エクスペリエンスの管理

Experience Builder を使用して Web エクスペリエンスを作成すると、ArcGIS コンテンツに Web エクスペリエンス アイテムも作成されます。 エクスペリエンスは、ArcGIS に付属しているビルダーを使って作成できるアプリの数多くあるタイプの 1 つです。 エクスペリエンスは、マップ、画像、メニュー、その他のウィジェットやツールを配置するためにドラッグアンドドロップ機能を使用して作成する Web アプリまたは Web ページです。 レイアウト、デザイン、およびユーザー フローをカスタマイズして、特別な Web エクスペリエンスのための動的なアプリを作成できます。 たとえば、ヘッダー内のタイトル、調査フォーム、マップを含んだ全画面アプリ、マップを含まずリスト ビューに企業ロゴおよびデータ検索ウィジェットを表示するアプリ、複数のページとマップを含みユーザーがコンテンツを直線的にスクロールできる固定メニューを持ったアプリなどを作成できます。

一連のアプリを一貫性のあるデザインで作成できるように、開始点として使用する Web エクスペリエンス テンプレートを生成することもできます。 テンプレートを生成するとビルダーが更新され、タイトルの横にアイコンとメッセージが表示され、エクスペリエンス テンプレートを構成中であることを示します。 所有している (または組織の管理者の場合) エクスペリエンスまたはテンプレートのコピーを作成するには、それぞれのギャラリーのアイテム カードの [その他のオプション] ボタンをクリックして、[複製] を選択します。 ビルダー ツールバーの [その他のオプション] ボタンをクリックし、[名前を付けて保存] を選択して、ビルダーからコピーを保存することもできます。

Experience Builder ギャラリーで Web エクスペリエンスとテンプレートを見つけてアクセスできます。または、ArcGIS コンテンツを検索して公開され共有されたアプリとテンプレートを見つけることができる ArcGIS Online で開始することもできます。 リッチ テキスト エディターを使って詳細な説明を提供したり、分類して他のユーザーが見つけやすくしたりするなど、エクスペリエンスの完全なアイテムの詳細を表示して編集できます。 アイテム ページは、グループ、組織のメンバー、または一般ユーザーとエクスペリエンスを共有する場所でもあります。 ビルダーからアイテム ページを開くには、ビルダー ツールバーの [その他のオプション] ボタンをクリックして、[共有設定の変更] を選択します。 [共有] をクリックして、共有レベルを調整します。

注意:

エクスペリエンスやテンプレートを作成し公開するときに、組織の他のメンバーと共同で作業できます。 次の ArcGIS 組織のロールと権限が適用されます。

  • 管理者は、エクスペリエンスとテンプレートの編集、複製、公開、共有の更新、および削除を実行できます。
  • アイテムを共有する共有更新グループのメンバーは、アイテム詳細の編集、構成の変更、エクスペリエンスとテンプレートの公開を実行できます (データ ソースは個別に共有する必要があります)。