Skip To Content

最初のアサインメントの完了

Workforce にようこそ。この演習では、あなたはサンディエゴ消防署の消防士です。消火栓が必要なときに作動することを確認する、消火栓の点検業務があります。消防署長は Workforce プロジェクトを使用して消防士の作業を管理していますが、あなたはまだモバイル アプリを使用してアサインメントを表示および実施できていません。あなたは現場に移動して点検を開始する準備ができたため、モバイル アプリで作業を開始する必要があります。消防署では、夏の終わりまでにサンディエゴ コンベンション センター周辺のすべての消化栓を点検してほしいと考えています。

注意:

この特定の都市、ロール、チーム構造の場合、消防署長をディスパッチャーとして、消防士をモバイル作業者として配置することが合理的です。サンディエゴ市の消火栓の点検では、これらのユーザーがロールを実行します。別の都市では、当てはまらない場合もあります。たとえば、他の都市では、消火栓の点検は水道局が管理および実施し、別のユーザーがそのロールを実行しています。ここで理解しておくべき重要なことは、ディスパッチャーとモバイル作業者との関係です。Workforce プロジェクトにその関係を反映させます。ユーザー独自のプロジェクトを作成する際は、組織にとって合理的になるようにプロジェクトを構成できます。

この演習を実施するにあたって、あなたは Workforce プロジェクトのモバイル作業者になる必要があります。プロジェクトを開けない場合は、プロジェクト所有者にお問い合わせください。

Learn ArcGIS のレッスン「消火栓の点検の管理と完了」を受講している場合、この演習で説明する資料の大半はすでに学習済みの内容です。ただし、セクション「ディスパッチャーのメモの更新」、「1 日の作業の終了」、「次の手順」は学習していない内容です。

Workforce プロジェクトを開く

この都市の GIS 管理者は点検作業用の Workforce プロジェクトを作成し、消防署長はあなたに未処理の点検作業をいくつか割り当てました。アサインメントを確認するには、モバイル デバイスで Workforce を開き、サイン インし、プロジェクトを開きます。

注意:

Workforce を操作して以下の演習を実施する場合、まず「最初のプロジェクトの作成」と「最初のアサインメントの作成」のワークフローを実施します。その後、そのプロジェクトをこの演習で使用します。アサインメントを作成する際、この演習ではアサインメントを使用するため、いくつかのアサインメントをあなた自身に割り当ててください。

  1. デバイスにまだアプリがない場合は、Workforce for ArcGISGoogle Play からインストールします。
  2. アプリを起動し、まだサイン インしていない場合は、ArcGIS の組織アカウントにサイン インします。

    プロジェクトが 1 つのみの場合、そのプロジェクトがすぐに開きます。複数のプロジェクトがあり、アプリを初めて使用する場合は [プロジェクト] 画面が表示され、ディスパッチャーとして作成したプロジェクトや、モバイル作業者として参加しているプロジェクトがすべて表示されます。複数のプロジェクトがあり、以前にアプリを使用したことがある場合は、前回のプロジェクトが再び開きます。プロジェクトが開いたら、メニューを使用して [プロジェクト] 画面に移動します。

    Navigator for ArcGISCollector for ArcGISSurvey123 for ArcGIS などの連携アプリを使用する場合、それらのアプリケーションにも正しい認証情報でサイン インします。認証情報は、アプリ間では受け渡されません。現在のログイン (ログインしている場合) が適用されます。

  3. [消火栓の点検] プロジェクトを開きます (プロジェクトが自動的に開かなかった場合のみ)。

    アサインメント リストが表示されます。[To Do] リストを切り替えて、未処理のアサインメントや、[完了] しているアサインメント リストを表示できます。アサインメント リストから、[マップ] マップ を選択して、アサインメント、あなたの場所、他のモバイル作業者の場所をマップ上に表示します。マップで [リスト] アサインメント リストに戻る を選択すると、アサインメント リストに戻ります。

    アサインメント リストの上方にある人のアイコンを囲む青い円は、現在オンラインで作業中であることを示しています。 プロジェクトを開くと、あなたのステータスはそのプロジェクトの作業中として設定されます。円を選択し、別のステータス ([作業中][休憩中][終業] など) を選択することで、ステータスを変更できます。あなたのステータスはディスパッチャーにも表示され、常に通知されます。これにより、ディスパッチャーは重要な作業を割り当てる作業者や、現場で監視する必要のある作業者を把握できます。

    注意:

    他のモバイル作業者がサイン インし、システムがその場所を把握すると、マップに表示されます。

未処理の作業の確認

1 日の作業を始める前に、[To Do] リストを確認します。表示される内容は、ディスパッチャーが割り当てたアサインメントによって異なります。デフォルトで Workforce は、重要なアサインメントと重要でないアサインメントに作業をグループ化します (あなたが重要なアサインメントに割り当てられていない場合、リスト内には重要でないグループのみが表示されます)。一般的に、重要なアサインメントを最初に実施します。アサインメントには期日を設定することもできます。このため、アサインメントの期日が過ぎていないか、今日が期日になっていないかを確認できます。

  1. アサインメント リストの上部にあるフィルターで、[完了] リストではなく [To Do] リストが表示されていることを確認します。
  2. アサインメントには期日を設定することもできます。このため、アサインメントの期日が過ぎていないか、今日が期日になっていないかを確認します。今後の期限を表示するには、リストの右上隅にある [並べ替え] 並べ替え を選択し、[期日] を選択します。

    期日の早いものがリストの上部に表示されるよう、アサインメントが配置されます。

  3. ディスパッチャーがその日に点検を開始するように依頼した消火栓 SDH24758 のアサインメントを検索します。

    特定のアサインメントを検索するには、検索ボックスに「24758」と入力します。

    フィルター処理されたアサインメント リストに、消火栓 SDH24758 のアサインメントが表示されます。

  4. このアサインメントを選択して、詳細を表示します。

    消火栓の点検に関する情報がパネルに表示され、マップ上に消火栓の場所が表示されます。あなたにはアサインメントからの距離、その優先度、期日が表示されます。他のモバイル作業者が残したメモも表示されます。たとえば、そのアサインメントは前日に他の作業者に割り当てられていたものの、そのモバイル作業者は消火栓の周りに植物が生えすぎていて点検を妨げていたためにアサインメントを一時停止していた可能性もあります。剪定ばさみを持ってきたので、ディスパッチャーはアサインメントを完了させるためにあなたにアサインメントを再割り当てしました。

    ヒント:

    マップの一部が詳細とともに表示されます。マップの詳細を表示するには、下方に詳細をスワイプすると、アサインメントのサマリー情報のみが表示されます。

Workforce に慣れ、最初のアサインメントを特定できるようになったら、[To Do] リストからアサインメントを消去してみましょう。

アサインメント地点までのルート検索

消火栓を点検する前に、その場所まで自動車で移動する必要があります。

注意:

このセクションでは Navigator for ArcGIS が必要です。Navigator をお持ちでない場合、次のセクションに進んでください。

  1. 次に開始するアサインメントの詳細で、[オーバーフロー] メニュー オーバーフロー から [アサインメント地点へのルート案内] を選択します。
    注意:

    Navigator for ArcGIS がインストールされていない場合、[アサインメント地点へのルート案内] オプションは表示されません。

    Navigator が開き、最後に開いたマップを使用してアサインメント地点までのルート検索を行います。

  2. [ナビゲーションの開始] ナビゲーション を選択し、指示に従って点検場所に到着します。

アサインメント地点での作業

アサインメント地点に到着したら、消火栓の点検を実施できます。

  1. Workforce に戻り、SDH24758 のアサインメントの詳細を表示します。重要なアサインメントで承認していないものがある場合、承認してください。
  2. アサインメントのステータス オプション アサインメントのステータス オプション を使用し、[開始] を選択してアサインメントを開始し、点検を始めます。
    ヒント:

    誤ったアサインメントを開始してしまった場合、アサインメントのステータス オプション アサインメントのステータス オプション を使用し、[リセット] を選択することで、リセットできます。これにより、アサインメントが [進行中] から [割り当て済み] に変わります。

    アサインメントが開始されます。アサインメントが完了したら、アサインメントのステータス オプション アサインメントのステータス オプション から [完了] が選択できるようになります。別のステータスに設定する必要がある場合は、[完了] の横にあるアサインメントのステータス オプションで有効なステータスを選択できます。

  3. 点検を行う際、消火栓のキャップがきつく締まっていて、緩められないことがわかりました。アサインメントにメモを追加して、ディスパッチャーに、工具を準備する必要があったためにアサインメントを一時停止し、工具を取得して点検を継続できるようになったことを知らせます。

    主に 2 つのケースでメモを追加します。1 つ目は、今まで実施していた作業を一時中断していて、再開する予定がある場合です。もう 1 つは、アサインメントを実施できる状態だったが、追加の作業が必要になった場合です。たとえば、軸が丸くなっていることに気づいた場合、ディスパッチャーに知らせる必要があります。

    ヒント:

    アサインメントに他のメモがすでに含まれている場合、古いメモを削除するかどうかは組織とそのプロセスによって異なります。メモを残しておくことで、アサインメントについて行った対話の記録を保持できます。今後その情報が重要でない場合は、新しいメモを追加する際に他のメモを削除します。

  4. 点検を続行する準備ができたら、アサインメント ステータス オプションから [再開] を選択し、アサインメントを [進行中] に戻します。点検を続行します。
  5. 作業がほぼ完了したとき、ディスパッチャーがユーザーに別のアサインメントを割り当て、ユーザーのアプリに通知しました。これは 30 分以内に実施する必要のある重要なアサインメントで、昼休みの前に時間が取れません。アサインメントの詳細で、[承認] を選択すると、ディスパッチャーはユーザーがアサインメントを確認したことを把握できます。次に、アサインメントのステータス オプション アサインメントのステータス オプション[拒否] を選択し、ディスパッチャーにそのアサインメントを実行できないことを通知します。理由が求められるため、現在のアサインメントが昼休みまでかかることを伝えます。
  6. 点検を仕上げて、[完了] を選択してアサインメントを完了します。
    ヒント:

    次のアサインメントを開始するには、アサインメント リストのエントリをスワイプします。

休憩

午前中に生産性の高い点検作業を行ったら、昼食の時間です。ステータスを [休憩中] に設定する必要があります。ディスパッチャーはあなたが休憩中であることを確認すると、アサインメントへの迅速な応答を期待しなくなります。あなたの現在の場所についても、作業中でない場合は更新されないため、表示されている場所が最新でないことを認識します。あなたの場所がプロジェクトによって追跡されている場合、休憩中はあなたの位置履歴の更新が停止します。

  1. アサインメント リストの上方にあるステータス インジケーターを選択します。
    ステータス インジケーター

    ステータス オプションが表示されます。

  2. [休憩中] を選択します。
  3. ステータスを [作業中] に戻し、休憩が終了したことを示します。

ディスパッチャーのメモの更新

昼休みから戻ると、あなたが午前中に完了した点検で残したメモについて、ディスパッチャーから質問がありました。回答するには、完了したアサインメントの詳細を表示して、メモリを更新する必要があります。これを行うには、アサインメント リストのフィルターを [To Do] から [完了] に切り替え、対象のアサインメントを検索し、ディスパッチャーに発生した事象を伝えます。

1 日の作業の終了

1 日の作業が終了したら、ステータスを [終業] に設定し、アプリを閉じて帰宅します。ステータスを [終業] に設定することで、ディスパッチャーはユーザーが 1 日の作業を終えたことを把握し、同日に完了する必要のあるアサインメントを割り当てなくなります。

次の手順

モバイル アプリを使用してアサインメントを表示および実施する方法について説明しました。Workforce について十分に理解し、独自のプロジェクトで試してみる準備ができたかと思います。

プロジェクトの作成方法や作業の割り当て方法について、まだご覧になられていない場合は、以下のプロジェクト所有者およびディスパッチャー向け演習をご参照ください。