データ ソースの理解

ダッシュボードには、マップ、チャート、リスト、ゲージ、パネル、セレクターなどのエレメントが含まれています。これらのエレメントの多くは、データ駆動型です。ArcGIS では、レイヤーを介してデータを操作します。レイヤー (Web レイヤーとも呼ばれる) は、Web マップおよび Web シーンの作成に使用できる論理的なデータのコレクションです。

レイヤーは、コンテンツ アイテムとして 組織のポータルに保存されます。レイヤーを参照および検索することができます。Dashboards は、Web マップ内の Web レイヤーおよび操作レイヤーを操作します。操作レイヤーは、Web マップ内で操作することができ、ベースマップ レイヤーの上に描画されるレイヤーです。詳細については、「レイヤー」のトピックの「レイヤーの使用方法」セクションをご参照ください。

メモ:

Web シーン内のレイヤーのサポートは、今後のリリースで追加される予定です。

データ ソースおよびレイヤー タイプ

一般に、レイヤーが参照できる、フィーチャおよび画像という 2 つのデータ タイプがあります。レイヤーを表示するときに使用されるデータは、さまざまなソースから取得されます。一部のデータ ソースは、CSV ファイルや XLS ファイルなどのファイルに基づくか、KML や OGC などのオープン標準に基づきます。その他のデータ ソースは、ホスト サービスや ArcGIS Server サービスなどの、ArcGIS に固有のデータ ソースです。ダッシュボードのエレメントは、これらのサービスによって支援されたフィーチャベースのレイヤーを操作します。特に、ダッシュボードのエレメントは、マップ サービス レイヤーおよびフィーチャ サービス レイヤーを操作します。Web レイヤーがこれらのサービスのいずれかによって支援されているかどうかを判断するには、そのアイテムの詳細を確認します。マップ サービスおよびフィーチャ サービスのソースを含んでいるレイヤー アイテムを、エレメントのデータ ソースとして使用することができます。

レイヤー アイテムの詳細

リストシリアル チャートパイ チャートインジケーターなどのすべてのデータ駆動型エレメント (マップを除く) は、これらのレイヤーに基づきます。マップ エレメントのデータ ソースは、さまざまなタイプの Web レイヤーを含むことができる Web マップです。ダッシュボードのマップで使用できるが、ダッシュボードの他のエレメントでは使用できないデータ ソースの例を以下に示します。

マップ エレメントを追加することによって Web マップがダッシュボードに追加されると、ArcGIS 固有のマップ サービスおよびフィーチャ サービスに基づくその Web マップのすべての操作レイヤーを使用して、ダッシュボード内の他のエレメントにデータを供給することができます。Dashboards で使用するための Web マップの作成に関するベスト プラクティスについては、「ダッシュボード用の Web マップの作成」をご参照ください。

注意:

他のエレメントが Web マップの操作レイヤーを使用しているときに、ダッシュボードからマップ エレメントを削除すると、それに依存しているエレメントも削除されることを警告するメッセージが表示されます。

レイヤーの機能

レイヤーがマップ サービスまたはフィーチャ サービスによって支援されている場合、そのレイヤーをダッシュボードで使用できます。つまり、ダッシュボードのエレメントを構成する場合に、データを参照するときにそのレイヤーを選択できます。ただし、すべての候補レイヤーが同じ機能を持っているとは限りません。

メモ:

[レイヤーの選択] 画面でデータを参照するときに、候補ではないレイヤーが表示されますが、それらはグレー表示されて使用不可であるため、選択できません。

ダッシュボードで使用されるレイヤーを選択するときに、元のサービスを検索できることを保証するために、チェックが行われます。このチェックは、設計時および動的な実行時にフィルターを適用できるようにするためです。このテストに失敗すると、レイヤーが視覚的エレメントで使用するために必要な基準を満たしていないことを示すメッセージが表示され、[OK] ボタンが有効化されます。そのため、[レイヤーの選択] 画面から別のレイヤーを選択できます。

エレメントを構成するときに、次のような追加の機能チェックを行うことができます。

  • レイヤーが、1 つ以上の列によって結果セットをグループ化するための集約機能 (たとえば、COUNT、MAX、MIN、SUM、AVG) を使用した検索をサポートしているか?
  • レイヤーが、結果セットを昇順または降順で表示できるようにする検索をサポートしているか?
  • レイヤーが統計情報をサポートしているか?
  • レイヤーがマップ機能およびデータ機能を持っているか?

これらの機能の一部が満たされない場合、ダッシュボード作成操作に違いが生じることがあります。たとえば、レイヤーが必要な検索機能を満たすが、上に示した他の機能を満たさない場合、[レイヤーの選択] 画面に警告メッセージが表示されます。

異なるレイヤーは、レイヤーの作成に使用された ArcGIS Server のバージョンなどのさまざまな理由のために、異なる機能を持っています。候補になるサービスおよびレイヤーの詳細については、次のリソースをご参照ください。

レイヤー フィルター

Web マップの操作レイヤーまたは Web レイヤーに適用されたすべてのフィルターが、ダッシュボードで使用されます。すでに存在することがある定義済みのフィルター条件に加えて、適用可能なフィルターを設計時または実行時に作成できます。

フィールド名およびエイリアス

フィールド名は、レイヤー内の列に与えられる名前であり、列に格納されるデータを示します。フィールドのエイリアスは、フィールドの代替名を可能にします。フィールドのエイリアスが定義されている場合、フィルター条件のフィールドを選択したり、詳細エレメントまたはリスト エレメントでフィーチャを並べ替えるためにフィールドを選択するときなど、フィールドを表示するときに、そのエイリアスがダッシュボードに表示されます。エイリアスを使用できない場合は、フィールド名が使用されます。