックス付きコンテンツに限定)。
  • [タグ] - 検索によりデータセットを見つけるのに役立ちます。 個別のアイテムの場合、ArcGIS Online でタグを追加します。 マップおよびフィーチャ サービスのすべてのレイヤーには、ArcGIS Online のサービス全体に設定されたものと同じタグが付きます。 のサービス全体に設定された同一のタグが付きます。
  • [カテゴリ] - アイテムの整理、見つけやすさと使い勝手の向上に役立ちます。
ヒント:

ArcGIS Hub では、Creative Commons ライセンス (CC0、CC BY、CC BY-SA など) と Open Data Commons ライセンス (PDDL、ODbL、ODC-By) が「構造化ライセンス」として認識されます。ライセンス メタデータは対応するライセンス詳細 Web ページにリンクされます。

注意:

ArcGIS Hub の特定のフィールドでは次の HTML タグを使用してリッチテキスト編集 (書式設定) を行うことができます: h3、h4、h5、h6、img、blockquote、p、a、ul、ol、nl、li、b、i、strong、em、strike、code、hr、br、div、table、thead、caption、tbody、tr、th、td、pre。 他のタグのテキストはインラインで表示されます。

日付

データセットでは、情報更新日、データ更新日、公開日の 3 つの日付をコンテンツ ビューに表示できます。 他のすべてのコンテンツ ファミリーのアイテムでは、データ更新日 (更新日として表示) と公開日の 2 つの日付を表示できます。

  • 公開日 - アイテムの作成日
  • データ更新日 - アイテムが最後に変更された日付
  • 情報更新日 - メタデータが最後に変更された日付

表示される日付の構成

表示される日付値と優先順位 (設定されている場合。優先度が一番高いものが一番上に来ます) は以下のとおりです。 以降のセクションで説明しますが、これらの設定は ArcGIS Online のメタデータ エディターにあります。

公開日

  • 公開日 (リソース - 引用 - タイトルと日付)
  • 作成日 (リソース - 引用 - タイトルと日付)
  • アイテムが作成された日付

データが更新されました

  • 改訂日 (編集情報の記録が有効になっている場合は最終変更日。データセットのみ)
  • 改訂日 (リソース - 引用 - タイトルと日付)
  • 改訂日 (ArcGIS Online で最後に開いた、または編集した日付)
  • アイテムを変更した日付

情報更新日 (データセットのみ)

  • カスタム日付 (メタデータ - メタデータの日付、メタデータの最終編集日)
  • アイテムを変更した日付

自動日付更新の設定

データセットが最後に更新された日を自動的に表示するには、編集情報の記録を有効にします (サービスでサポートされている必要があります)。 データ更新日として表示され (データセットの場合)、上記のとおり他の日付は上書きされます。

注意:

フィーチャ サービスでサポートされているアイテムにのみ編集情報の記録が適用されます。 マップ サービス (マップ サービスのフィーチャ サービスも含む) ではサポートされていません。

更新頻度の設定

[更新頻度] (頻繁、毎日、毎週など) を選択するか、データまたは情報 (メタデータ) の更新頻度を [カスタム頻度] に入力します。

データが更新されました

  • 頻度が設定されており、改訂日がある場合は頻度が表示されます (リソース - メンテナンス)。

情報が更新されました

  • 頻度 (メタデータ - メンテナンス) と [カスタム日付] (メタデータ - メタデータ日付) の両方が設定されている場合は両方が表示されます。
  • 頻度が設定されていて、[カスタム日付] が設定されていない場合は、頻度が表示されます。
  • どちらも設定されていない場合は、メタデータが最後に変更された日付が表示されます。

位置とベースマップ

デフォルトでは、ArcGIS Hub のコンテンツ プレビュー ページでデータセットのフィーチャが拡大表示されます。 範囲 (対象地理的位置) を持たないアイテムの [位置] を設定するには、[アイテムの現在の範囲] を選択すると、マップにサイト範囲が表示され (設定した場合)、組織の範囲が表示されます。 [編集] 編集 を選択して、アイテムの位置 (範囲) を更新または設定します。 必要に応じて、ArcGIS Online で位置 (範囲) を構成できます。

ヒント:

アイテムの検索ビューに、世界をカバーしているように見える範囲や、存在しない島を示している範囲が表示されている場合は、ArcGIS Hub でアイテムの位置 (範囲) を更新します。

マップベースの検索に表示されるようにアイテムの位置を設定すると便利です。 また、範囲を設定すると、コンテンツが表す地理的エリアまたはコンテンツが関連している地理的エリアを理解するのにも役立ちます。

サイトのすべての空間データセットで、探索ページに表示されるベースマップを設定 (サイトの [設定]) できます。

認証済み組織のバッジ

ArcGIS Online 組織が認証済みの場合、アイテムのコンテンツ ビューを表示すると、サイドパネルに信頼済みバッジが表示されます。 ArcGIS Online を認証するには、「組織の認証」をご参照ください。