Map Viewer での画像のスタイル設定

Map Viewer では、各種スマート マッピング スタイルを使用してさまざまな方法でデータを探索することができます。 Map Viewerマップ レイヤーのスタイルを設定する場合、デフォルトのスタイル設定オプションは、データの性質によって決まります。 カラー ランプ、ライン ウェイト、透過表示、シンボルなどのグラフィックス エレメントを選択してみて、選択したエレメントがどのようにマップ上に反映されるかをすぐに確認することができます。

レイヤー内のデータのタイプとハイライト表示の対象に応じて、複数の方法でイメージ レイヤーのスタイルを設定できます。 イメージ レイヤーをスタイル設定する場合、[スタイル] ウィンドウでは、レイヤーに適用できるオプションのみを指定できます。 たとえば、マルチスペクトル画像やマルチバンド画像は、3 バンドの赤、緑、および青 (RGB) のカラー合成を使用して表示できますが、標高データにはこの表示オプションはありません。

Map Viewer Classic でのイメージ レイヤーのスタイル設定や表示の変更については、「画像の表示」をご参照ください。

ストレッチ

連続データにストレッチを適用すると、さまざまなカラー ランプを適用してイメージ レイヤーのコントラストを強化することができます。 ストレッチは、連続データセットの特定フィーチャをより明確にしたい場合に有効です。 たとえば、ストレッチを使用して、デジタル標高モデル (DEM) で標高が高いエリアを低いエリアと対比して明確に表示することができます。

[ストレッチ] スタイルを使用して連続画像データのスタイルを設定するには、次の手順を行います。

  1. スタイルの適用」に記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. [スタイル] ウィンドウで、[ストレッチ] スタイルをクリックし、[スタイル オプション] をクリックします。
  3. 必要に応じて、[ストレッチ タイプ] ドロップダウン メニューをクリックし、オプション リストからいずれかを選択します。

    次のオプションを利用できます。

    • [なし] - 追加の画像補正は実行されません。
    • [最小値と最大値] - 画像の全範囲の値を表示します。 必要に応じて統計テーブルの値を編集し、追加の編集を行います。 これは、[ダイナミック レンジ調整] チェックボックスがオフになっている場合にのみ使用できます。
    • [標準偏差] - 標準偏差の指定した数値間の値を表示します。
    • [割合クリップ] - 表示する値の範囲を設定し、最大および最小のピクセル値をストレッチから除外します。 2 つのテキスト ボックスを使用して、上と下の割合を編集します。
  4. 必要に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • [配色] の下にあるランプをクリックして、別のカラー ランプを選択します。 必要に応じて、[ランプ カラーの反転] をクリックして、色の方向を変更します。
    • [ダイナミック レンジ調整の適用] 切り替えボタンをオンにし、ストレッチ方法がアクティブなマップ表示内のピクセル値にのみ適用されるダイナミック レンジ調整を使用します。
    • [ガンマ] 輝度スライダーを調整して、イメージ レイヤーのコントラストをハイライト表示します。
    • ストレッチに含める最小および最大ピクセル値を [統計情報] テーブルに入力します。 これにより、表示内のストレッチの値が更新されます。
  5. [スタイル オプション] ウィンドウで、スタイルのカスタマイズが完了したら、[完了] をクリックします。選択内容を保存しないで [スタイル] ウィンドウに戻る場合は、[キャンセル] をクリックします。
  6. [シンボル] ウィンドウで [完了] をクリックします。

RGB

赤、緑、青 (RGB) のカラー合成を使用して画像データをレンダリングすることで、マルチバンド画像の複数のバンドの情報を使用して、画像内の特定フィーチャをハイライト表示することができます。 たとえば、赤、緑、青のチャンネルに赤、緑、青のセンサー バンドが入力される自然色合成を使用して、自然に見えるように画像をレンダリングすることができます。 また、その他の色の組み合わせを使用して、森林植生、水域、あるいは都市部をハイライト表示することができます。

ヒント:
See an example RGB を使用した画像のスタイル設定例をご参照ください。

[RGB] を使用してマルチバンド画像データのスタイルを設定するには、次の手順を行います。

  1. スタイルの適用」に記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. [スタイル] ウィンドウで [RGB] スタイルをクリックし、必要に応じて [スタイル オプション] をクリックします。
  3. 赤、緑、青のチャンネルで表示するバンドを選択します。
  4. 必要に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • [ストレッチ タイプ] ドロップダウン メニューをクリックし、オプション リストからいずれかを選択します。
    • [ガンマ] 輝度スライダーを調整して、イメージ レイヤーのコントラストをハイライト表示します。 [個別のバンド ガンマ値を変更] 切り替えボタンをオンにして、各バンドのガンマ値を入力することもできます。
    • [ダイナミック レンジ調整の適用] 切り替えボタンをオンにし、ストレッチ方法がアクティブなマップ表示内のピクセル値にのみ適用されるダイナミック レンジ調整を使用します。
    • ストレッチに含める最小および最大ピクセル値を [統計情報] テーブルに入力します。 これにより、表示内のストレッチの値が更新されます。
  5. [スタイル オプション] ウィンドウで、スタイルのカスタマイズが完了したら、[完了] をクリックします。選択内容を保存しないで [スタイル] ウィンドウに戻る場合は、[キャンセル] をクリックします。
  6. [シンボル] ウィンドウで [完了] をクリックします。

個別値

一意の値を使用した画像のレンダリングは、主題データやカテゴリ データの表示に役立ちます。 この表示オプションは、ラスター属性テーブルを使用して公開されたシングルバンド イメージ レイヤーでのみ使用できます。 データセット内の 1 つ以上の属性フィールドに基づいてレンダリングする一意の値を基準にすることができます。 ラスター属性テーブルでそれぞれのフィールドに赤、緑、青の値が指定されている場合、データセットは、デフォルトでそれらの色を使用して表示されます。 この表示オプションは、多くの場合、土地被覆やリスク ゾーンなどの主題データとともに使用されます。

ヒント:
See an example 個別値を使用した画像のスタイル設定例をご参照ください。

[個別値] を使用して画像データのスタイルを設定するには、次の手順を行います。

  1. スタイルの適用」に記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. [スタイル] ウィンドウで、[個別値] スタイルをクリックし、[スタイル オプション] をクリックします。
  3. 必要に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • [フィールド] ドロップダウン メニューから、個別値の表示に使用する別のフィールドを選択します。
    • [シンボル スタイル] メニューから、別の配色を選択します。
    • 各色の横のラベルをクリックしてテキストを変更し、表示にコンテキストを追加します。
  4. [スタイル オプション] ウィンドウで、スタイルのカスタマイズが完了したら、[完了] をクリックします。選択内容を保存しないで [スタイル] ウィンドウに戻る場合は、[キャンセル] をクリックします。
  5. [シンボル] ウィンドウで [完了] をクリックします。

分類

分類オプションでは、指定した数のクラスにピクセル値またはセル値を分類し、各クラスを指定された色で表示できます。 このオプションは、シングルバンド イメージ レイヤーでのみ使用できます。 たとえば、気温ラスターを気温が低い、中程度、または高い地域に分類し、色を追加してクラスを区別することができます。 イメージ レイヤーに連続データが含まれ、ヒストグラムが計算されていない場合は、分類レンダラーが選択されたときに計算されます。

ヒント:
See an example 分類を使用した画像のスタイル設定例をご参照ください。

[分類] スタイルを使用して画像データのスタイルを設定するには、次の手順を行います。

  1. スタイルの適用」に記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. [スタイル] ウィンドウで、[分類] スタイルをクリックし、[スタイル オプション] をクリックします。
  3. [方法] ドロップダウン メニューから、ピクセルの分類に使用する分類方法を選択します。

    次のオプションを利用できます。

    • [自然分類] - クラスの閾値は、データ値の差が比較的大きい隣接したフィーチャ ペアを検出することにより、統計的に決定されます。
    • [等間隔] - クラスの数を指定すると、セル値の範囲が均等なサイズのクラスに分割されます。
    • [等量] - 各クラスに同じ数のセルが含まれます。
    • [指定間隔] - セル値の範囲を分割する間隔を指定します。クラスの数は自動的に計算されます。
    • [手動間隔] - クラス テーブルにピクセル値の範囲を入力することで、クラスの閾値を手動で作成します。
  4. 必要に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • [フィールド] ドロップダウン メニューから、分類に使用する別のフィールドを選択します。
    • [クラス数] オプションに、分類のためのグループ数を指定します。
    • [シンボル スタイル] メニューから、別の配色を選択します。
  5. [スタイル オプション] ウィンドウで、スタイルのカスタマイズが完了したら、[完了] をクリックします。選択内容を保存しないで [スタイル] ウィンドウに戻る場合は、[キャンセル] をクリックします。
  6. [シンボル] ウィンドウで [完了] をクリックします。

カラー陰影起伏

標高データを含むイメージ レイヤーでは、カラー陰影起伏がサポートされます。 このオプションは、組み込まれたカラー ランプをテレインの陰影起伏に適用することによってテレインの表現を生成します。これは、テレインの変化をハイライト表示する場合に役立ちます。 たとえば、陰影起伏を適用して、デジタル標高モデル (DEM) で標高が高いエリアを低いエリアと対比して明確に表示することができます。

ヒント:
See an example 陰影起伏を使用した画像のスタイル設定例をご参照ください。

[カラー陰影起伏] スタイルを使用して標高画像データのスタイルを設定するには、次の手順を行います。

  1. スタイルの適用」に記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. [スタイル] ウィンドウで、[カラー陰影起伏] スタイルをクリックし、[スタイル オプション] をクリックします。
  3. 必要に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • [陰影起伏タイプ] ドロップダウン メニューから、陰影起伏オプションを選択します。

      [一つの光源方向] 陰影起伏タイプにより、以下の設定を変更できます。

      • [光源方位] - 水平線に沿った太陽の相対的な位置。
      • [光源高度] - 水平線からの太陽の仰角。
      • [Z 係数] - 視覚的効果のために標高単位を変換する、または高さ強調を追加するときに使用する縮尺係数。
      • [スケーリング] - ピクセル サイズ乗数および係数。Z 係数がカラー陰影起伏をスケーリングする方式を決定します。

      [複数の光源方向] 陰影起伏タイプにより、[Z 係数] および [スケーリング] の設定を変更できます。

    • [シンボル スタイル] ドロップダウン メニューから、別の配色を選択します。
  4. [スタイル オプション] ウィンドウで、スタイルのカスタマイズが完了したら、[完了] をクリックします。選択内容を保存しないで [スタイル] ウィンドウに戻る場合は、[キャンセル] をクリックします。
  5. [シンボル] ウィンドウで [完了] をクリックします。

カラーマップ

カラーマップのスタイルは、カラーマップとともに公開されたイメージ レイヤーに使用できます。 カラーマップ内で赤、緑、青の値を使用して、シングルバンド イメージ レイヤーを表示します。 また、各クラスにラベルを割り当てることもできます。 たとえば、土壌タイプ ラベルごとに関連付けられた凡例を使用して、土壌マップの特定の土壌タイプに色を割り当てることができます。

[カラーマップ] スタイルを使用して画像表示を変更するには、以下の手順を行います。

  1. スタイルの適用」に記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. [スタイル] ウィンドウで [カラーマップ] スタイルをクリックし、必要に応じて [スタイル オプション] をクリックします。
  3. 必要に応じて [ラベル] 列を編集して、新しい凡例を生成します。
  4. [スタイル オプション] ウィンドウで、スタイルのカスタマイズが完了したら、[完了] をクリックします。選択内容を保存しないで [スタイル] ウィンドウに戻る場合は、[キャンセル] をクリックします。
  5. [シンボル] ウィンドウで [完了] をクリックします。

ベクトル場

ベクトル場スタイルでは、強度成分と方向成分、または U 成分と V 成分を使用します。これは、データを表示するためのゾーン速度や子午線速度とも呼ばれます。 たとえば、このスタイルを使用して、海流や気流を矢印で表示できます。この場合、矢印の方向がフローを示し、矢印のサイズや色が流れの強度 (または強さ) を示します。

ヒント:
See an exampleベクトル場を使用した画像のスタイル設定例」をご参照ください。
  1. スタイルの適用」に記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. [スタイル] ウィンドウで [ベクトル場] スタイルをクリックし、必要に応じて [スタイル オプション] をクリックします。
  3. [シンボル タイプ] ドロップダウン メニューから、変数の強度と方向を表すシンボルのタイプを選択します。 次のオプションを利用できます。
    • [ビューフォート風力階級] - ビューフォート風力階級を使用して風向きと風速をシンボル化します。 矢印の色と相対サイズで強度が示されます。
    • [単純なスカラー] - 等級シンボル サイズを使用してデータの強度をシンボル化します。
    • [単一の矢印] - 単一色の矢印を使用して流れの強度と向きをシンボル化します。
    • [風向き記号] - 風向き記号を使用して風向きと風速をシンボル化します。
    • [海流 (9 クラス)] - 9 個の事前定義済みカテゴリを使用して水流の大きさと方向をシンボル化します。 矢印の色で強度が示されます。
    • [海流 (4 クラス)] - 4 個の事前定義済みカテゴリを使用して水流の大きさと方向をシンボル化します。 矢印の色で強度が示されます。
    • [分類済み矢印] - 強度制限に基づくカテゴリを使用して流れの強度と向きをシンボル化します。 矢印の色で強度が示されます。
  4. [方向] ドロップダウン メニューからデータのフロー方向を選択します。 次のオプションを利用できます。
    • [From (気象)] - フローがやってくる方向。
    • [To (海洋)] - フローが向かう方向。
  5. [シンボルの密度] スライダーを使用して、データを表すシンボルの密度を指定します。
  6. [シンボルのスケーリング] スライダーを使用して、強度を表すシンボルのサイズを指定します。
  7. 必要に応じて、[その他のプロパティ] ドロップダウン矢印をクリックし、次の値を指定します。
    1. データ変数の強度の制限を設定します。 [最小] 値と [最大] 値を指定します。
    2. [入力][出力] の単位を設定します。
  8. [スタイル オプション] ウィンドウで、スタイルのカスタマイズが完了したら、[完了] をクリックします。選択内容を保存しないで [スタイル] ウィンドウに戻る場合は、[キャンセル] をクリックします。
  9. [シンボル] ウィンドウで [完了] をクリックします。

フロー

フロー スタイルでは、強度および方向成分、つまり U および V 成分を使用します。これは、ゾーン速度と子午線速度とも呼ばれ、アニメーション化された流線と波面を表示します。 たとえば、このスタイルを使用して、海流や気流を波または流線で表示できます。この場合、方向はフローの方向を示し、フローラインまたは波面の長さ、色、速度は流れの強度 (または強さ) を示します。

  1. スタイルの適用」に記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. [スタイル] ウィンドウで [フロー] スタイルをクリックし、必要に応じて [スタイル オプション] をクリックします。
  3. フロー データの強度と方向を表すシンボルのタイプを [フローライン][波面] で選択します。

    フローラインは、アニメーション表示された流線であり、この場合、方向はフローの方向、速度と長さは強度を表します。 波面は、波と面として表示されるアニメーションであり、大気や水流などの地理的現象における動きを示します。この場合、動いているラインのクラスターの方向はフローの方向を表し、ラインの太さまたは色はフローの強度を表します。

  4. 必要に応じて、スライダーを使って、アニメーションのビジュアライゼーション プロパティを対話的に調整します。
    • [速度] - アニメーション化された流線または波面の速度 (シミュレーション時間を基準に [低速] から [高速] まで)。
    • [密度] - 流線または波面の数の密度 (単位面積あたり [低] から [高] まで)。
    • [長さ] - 流線の概算の可視長 ([短] から [長] まで)。 流線は、強度と相関関係にあり、[長さ] の数値が小さいほど、より短く表示されます。
    • [幅] - 流線の跡または波面の線の幅 (ピクセル単位)。
  5. フロー アニメーションの色を選択します。
    • [単一色] - 色ボックスをクリックし、流線または波面の線の標準色を選択します。 必要に応じて、[カスタム色] セクションを展開し、カラー パレットを表示してそのその中から選択するか、[R] (赤)、[G] (緑)、[B] (青) 色の値 (保存または削除可能) を定義できます。 また、スライダーを使用するか、値を入力して透過度を定義することもできます。
    • [カラー ランプ] - カラー ランプを構成する色は強度値を表します。 カラー ランプをクリックして、連続カラー ランプを選択します。これは反転できます。 また、スライダーを使用するか、値を入力して透過度を定義することもできます。

      データの強度の最大値と最小値が、選択したカラー ランプに割り当てられます。 カラー ランプの色は、強度値の範囲全体に分散させることも、強度値の一部に分散させることもできます。 スライダーを使用して、色でマッピングする強度値の範囲の上限と下限を調整します。

      フロー アニメーション データをカラー ランプで表すことを選択した場合は、[凡例に含める] 切り替えボタンをオンにして、凡例をマップに含めることができます。 カラーランプが、定義した上限と下限の強度値の範囲内で凡例に表示されます。

  6. データの [フロー方向][To] または [From] で定義します。

    フロー方向は、気象学的データ (フロー元からの方向) または気候学的データ (フロー先への方向) を表示するように変更できます。

  7. 必要に応じて、[丸エンド キャップ] 切り替えボタンをオンにして、線の両端を四角ではなく丸にします。

    丸エンド キャップは、線の幅が 4 ピクセルより大きい場合にのみ使用できます。

  8. 効果をフロー アニメーションに追加するには、[レイヤー効果] 切り替えボタンをオンにします。

    レイヤー効果はデフォルトで有効になっており、[効果] ウィンドウで調整します。

ヒント:

[フロー] スタイルによって多変量解析ビジュアライゼーションを作成するには、レイヤー ブレンドを使用できます。 たとえば、海流レイヤーと海面温度レイヤーをブレンドできます。 海流レイヤーは、流線を生成するために [フロー] スタイルによってレンダリングされ、海面温度レイヤーは、色を生成するために [個別値] スタイル レンダラーによってレンダリングされます。 次に、両方のレイヤーをグループ レイヤーに追加します。