ワークフロー ダイアグラムの作成および管理

ワークフロー ダイアグラムを使用すると、ステップとパスで構成されたビジネス プロセスを視覚的に表現できます。 ワークフロー ダイアグラムの作成と管理を行うには、次のセクションの手順に従います。

ワークフロー ダイアグラムの作成

ワークフロー ダイアグラムを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Workflow Manager Web アプリにアクセスします。
  2. [設計] タブをクリックします。

    [設計] ページが開きます。

    注意:

    十分な権限がない場合は、[設計] タブは使用できません。

  3. [ダイアグラム] Diagrams をクリックします。

    [ワークフロー ダイアグラム] パネルとワークフロー キャンバスが表示されます。

  4. [ワークフロー ダイアグラム] パネルで、[新規作成] をクリックします。

    [ステップのライブラリ] パネルと [設定] パネルが表示され、ワークフロー キャンバスに新しいダイアグラムが表示されます。

  5. [設定] パネルの [ダイアグラムの設定] セクションにある [ダイアグラム名] テキスト ボックスにダイアグラムの名前を入力します。
    注意:

    [ダイアグラムの設定] が使用できない場合は、ワークフロー キャンバスの空白領域をクリックします。

  6. [ダイアグラムの説明] テキスト ボックスにワークフロー ダイアグラムの説明を入力します。
  7. 必要に応じて、[オプション] セクションでワークフロー ダイアグラム オプションを構成します。
  8. 次のいずれかの方法で、ワークフロー ダイアグラムにステップを追加します。
    • ステップ テンプレートを [ステップのライブラリ] パネルからワークフロー キャンバス上のステップの接続矢印にドラッグします。

      ステップのライブラリ パネルからステップの接続矢印にドラッグしてステップを追加します。

      接続矢印の方向にステップが表示され、自動的に既存のステップに接続されます。

    • ステップをクリックして、その接続矢印のいずれかをクリックすると、手動でステップが追加されます。

      ステップの接続矢印をクリックして手動ステップを追加します。

      矢印の方向に手動ステップが表示され、自動的に既存のステップに接続されます。

    • ステップ テンプレートを [ステップのライブラリ] パネルからワークフロー キャンバスの空白の領域にドラッグします。

      ステップのライブラリ パネルからキャンバスの空白の領域にドラッグしてステップを追加します。

      ステップはパスなしでワークフロー キャンバス上に表示され、ワークフロー ダイアグラムの他のステップに手動で接続する必要があります。

      パスの構成の詳細

  9. ダイアグラム内の既存のステップを別のステップ タイプに置き換えるには、ステップ テンプレートを [ステップのライブラリ] パネルから、またはステップをキャンバスから、変更したいステップの中央にドラッグし、[ステップの上書き] ダイアログ ボックスが表示されたら [はい] をクリックします。

    ステップが置き換えられた場合でも、元の名前、パスの設定、パスの割り当て、およびカスタマイズ内容は保持されます。

    ワークフロー ダイアグラムでの既存のステップを上書きします。

  10. 必要に応じて、ステップの設定を構成します。
  11. ステップ 8 ~ 10 を繰り返し、必要に応じてワークフロー ダイアグラムにさらにステップやパスを追加します。
  12. 必要に応じて、ステップやパスの横にあるワークフロー キャンバスの空白領域をダブルクリックして、ワークフロー ダイアグラムにテキスト ラベルを追加します。
  13. [保存] をクリックし、ワークフロー ダイアグラムのドラフトを保存します。

    確認メッセージが開き、ダイアグラムの名前の横に [ドラフト] が表示されます。

  14. 必要に応じて、[ダイアグラムを印刷] Print Diagram をクリックし、[すべて印刷] をクリックしてワークフロー ダイアグラムを印刷するか、[表示を印刷] をクリックしてワークフロー キャンバスに表示されている内容を印刷します。
  15. ワークフロー ダイアグラムを使用する準備ができたら、[アクティブ化] をクリックし、ジョブ テンプレートで使用できるようにします。

    最初にダイアグラムがアクティブ化されると、ワークフロー ダイアグラムからジョブ テンプレートを作成するかどうかをたずねるメッセージが表示されます。

    ジョブ テンプレートの詳細

  16. [戻る] をクリックして、[設計] ページに戻ります。

ワークフロー ダイアグラムの複製

ワークフロー ダイアグラムを複製して、ダイアグラムのドラフト コピーを作成し、ステップがよく似ている新しいダイアグラムの始点として使用することができます。 ワークフロー ダイアグラムを複製するには、次の手順を実行します。

  1. Workflow Manager Web アプリにアクセスします。
  2. [設計] タブをクリックします。

    [設計] ページが開きます。

    注意:

    十分な権限がない場合は、[設計] タブは使用できません。

  3. [ダイアグラム] Diagrams をクリックします。

    [ワークフロー ダイアグラム] パネルとワークフロー キャンバスが表示されます。

  4. [ワークフロー ダイアグラム] パネルで、複製するワークフロー ダイアグラムをクリックします。
  5. [その他のアクション] More Actions をクリックし、[ダイアグラムの複製] をクリックします。

    複製されたダイアグラムが [ワークフロー ダイアグラム] パネルに表示され、ワークフロー ダイアグラム名に [- コピー] が付加されます。

これで、ワークフロー ダイアグラムを編集およびアクティブ化して、ジョブ テンプレートで使用できるようになりました。

ワークフロー ダイアグラムの編集

ワークフロー ダイアグラムを編集するには、次の手順を実行します。

  1. Workflow Manager Web アプリにアクセスします。
  2. [設計] タブをクリックします。

    [設計] ページが開きます。

    注意:

    十分な権限がない場合は、[設計] タブは使用できません。

  3. [ダイアグラム] Diagrams をクリックします。

    [ワークフロー ダイアグラム] パネルとワークフロー キャンバスが表示されます。

  4. [ワークフロー ダイアグラム] パネルで編集するワークフロー ダイアグラムの上にカーソルを置き、[編集] をクリックします。

    [ステップのライブラリ] パネルと [設定] パネルが表示され、ワークフロー キャンバスにワークフロー ダイアグラムが表示されます。

    ヒント:

    [ダイアグラムの検索] テキスト ボックスにキーワードを入力すると、リストを、このキーワードを含むワークフロー ダイアグラムに絞り込むことができます。

  5. 必要に応じて、ワークフロー ダイアグラムを更新します。
    ヒント:

    [アクティブ/ドラフト] 切り替えボタンをクリックして、アクティブなダイアグラムとドラフトのダイアグラムを比較します。

  6. [保存] をクリックし、ワークフロー ダイアグラムのドラフトを保存します。

    確認メッセージが開き、ダイアグラムの名前の横に [ドラフト] が表示されます。

  7. 必要に応じて、[ダイアグラムを印刷] Print Diagram をクリックし、[すべて印刷] をクリックしてワークフロー ダイアグラムを印刷するか、[表示を印刷] をクリックしてワークフロー キャンバスに表示されている内容を印刷します。
  8. ワークフロー ダイアグラムを使用する準備ができたら、[アクティブ化] をクリックし、ジョブ テンプレートで使用できるようにします。
    注意:

    ワークフロー ダイアグラムがアクティブ化されると、すべての新しいジョブに使用されます。 アップグレードされていない既存のジョブでは、前のワークフロー ダイアグラムが引き続き使用されます。

    ジョブのアップグレードの詳細

  9. [戻る] をクリックして、[設計] ページに戻ります。

ワークフロー ダイアグラムのドラフトの破棄

ワークフロー ダイアグラムのドラフトを破棄するには、次の手順を実行します。

  1. Workflow Manager Web アプリにアクセスします。
  2. [設計] タブをクリックします。

    [設計] ページが開きます。

    注意:

    十分な権限がない場合は、[設計] タブは使用できません。

  3. [ダイアグラム] Diagrams をクリックします。

    [ワークフロー ダイアグラム] パネルとワークフロー キャンバスが表示されます。

  4. [ワークフロー ダイアグラム] パネルで、破棄するドラフトを含んでいるワークフロー ダイアグラムをクリックします。
    ヒント:

    [アクティブ/ドラフト] 切り替えボタンをクリックして、アクティブなダイアグラムとドラフトのダイアグラムを比較します。

  5. [その他のアクション] More Actions をクリックし、[下書きの破棄] をクリックします。

    [下書きの破棄] ダイアログ ボックスが表示されます。

    注意:

    破棄されたドラフトは復元できません。

  6. ドラフトのダイアグラムを破棄する場合は [はい] をクリックし、キャンセルする場合は [いいえ] をクリックします。

ワークフロー ダイアグラムの削除

ワークフロー ダイアグラムを削除するには、次の手順を実行します。

  1. Workflow Manager Web アプリにアクセスします。
  2. [設計] タブをクリックします。

    [設計] ページが開きます。

    注意:

    十分な権限がない場合は、[設計] タブは使用できません。

  3. [ダイアグラム] Diagrams をクリックします。

    [ワークフロー ダイアグラム] パネルとワークフロー キャンバスが表示されます。

  4. [ワークフロー ダイアグラム] パネルで、削除するワークフロー ダイアグラムをクリックします。
  5. [その他のアクション] More Actions をクリックし、[ダイアグラムの削除] をクリックします。

    [ワークフロー ダイアグラムの削除] ダイアログ ボックスが表示されます。

    注意:

    削除されたワークフロー ダイアグラムは復元できません。

  6. ワークフロー ダイアグラムを削除する場合は [はい] をクリックし、キャンセルする場合は [いいえ] をクリックします。

関連トピック