ノートブックでの ArcPy の使用

ArcGIS Notebooks では、Advanced ノートブック ランタイムを通じて、さまざまな ArcPy モジュールを使用できます。

ArcPy サイト パッケージを使用すると、地理データの解析、変換、管理を実行できます。 ArcPy は、すべての ArcGIS の標準ジオプロセシング ツールをプログラムで実行できます。また、ヘルパー関数およびクラスを提供しています。

ArcPy の詳細

ノートブックで ArcPy を使用するには、ArcGIS Notebooks の Advanced ライセンスが付与されている必要があります。また、ユーザーは、Advanced ランタイム ノートブックを作成する権限を持っている必要があります。

ArcPy モジュール

以下で説明するモジュールは、ArcGIS Notebooks の ArcPy に付属しています。

データ アクセス

Data Access モジュール arcpy.da は、データを操作するための Python モジュールです。 これは、編集セッションの制御、編集操作、カーソル サポートの向上 (高速化など)、テーブルおよびフィーチャクラスと NumPy 配列間の変換関数、バージョニング、レプリカ、ドメイン、およびサブタイプ ワークフローのサポートといった機能を提供します。

データ アクセス モジュールの詳細

ジオコーディング

ジオコーディング モジュール arcpy.geocoding を使用すると、ロケーターのプロパティを調査および設定し、ジオコーディング操作を自動化することができます。 ジオコーディングとは、1 組の座標、住所、場所の名前などの位置の説明を、地球表面の位置に変換するプロセスです。 ロケーターは、ジオコーディング操作を実行する場合に使用されるツールです。 このモジュールを使用すると、ロケーターのプロパティを表示および変更し、性能や品質のためにカスタマイズして、特定のジオコーディング ニーズに合わせて調整できます。 また、このモジュールを使用して、場所や住所の位置の検索、指定された場所から最も近い場所または住所の検索、部分的な入力内容に対して自動補完された一連の候補の生成など、さまざまなジオコーディング操作を実行できます。

ジオコーディング モジュールの詳細

Image Analysis

Image Analysis モジュール (arcpy.ia) は、画像とラスター データを管理および処理するための Python モジュールです。 すべてのジオプロセシング関数、およびラスター処理ワークフローを自動化できる高度な関数とクラスなど、このモジュールには ArcGIS Image Analyst エクステンションが提供する機能が含まれています。

画像解析モジュールの詳細

マッピング

Arcpy.mp は、ArcPy サイト パッケージの一部である Python サブ モジュールです。 これは、ArcGIS Pro とともにインストールされ、すべてのライセンスで利用可能です。 このモジュールは、主に既存のプロジェクト (*.aprx) とレイヤー ファイル (*.lyr または *.lyrx) のコンテンツを操作するように設計されています。 このモジュールには、エクスポートと印刷を自動化する関数も用意されています。 Arcpy.mp を使用すると、地図製作を自動化することができます。また、このモジュールは、PDF ドキュメントへのエクスポートや、PDF ドキュメントの作成および管理を実行する関数が組み込まれているため、完全なマップ ブックの作成には必須です。

マッピング モジュールの詳細

注意:
arcpy.mp モジュールは、ArcGIS Pro で使用されます。arcpy.mapping モジュールは、ArcGIS Desktop で使用されます。

メタデータ

メタデータ モジュール arcpy.metadata は、アイテムのメタデータへのアクセスと管理を行うための Python モジュールです。 マップやデータを説明する情報を探索し、特に規格準拠の地理空間メタデータを管理するためのワークフローを自動化することができます。

メタデータ モジュールの詳細

Network Analyst

Network Analyst モジュールの arcpy.nax は、新しく使いやすい Python モジュールで、ArcGIS Network Analyst extensionで提供されるネットワーク解析機能において使用されます。 以下にアクセスできます。

  • サポートされているすべてのネットワーク解析を実行できるクラス
  • ネットワーク データセットを構成するさまざまなエレメントの接続性に関係する情報を操作できるクラス
  • 入力の事前処理、解析結果の共有、ネットワーク データセットの操作を実行できるジオプロセシング ツール
  • ネットワーク解析を実行できるクラスで使用される特定のデータ タイプの操作に使用できるヘルパー関数およびクラス

Network Analyst モジュールの詳細

従来のモジュールである arcpy.naArcGIS Notebooks に付属していません。

共有

arcpy.sharing モジュールは、Python を使用して Web レイヤーを共有します。

sharing モジュール arcpy.sharing は、共有ワークフローを自動化できる Python モジュールです。 このモジュールを使用し、ArcGIS Pro プロジェクトでマップから共有ドラフトを作成します。これは、Web レイヤーマップ サービスArcGIS EnterpriseArcGIS Online、または ArcGIS Server への共有を自動化するための最初のステップとなります。 また、Web ツールジオプロセシング サービスの共有ドラフトを作成することもできます。 共有ドラフトは、Web レイヤー、Web ツール、マップ サービス、またはジオプロセシング サービスの構成可能なプロパティのセットです。

共有モジュールの詳細

Spatial Analyst

Spatial Analyst モジュールの arcpy.sa は、ArcGIS Spatial Analyst エクステンションが提供する機能を使用して、ラスターおよびベクター データを解析するための Python モジュールです。 これを使用すると、Spatial Analyst ツールボックスで利用可能なすべてのジオプロセシング ツールと、ラスター処理ワークフローを自動化できるその他の関数およびクラスにアクセスできます。

Spatial Analyst モジュールの詳細

注意:

Workflow Manager (arcpy.wmx) モジュールは、ArcGIS Notebooks に付属していません。

ノートブックでの ArcPy の基本操作

ノートブックで ArcPy を使用するには、次の行でセルを実行してライブラリをインポートします。

import arcpy
arcpy.GetInstallInfo()['Version']

自身のノートブックで ArcPy を使用する方法の詳細については、ArcGIS Notebooks に付属するサンプル ノートブックをご覧ください。