アプリでの検索の構成

ほとんどの ArcGIS Configurable Apps テンプレートでは、マップ内で場所とフィーチャを検索する機能を備えています。アプリのユーザー インターフェイスの統合的な検索ウィジェットでは、ユーザーが検索語句を入力できます。Web マップで検索が構成されている場合、その構成がアプリ内で有効になると、構成可能なアプリで使用されます。

Web マップ レベルで設定されている検索プロパティにかかわらず、アプリ構成パネルの [Search (検索)] タブを使用してアプリ内検索を構成することもできます。以下のセクションで、アプリ内の検索を構成する方法を説明します。

構成パラメーター

Configurable Apps は、Web マップでサポートされるのと同じ種類の検索ソースに対応しています。たとえば、ロケーターや検索可能なフィーチャ レイヤーなどです。検索に対応したアプリの構成パネルには [Search (検索)] タブがあり、ここにすべての検索ソースがリストされます。各検索ソースは、このリストからアプリで有効化、または無効化できます。各検索ソースのパラメーターを構成するには、リスト内のソースの横にある [Edit (編集)] をクリックします。

次の検索ソース パラメーターを構成できます。

  • [Name (名前)] - 検索ソースのカスタム名を指定します。
  • [Placeholder (プレイスホルダー)] - 検索値を入力する前に、検索ボックスに表示される既定のテキストを指定します。これはヒント テキストのようなものです。
  • [Constrain search within map (検索をマップ内に限定)] - マップの範囲内にあるフィーチャのみを検索対象にするには、このチェックボックスをオンにします。これは Web マップ レベルで保存された範囲です。
  • [Enable Suggestions (候補の表示の有効化)] - このチェックボックスをオンにすると、検索語句の入力を進めると候補がドロップダウン メニューに表示されます。
  • [Maximum Suggestions (最大候補数)] - 候補を有効にした場合、一度に表示される候補の最大数を指定します。
  • [Display Suggestions (候補の表示)] - 検索可能レイヤーで、アプリ ユーザーに候補を表示する方法を指定できます。候補を指定フィールドの値として指定することも、テキスト値やフィールド値を追加して表示をカスタマイズすることもできます。
  • [Exact Match (完全一致)] - 検索結果を、検索ボックスに入力された値と完全に一致する語句に限定する場合は、このチェックボックスをオンにします。

後続のセクションには、検索ソースでアプリの検索機能をカスタマイズする方法を示します。

ジオサーチ

組織の設定で指定された所定のロケーターは、すべて検索ソース リストに表示され、アプリでも Web マップやMap Viewerと同じように動作します。

ロケーターを検索ソースとして有効にするには、次の手順を実行します。

  1. 必要であれば、[Search (検索)] タブの [Enable search tool (検索ツールを有効化)] チェックボックスをオンにします。
  2. 有効にするロケーターの横にあるチェックボックスをオンにします。
  3. または、ロケーターの横にある [Edit (編集)] をクリックし、追加パラメーターを構成します。終了したら、[保存] をクリックします。

検索可能なフィーチャ レイヤーの検索

検索可能なフィーチャ レイヤーが Web マップで検出されると、そのフィーチャ レイヤーは検索ソース リストに名前で表示されます。

検索可能なフィーチャ レイヤーを検索ソースとして有効にするには、以下の手順を実行します。

  1. 必要であれば、[Search (検索)] タブの [Enable search tool (検索ツールを有効化)] チェックボックスをオンにします。
  2. 有効にする検索可能なフィーチャ レイヤーの横にあるチェックボックスをオンにします。
  3. レイヤー名の横の [Edit (編集)] をクリックし、[Search Fields (検索フィールド)] リストから検索フィールドを選択します。
    メモ:

    フィーチャ レイヤーに対する検索を行うには、検索フィールドを宣言する必要があります。

  4. [保存] をクリックします。

複数の検索ソース

1 つのアプリで複数の検索ソースを有効にできます。これは、アプリのユーザーが、アプリの使用に際して複数の情報源を検索しなければならない場合に便利です。アプリの目的を念頭に置いたうえで、その目的に関連性のない検索ソースは有効にしないでください。エンド ユーザーを無用に混乱させる可能性があります。たとえば、アプリの目的が地方都市の横断歩道のメンテナンス状況を把握し、それを更新することであれば、世界全体のロケーターを有効にするメリットはありません。すべての横断歩道メンテナンス フィーチャがある地方都市の範囲外に、ユーザーを誘導してしまう可能性があるからです。

複数の検索ソースを有効化するには、次の手順を実行します。

  1. 必要であれば、[Search (検索)] タブの [Enable search tool (検索ツールを有効化)] チェックボックスをオンにします。
  2. 有効にする検索ソースの横にあるチェックボックスをオンにします。
  3. 各ソース横の [Edit (編集)] をクリックするか、必要に応じてパラメーターを構成します。
  4. [保存] をクリックします。
  5. [Search (検索)] タブで、次のいずれかを実行します。
    • 優先的に使用するデフォルトの検索ソースがある場合は、[Select default source (デフォルト ソースを選択)] ドロップダウン メニューから選択します。アプリ ユーザーは、アプリ検索の他の検索ソースから必要に応じて選択できます。
    • すべてのソースに対して一度に検索することをアプリのデフォルト動作にする場合は、[Search all sources (すべてのソースを検索)] チェックボックスをオンにし、[Select default source (デフォルト ソースを選択)] ドロップダウン メニューから [All (すべて)] を選択します。

    入力された検索語句に基づいて候補が見つかった場合は、候補ドロップダウン メニューに、候補が構成されたすべてのソースが表示されます。

複数フィールド検索

1 つの検索ソース内で複数のフィールドを検索できます。たとえば、ID 番号や所有者名に基づいて区画フィーチャを検索する場合など、アプリのユーザーがさまざまな種類の情報によってフィーチャを検索できるようにする場合などです。

複数フィールド検索を有効化するには、次の手順を実行します。

  1. 必要であれば、[Search (検索)] タブの [Enable search tool (検索ツールを有効化)] チェックボックスをオンにします。
  2. リスト内の検索ソースの横にある [Edit (編集)] をクリックします。
  3. [Search Fields (検索フィールド)] リストでいずれかのフィールドをクリックし、Ctrl キーを押しながら検索を有効にする他のフィールドをクリックします。
  4. [保存] をクリックします。

複数フィールド検索を構成する場合は、候補を構成し、候補テンプレートをカスタマイズすることをお勧めします。詳しくは、次のセクションをご参照ください。

候補の構成

アプリで候補を有効にすると、ユーザーが検索語句の入力を進めていくと、候補が検索ドロップダウン メニューに表示され、選択できるようになります。候補は、ユーザーが検索語句の一部はわかっているが、完全にはわかっていない場合に便利です。また、最初の数文字を入力するだけで正しい候補をすぐに選択できるという利便性もあります。候補は、検索ソースに対して複数の検索フィールドが設定されている場合にもお勧めします。

候補を構成するには、次の手順を実行します。

  1. 必要であれば、[Search (検索)] タブの [Enable search tool (検索ツールを有効化)] チェックボックスをオンにします。
  2. リスト内の検索ソースの横にある [Edit (編集)] をクリックします。
  3. [Enable Suggestions (候補の表示の有効化)] チェックボックスをオンにします。
  4. [Maximum Suggestions (最大候補数)] ドロップダウン メニューから、一度に表示する候補の最大数を選択します。
  5. 検索可能なフィーチャ レイヤーについては、次の手順を実行します。
    1. [Field (フィールド)] または [Template (テンプレート)] を選択します。
    2. 必要に応じて追加パラメーターを構成します。
  6. [保存] をクリックします。

候補テンプレートの作成

検索可能レイヤーで検索を構成する場合は、候補テンプレートを使用して候補に複数のフィールドを表示したり、アプリ検索ドロップダウン メニューの候補の表示をカスタマイズしたりすることができます。

候補テンプレートを構成するには、次の手順を実行します。

  1. 必要であれば、[Search (検索)] タブの [Enable search tool (検索ツールを有効化)] チェックボックスをオンにします。
  2. リスト内の検索可能なレイヤーの横にある [Edit (編集)] をクリックします。
  3. [Enable Suggestions (候補の表示の有効化)] チェックボックスをオンにします。
  4. [Template (テンプレート)] をクリックし、候補テンプレートを入力します。

    基本的な構文は ${fieldname} です。ここで「fieldname」は、値を表示するフィールド名に置き換えます。 たとえば、樹木タイプ フィールド値と公園名フィールド値を組み合わせる候補文字列を作成するには、次のような構文を使用します。

    Tree Type: ${treeType}, Park: ${parkName}

    この文字列により、アプリのユーザーには次のような候補が表示されます。

    Tree Type: Dogwood, Park: Eastland Community Park

  5. [保存] をクリックします。