Skip To Content

最初のアサインメントの割り当て

Workforce にようこそ。この演習では、あなたはサンディエゴ消防署の署長です。あなたの業務は、作業のアサイメントを作成し、作業を消防士に割り当て、消火栓の点検の実施を管理することです。サンディエゴ市の GIS 管理者は、点検業務の管理に使用できるよう、Workforce プロジェクトを作成しました。すでにいくつかのアサインメントを作成しましたが、消防士が現場で作業する際のアサインメントの管理と点検業務の監視には、まだこのプロジェクトは使用されていません。消防士は現場へ向かう準備ができています。このため、消防士が実施する点検業務を割り当てる必要があります。

注意:

この特定の都市、ロール、チーム構造の場合、消防署長をディスパッチャーとして、消防士をモバイル作業者として配置することが合理的です。サンディエゴ市の消火栓の点検では、これらのユーザーがロールを実行します。別の都市では、当てはまらない場合もあります。たとえば、他の都市では、消火栓の点検は水道局が管理および実施し、別のユーザーがそのロールを実行しています。ここで理解しておくべき重要なことは、ディスパッチャーとモバイル作業者との関係です。Workforce プロジェクトにその関係を反映させます。ユーザー独自のプロジェクトを作成する際は、組織にとって合理的になるようにプロジェクトを構成できます。

この演習を実施するにあたって、あなたは Workforce プロジェクトのディスパッチャーになる必要があります。プロジェクトを開けない場合は、プロジェクト所有者にお問い合わせください。

Workforce プロジェクトを開く

この都市の GIS 管理者はすでに消火栓点検用の Workforce プロジェクトを作成し、あなたに共有しています。このプロジェクトを開いて、未解決のアサインメントを確認します。

注意:

Workforce を操作して以下の演習を実施する場合、まず「最初のプロジェクトの作成」と「最初のアサインメントの作成」を実施し、そのプロジェクトをこの演習で使用してください。アサインメントを作成する際、この演習では割り当てられていない作業を使用するため、いくつかのアサインメントを割り当てない状態で作成してください。

  1. Workforce for ArcGIS Web アプリを開きます。ArcGIS の組織アカウントにサイン インします。

    [ArcGIS Online] の使用

    https://workforce.arcgis.com にアクセスします。

    ArcGIS Enterprise を使用

    https://host.domain.com/webadaptor/apps/workforce/ にアクセスします (ここで、host、domain、および webadaptor は、実際のポータルに関する情報で置き換えられます)。

    [プロジェクト] ページに、作成したプロジェクトや、ディスパッチャーまたはモバイル作業者として参加しているプロジェクトがすべて表示されます。

  2. [消火栓の点検] プロジェクトを開きます。

    現在のアサインメントとモバイル作業者がすべて表示されます。これらは、マップ上とマップの左側にあるリスト内の両方に表示されます。プロジェクトを作成した時点では、マップとアサインメント リストは空の状態です。作業者リストには、プロジェクトに追加されたモバイル作業者が表示されます。

    注意:

    モバイル作業者がサイン インし、システムがその場所を把握すると、マップに表示されます。モバイル作業者はプロジェクトに追加されると、作業者リストに表示されます。

単一のアサインメントの割り当て

演習で「最初のアサインメントの作成」を実施した際、作成したアサインメントとその詳細を確認しました。作業を作成後に割り当てる際も同様の手順を実行します。

  1. アサインメント リストで [ステータス] をクリックし、[未割り当て] を選択してプロジェクト内の割り当てられていない作業をすべて表示します。
  2. いずれかのアサインメントを選択し、アサインメント リストのタイプをクリックしてアサインメントの詳細を表示します。

    アサインメントがマップの中央に表示されます。

    ヒント:

    リスト内のアサインメントを選択して、割り当てることもできます。この操作を複数のアサインメントに対して行う方法については、次のセクションで再割り当てを行う際に説明します。この方法は単一のアサインメントにも使用できます。

  3. [割り当て] をクリックします。サムネイルの下に表示されている距離を使用して、最も近いモバイル作業者を選択します。

    選択したモバイル作業者にアサインメントが割り当てられます。モバイル作業者に新規作業が通知されます。重要なアサインメントが選択された場合、モバイル作業者は作業を承認するよう求められます。作業者が承認すると、ディスパッチャー ビューの [重要] ラベルが目立たなくなり、表示が 未承認のアサインメントを示す重要ラベル から 承認済みのアサインメントを示す重要ラベル に変化します。

    ヒント:

    アサインメントを再割り当てする場合、[割り当て] は表示されません。代わりに、現在割り当てられているユーザーの名前をクリックして、モバイル作業者のドロップダウン リストを表示します。

アサインメントの再割り当て

1 人のモバイル作業者が作業から離れる予定です。そのモバイル作業者に割り当てられていたすべての作業を別のモバイル作業者に再割り当てする必要があります。

ディスパッチャーは割り当てられた作業、一時中断された作業、または拒否された作業を再割り当てできます。ただし、消防士が点検を開始し、アサインメントが進行中の場合は、その作業を再割り当てできません。処理中のアサインメントは、そのアサインメントに現在取り組んでいるモバイル作業者が管理します。ディスパッチャーはアサインメントがその他の状態の場合 (未割り当て、割り当て済み、一時停止、完了、拒否) に、そのアサインメントを制御できます。

  1. アサインメント リストで [指名された人] をクリックし、作業から離れるモバイル作業者の名前を選択します。この演習では、いずれかを選択します。

    そのモバイル作業者のアサインメントがアサインメント リストに表示されます。

  2. アサインメント リストで [ステータス] をクリックし、[割り当て済み] を選択します。

    この演習では、その作業者に割り当てられた作業を再割り当てします。実際、[ステータス] フィルターは複数選択フィールドで、その作業者のアサインメントのリストを他のステータスとともに表示できます。その他のアサインメントを正常に再割り当てするには、[進行中] および [完了] のアサインメントを除外する必要があります。

  3. モバイル作業者に割り当てられているアサインメント数の横にあるチェックボックスをクリックします。

    作業者のすべてのアサインメントが選択されます。

  4. [割り当て] をクリックし、元のモバイル作業者が作業から離れている間に対応するモバイル作業者を選択します。

    新しいモバイル作業者にアサインメントが割り当てられます。元のモバイル作業者の [To Do] リストには、作業が表示されなくなります。新しいモバイル作業者に新規作業が通知されます。重要なアサインメントが再割り当てされた場合、新しいモバイル作業者は作業を承認するよう求められます。作業者が承認すると、ディスパッチャー ビューの [重要] ラベルが目立たなくなり、表示が 未承認のアサインメントを示す重要ラベル から 承認済みのアサインメントを示す重要ラベル に変化します。

    ヒント:

    元のモバイル作業者がいずれかの作業を始めるか完了した場合、[割り当て] は無効になり、選択したアサインメントを再割り当てすることはできなくなります。進行中または完了したアサインメントの横にあるチェックボックスをクリックして選択解除すると、[割り当て] が有効になります。

次の手順

単一および複数のアサインメントを割り当てる方法について説明しました。もう少し作業してみましょう。以下に例を示します。

  • 1 人のモバイル作業者に中程度の優先度の全作業を割り当てます。リストを優先度でフィルター処理し、関連するアサインメントを選択して割り当てます。進行中や完了したアサインメントがないか注意してください。
  • 拒否された作業を再割り当てします。リストをフィルター処理して、モバイル作業者に割り当てられたがそのモバイル作業者が実施できなかった、拒否済みの作業を表示します。その作業を別のモバイル作業者が処理できるよう再割り当てするか、元のモバイル作業者に再び割り当てます。

最初のアサインメントの完了」演習に進んで、モバイル作業者が Workforce モバイルアプリを使用してアサインメントを表示および実施する方法を確認することもできます。