他のアプリとの連携

ArcGIS Survey123 は、Survey123 Web アプリまたはフィールド アプリ、Survey123 Connect、別のアプリを開くためのリンクを使用することで、他のアプリと連携できます。 たとえば、別の Esri アプリ、Web マップのポップアップ、電子メールや Web サイトの単純なハイパーリンクから Survey123 フィールド アプリを起動して開くためのアプリ リンクを作成できます。 URL を使用して、調査を自動的にダウンロードして開き、Survey123 Connect で編集することができます。 さらに Survey123 から、ArcGIS QuickCaptureArcGIS Field Maps などの他のアプリにリンクすることもできます。

表内の URL パターンを使用して、Web ブラウザーまたは別のアプリからアクセスするためのリンクを作成します。

起動するアプリリンク元の場所使用する URL パターン

Web アプリ

Web ブラウザー

ID 別の調査フォーム:

https://survey123.arcgis.com/share/ID

フィールド アプリ

Android および iOS

Survey123 アプリ リンク:

https://survey123.arcgis.app

WindowsAndroidiOS のアプリの選択グループ

カスタム URL スキーマ:

arcgis-survey123://

Survey123 Connect

Windows

カスタム URL スキーマ:

arcgis-survey123connect://

別のアプリ

調査フォーム

Survey123 からのリンク: アプリによって異なる

次の例は、これらの URL パターンを使用して特定の調査を開く方法を示しています。

  • https://survey123.arcgis.com/share/36ff9e8c13e042a58cfce4ad87f55d19
  • https://survey123.arcgis.app?itemID=36ff9e8c13e042a58cfce4ad87f55d19
  • arcgis-survey123://?itemID=36ff9e8c13e042a58cfce4ad87f55d19
  • arcgis-survey123connect://?portalUrl=https://www.arcgis.com&itemID=36ff9e8c13e042a58cfce4ad87f55d19

Survey123 アプリ リンクは App StoreGoogle Play で定められている要件に準拠しているため、より多くのアプリにリンクでき、共有しやすい短縮リンクがサポートされています。

カスタム URL スキーマ リンクは短縮できず、Android では開きにくい場合があります。 以下のように、ハイパーリンクの形式でカスタム URL スキーマ リンクを提示することを検討してください。

<a href="arcgis-survey123://?itemID=36ff9e8c13e042a58cfce4ad87f55d19">Open survey</a>

URL パラメーター

URL パラメーターをリンクの末尾に追加して、アプリが開く方法をさらにカスタマイズできます。 たとえば、ジオポイントの質問のデフォルトの位置を設定したり、テキストの質問を設定したりできます。

URL パラメーターは文字 ? で始まり、文字 & で区切られます。 次に示すカスタム URL スキーマの例では、最初のパラメーター (itemID) が文字 ? で始まり、後続の各フィールド パラメーター (color_1 と color_2) が文字 & で区切られています。

arcgis-survey123://?itemID=36ff9e8c13e042a58cfce4ad87f55d19&field:color_1=red&field:color_2=blue

URL の例とサポートされている URL パラメーターの詳細については、「Web アプリの起動」、「フィールド アプリの起動」、「Survey123 Connect の起動」、「Survey123 からの別のアプリの起動」をご参照ください。

注意:

フィールド アプリで調査を開始するためのパラメーターを含むリンクを使用する前に、あらかじめアプリをデバイスにインストールしておくことをおすすめします。 詳細については、「Survey123 フィールド アプリのインストール」をご参照ください。

URL のエンコード

一部の環境ではエンコードされていない URL パラメーターでも動作しますが、URL パラメーターはエンコードすることをお勧めします。 エンコーディングでは、無効な文字が、パーセント記号 (%) およびそれらの文字の 16 進数表記に置き換えられます。

次の例は、コールバックを使用し、QuickCapture でエンコードされていないパラメーターを使用して特定のプロジェクトに戻る Survey123 リンクを示しています。

https://survey123.arcgis.app?itemID=36ff9e8c13e042a58cfce4ad87f55d19&callback=https://quickcapture.arcgis.app?itemID=867895a71a1840399476fc717e76bb43

以下は、同じ URL のパラメーターをエンコードしたものです。

https://survey123.arcgis.app?itemID=36ff9e8c13e042a58cfce4ad87f55d19&callback=https%3A%2F%2Fquickcapture.arcgis.app%3FitemID=867895a71a1840399476fc717e76bb43

キーとその値の間の区切りを指定する等号は、エンコードしてはなりません。

ヒント:

エンコードされたパラメーターを作成する方法の 1 つは、ArcGIS Arcade を使用することです。 UrlEncode 関数では、各パラメーターを表すキー値ペアのコレクションを定義して、適切なエンコードを行った URL を作成できます。

調査の作成者は、URL に機密データが表示されないよう URL パラメーターを隠蔽することもできます。 この場合、Web アプリで使用する URL を作成する際に、encodeUrlParams=true を含めるようにしてください。 詳細については、「Web アプリを開くための URL パラメーター」をご参照ください。


このトピックの内容
  1. URL パラメーター
  2. URL のエンコード