ArcGIS Hub とは

ArcGIS Hub は、組織がそのコミュニティとより効果的にコミュニケーションを図れるようにする、クラウドベースの連携プラットフォームです。 イニシアティブを使用すると、Hub サイトを作成して、リソースを集約し、特定のプロジェクト、トピック、または目標について内部ユーザーおよび一般ユーザーとの対話を開始できます。

構成内容

ArcGIS Hub の構成内容は、ライセンスが ArcGIS Hub Basic か ArcGIS Hub Premium かによって異なります。

ArcGIS Online アカウントを所有している場合

ArcGIS Hub Basic はすべての ArcGIS Online サブスクリプションで使用できます。 つまり、組織 (機関、会社、大学など) を通じて ArcGIS Online アカウントを所有している場合、今すぐ ArcGIS Hub の使用を開始できます。

ArcGIS Hub Basic を使用すると、次のことが可能になります。

  • [サイト エディター] を使用して無制限に Web サイトおよびページを作成します。
  • サイトの [コンテンツ ライブラリ] を使用してサイトごとに検索可能なコンテンツのカタログを構築します。
  • 同僚 (組織内で ArcGIS Online アカウントも持つユーザー) を共有編集用のサイトの [コア チーム] に追加することにより、その同僚と共同で作業します。
  • 選択した [イニシアティブ テンプレート] にアクセスして、特定のトピックおよびソリューションに重点を置いた一連の構成可能なサイトおよびアプリを配置します。
  • Survey123 for ArcGIS と統合して、サイトおよびページ上で [匿名調査] を共有します。
  • [共有コントロール] を使用してサイトのコンテンツ (特定のアイテムを含む)にアクセスできるユーザーを管理します。

ArcGIS Hub Premium を使用している場合

ArcGIS Hub Premium は、ArcGIS Hub Basic の機能にイニシアティブを追加して拡張したものです。 イニシアティブとは、次の機能を活用するサイトおよびページを作成するための方法です。

  • テンプレート ギャラリーからテンプレートを選択して、あらかじめ用意されたサイトおよび構成可能なアプリケーションの使用を開始します。 または、空白の [カスタム イニシアティブ] を作成して、独自の目標またはプロジェクトに固有のサイトを作成します。
  • イニシアティブとそのコンテンツを [テンプレート] に変換して、他のユーザーが各自の用途に合わせて配置できるソリューションにアクセスできるようにします。
  • イニシアティブを構築する際にユーザーとその同僚と一緒に作業するために、学生、ボランティア、パートナーなど、従業員組織外の [コミュニティ メンバー] を追加します。
  • 追加の [サポート チーム] を作成して、コミュニティ メンバーを含む特定のユーザー グループで内部のコンテンツを共有します。
  • [イベント管理システム] を使用して、イニシアティブに関連するディスカッション、フォーラム、その他の集会についての詳細を共有します。
  • イニシアティブのアプリのテンプレートを作成して、共有先のユーザーがソリューションを配置し、独自のデータで構成できるようにします。
  • サポート チームなどの特定のグループと [ターゲット調査] を共有して、イベント参加者からフォローアップのフィードバックを受け取ったり、特定のユーザーから洞察を得たりします。

アイデアとヒント

政府、営利、教育、非営利を含む、多数の部門の組織は、ArcGIS Hub を使用して内部ユーザーおよび一般ユーザーとつながり、コミュニケーションをとります。 ArcGIS Hub を使用して他のユーザーとつながる方法の例を次に示します。

  • 組織全体で社内の GIS データを共有するまたは GIS クラスと共有するためのデータ ポータルを作成します。
  • Share Open Data テンプレートを使用してオープンデータを共有します。
  • 地方の包括的な都市計画プランに関連する計画、プロジェクト、更新情報を発信します。
  • 生息地を復元するための調査や、コミュニティ内でのボランティア活動推進のための取り組みなど、特定のトピックに関連するコンテンツを紹介します。
  • コミュニティ内で増加するボランティア作業について、サイトの一部としてボランティアのサイン アップ フォームを共有します。
  • ユーザーがイニシアティブをフォローするための行動喚起を作成して、イベント、調査、電子メールを使用して啓蒙活動を開始します。

その他の例については、「ArcGIS Hub ギャラリー」をご参照ください。


このトピックの内容
  1. 構成内容
  2. アイデアとヒント