ArcGIS GeoBIM イントロダクション

ArcGIS GeoBIM とは、BIM (Building Information Modeling) モデル、エンジニアリング ドキュメント、および地理情報におけるプロジェクト管理の指摘事項を探索し、リスク、コスト、タイムラインを分析するためのソリューションです。 GeoBIM では、エンジニアリング ドキュメントで GIS データの統合と視覚化を行い、プロジェクト チーム全体で組織的な意思決定を下すことができます。

主要な機能

ArcGIS GeoBIM では、次の操作が可能です。

  • BIM ドキュメント、指摘事項、プロジェクトをホスト フィーチャ レイヤーに自動的にジオリファレンスすることで、データを管理します。
  • Autodesk BIM 360 または Autodesk Construction Cloud データを ArcGIS Web マップと Web シーンにリンクし、地理情報内で位置を特定した後に、詳細の BIM 情報とエンジニアリング情報を探すことができます。
  • 構成可能なテンプレートを使用してアプリを作成します。これを使用して、エンジニアリング ドキュメント、指摘事項、プロジェクトの場所を照会、視覚化、特定、表示し、1 つ以上のプロジェクトに対して完全な最新エンジニアリング情報を表示します。
  • 設計の調整、時間全体の計画、指摘事項の管理においてコラボレーションします。
  • 地理フィーチャと BIM オブジェクトを並べて視覚化することで、プロジェクトの相対的なコンテキストを把握します。
  • ダッシュボードで指摘事項を管理し、1 つ以上の BIM プロジェクトにおける指摘事項のリスク、安全性、パフォーマンスを視覚化します。

ArcGIS GeoBIM のユーザー エクスペリエンスは、GeoBIM プロジェクト マネージャーと、1 つ以上の GeoBIM アプリの 2 つのコンポーネントで構成されます。

プロジェクト ページ

ArcGIS GeoBIM にアクセスすると、はじめに [プロジェクト] ページが表示されます。 これは、GeoBIM プロジェクト作成の最初の手順です。 このページでは、GeoBIM プロジェクトの表示、作成、共有、編集、削除を行えます。

ArcGIS GeoBIM のプロジェクト ページ

GeoBIM プロジェクト マネージャー

GeoBIM プロジェクト マネージャーでは、GeoBIM アプリを作成できます。 これは、ランディング ページでプロジェクトをクリックした後に表示されるページです。 Composer にプロジェクトを作成するには、[アカウント] ページ、[リンク] ページ、[アプリ] ページ、[ツール] ページの 5 つのコンポーネント (ページ) が必要です。

アカウント ページ

[アカウント] ページは、ArcGIS Online Creator アカウントへのアクセス権を持つ場合にのみアクセスできます。 このページの BIM 360 アカウント情報を使用し、アカウントを作成できます。 アカウントは、特定の ArcGIS GeoBIM プロジェクトに該当する BIM 360 または Autodesk Construction Cloud プロジェクトを識別します。 アカウントは、ArcGIS GeoBIMAutodesk Construction Cloud データに安全にアクセスできるよう、アプリケーション認証を提供します。 [アカウント] ページでは、名前、タイプ (Autodesk BIM 360)、および Autodesk Forge クライアント ID を含むアカウント接続を作成できます。

GeoBIM の設定の詳細

ArcGIS GeoBIM のアカウント ページ

ツール ページ

[ツール] は、必要なプロセスを選択し、それに対して適切な設定を選択するだけで実行できる、概略図と同期操作の連動を提供するよう設計されています。 ページのテーブルに追加されたレイヤーを更新および確認することにより、操作に対する最新のフィードバックを取得できます。

ArcGIS GeoBIM のツール ページのツール タブ

左側のパネルにより、実行するツールの選択、各ツールへのカスタム プロパティの適用、同期されたデータに対する特殊な GIS 分析の実行などが可能です。 各ツール カードの右下には設定アイコン 設定 があり、ツールに適用できるカスタム プロパティやカスタム設定を開くことができます。

[エンジニアリング ドキュメントの配置]エンジニアリング ドキュメントの配置 ツールを使用すると、マップに CAD および BIM ドキュメントを配置し、これらのモデルの範囲を示すポリゴンを作成できます。 設定ボタン 設定 を使用すると、強制的な同期を有効にし、ツール内で使用するデフォルトの WKID を追加できます。デフォルトの WKID がない場合、BIM 360 または Autodesk Construction Cloud のドキュメントに保存済みの .prj ファイルがあれば、ツールは WKID によって座標を自動的に検出できます。 このツールでは、同期されたドキュメントに対して外れ値分析を実行および適用することもできます。 ツールの複雑さと、BIM 360 または Autodesk Construction Cloud のドキュメントに定義が誤った WKID や無効な WKID が含まれている、あるいは WKID がない可能性を考慮して、この GIS 分析は、マップに外れ値のフラグを表示してデータの理解を助けます。

注意:

住所の外れ値分析では、目的の住所、バッファー距離、および距離単位 (メートル、キロメートル、マイル、フィート) を入力できます。 接続された住所がマッピングされ、その周囲に、それらのプロパティを保持するバッファーが作成されます。

WKID 外れ値分析の基本的な動作は、分析外れ値分析と同じです。違いは、接続された WKID のバウンディング ボックスが、同期されたドキュメントとの交点および外れ値であるドキュメントのマーク付けに使用されることです。

クラスター外れ値分析は、デフォルトで選択されているタイプで、他のタイプの GIS 分析を使用します。従来の空間解析 (バッファー、近接、交点) の代わりに、この分析は、教師なし機械学習クラスタリング アルゴリズムを使用し、純粋に空間的な位置と、必要に応じて、指定された数のフィーチャまでの距離に基づいて、ポイント フィーチャのパターンを検出します。

[指摘事項の配置]指摘事項の配置 ツールでは、エンジニアリング ドキュメントの場所とプロジェクト住所に基づいてマップ上に設計、エンジニアリング、建設の指摘事項を配置できます。 [エンジニアリング ドキュメントの配置] ツールと同様に、設定ボタン 設定 により、プロジェクト住所を使用して、強制的な同期やツール内で使用されるデフォルト WKID の追加を行うことができます。

[BIM プロジェクト境界の作成] BIM プロジェクト境界の作成 ツールでは、ドキュメントと指摘事項の場所に基づいてマップ上に BIM プロジェクト境界を作成できます。 このツールは、エンジニアリング ドキュメント データが使用可能な状態になっている必要があります。したがって、このツールが単独で実行されても、前提条件として、エンジニアリング ドキュメントは同期または更新されます。 このツールを実行する場合、指摘事項データの同期はオプションですが、出力により、BIM プロジェクト全体の地理的コンテキストとそれに属するエンジニアリング ドキュメントおよび指摘事項の数の一般的なビューが提供されるので、同期することをお勧めします。 このツールの設定ボタン 設定 を使用すると、BIM プロジェクトの境界の出力形状を 1 つ以上選択できます。

リンク ページ

[リンク] ページでは、データ (Web マップまたは Web シーン) を追加し、BIM 360 または Autodesk Construction Cloud のプロジェクトをマップ上のレイヤーとフィーチャにリンクできます。 [リンク] ページにはどのユーザーでもアクセスできますが、変更できるのは ArcGIS Online Creator アカウントを持つユーザーのみです。

ArcGIS GeoBIM のリンク ページ

アプリ ページ

[アプリ] ページでは、作成するすべてのアプリを表示し、格納できます。 Creators では、このページでアプリの表示、編集、削除を行えます。 ArcGIS GeoBIM には、ビューアー アプリと指摘事項ダッシュボード アプリの 2 種類のアプリがあります。

ArcGIS GeoBIM のアプリ ページ

GeoBIM アプリ

GeoBIM アプリは、Web マップ、Web シーン、およびジオリファレンスされた BIM 360 プロジェクト データを接続します。 GeoBIM アプリは、マップ ウィジェット、リンク エクスプローラー、テーブル ウィジェット、詳細グループの 4 つのエレメントで構成されます。

マップ ウィジェットはプロジェクトの上部にあります。 ここにプロジェクトの Web マップまたは Web シーンが表示されます。 リンク エクスプローラーとテーブル ウィジェットは、マップ ウィジェットの下にあります。

リンク エクスプローラーでは、より多くのドキュメントをマップ ウィジェットのフィーチャにリンクできます。

テーブル ウィジェットには、ドキュメント テーブル、指摘事項テーブル、スケジュール テーブル、および BIM プロジェクト テーブルの 4 つのエレメントがあります。 ドキュメント テーブルには、Web マップまたは Web シーンのドキュメント (モデル) のリストが含まれます。 指摘事項テーブルには、Web マップまたは Web シーンの指摘事項のリストが含まれます。 BIM プロジェクト テーブルには、Web マップまたは Web シーンの BIM 360 または Autodesk Construction Cloud プロジェクトのリストが含まれます。 スケジュール テーブルには、プロジェクトのすべての時間対応アクティビティが含まれます。

詳細グループは、テーブル ウィジェットで特定の指摘事項、ドキュメント、BIM プロジェクト、またはスケジュールの起動ボタンをクリックすると右側に表示されます。 詳細グループは、テーブル ウィジェットの特定の指摘事項、ドキュメント、BIM プロジェクト、またはスケジュールに関する情報を提供します。 詳細グループには、Forge Viewer、指摘事項の詳細、BIM プロジェクトの詳細、および Forge Explorer の 4 つのエレメントがあります。