Skip To Content

一般的な FAQ

Workforce for ArcGIS とは

Workforce for ArcGIS は、位置情報による意思決定の力を活用してフィールド作業の調整能力とチームワークを改善するモバイル ソリューションです。これは、オフィス内でプロジェクト管理者とディスパッチャーが使用する Web アプリと、モバイル作業者が各自のデバイス上で使用するモバイル アプリから構成されます。Workforce for ArcGIS を使用する組織には、次の利点がもたらされます。

  • 1 つのデバイスで必要なことがすべてできる - モバイル作業者は、作業のアサインメントの表示および処理、作業のステータスの更新、他のユーザーへの自分の位置の通知などを 1 つのデバイスで実行できます。
  • 敏捷性の向上 - ディスパッチャーは、位置情報をリアルタイムに使用して、すばやく現場作業に優先順位を付けて割り当てることができます。これにより、作業が適切なタイミングで適切な作業者に割り当てられるようになります。
  • 生産性の向上 - 時間がかかり、間違いが起きやすい手作業での作業員管理工程がなくなり、ダウンタイムが短縮され、プロジェクトを予定どおりに進めることができます。

アプリを入手するにはどうすればよいですか?

Workforce Web アプリには、ポータルからアクセスします。ArcGIS Online を使用している場合、https://workforce.arcgis.com にアクセスします。ArcGIS Enterprise を使用している場合、https://host.domain.com/webadaptor/apps/workforce/ にアクセスします (ここで、host、domain、および webadaptor は、実際のポータルに関する情報で置き換えられます)。Workforce for ArcGIS モバイル アプリは、Google Play または Amazon Appstore for Android と App Store for iPad および iPhone で提供されています。

注意:

Google Play にアクセスできない場合は、Esri から Workforce をダウンロードするための技術資料をご参照ください。

ArcGIS Enterprise を使用している場合、管理者が Workforce をインストールする必要があります。ArcGIS Enterprise構成をご参照ください。

Workforce は、特定の業界向けに設計されていますか?

いいえ。Workforce は、紙地図を使わずに現場作業の整理と調整を行うあらゆる分野で使用するように設計されています。使用事例として、サービス要求やメンテナンス、修繕作業の現場点検、許可、さらに、ワン コール (調査前の連絡) チケットがあります。

どのモバイル プラットフォームに対応していますか?

Workforce は iOS および Android で使用できます。

個人向けプランのアカウントを使用できますか?

いいえ。Workforce は、ArcGIS Online 個人向けプランのアカウントの使用に対応していません。このアプリを使用するには、ArcGIS 組織サイトに属していなければなりません。

Workforce を使用するには、どのような権限が必要ですか?

Workforce を使用するために必要な権限は、ユーザーのロールによって異なります。プロジェクトを作成および管理するプロジェクト所有者は、次の権限を持っている必要があります。

  • グループ: 作成、更新、および削除
  • コンテンツ: 作成、更新、および削除
  • コンテンツ: ホスト フィーチャ レイヤーの公開
  • 共有: グループで共有
  • フィーチャ: 編集またはフィーチャ: フル コントロールによる編集

アサインメントを作成および割り当てるディスパッチャーと、アサインメントを実行するモバイル作業者は、[フィーチャ: 編集] または [フィーチャ: フル コントロールによる編集] 権限を持っている必要があります。

詳細については、「権限」(ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise) をご参照ください。

Workforce for ArcGIS のライセンスとは

Workforce は、ArcGIS 組織サイト (ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise) のメンバーが利用できます。詳細については、「ライセンス利用規約」をご参照ください。

Workforce ではどのようなことが予定されていますか?

Workforce は、アサインメントを使用した作業や作業者ステータスと作業場所の追跡を含め、モバイル作業員を管理できる機能を提供します。本リリースでは、Web を介したプロジェクトの作成、管理、振り分けの他、iPhone、iPad、および Android デバイス上でのアサインメントを介した作業、CollectorExplorerSurvey123、および Navigator との連携がサポートされています。加えて、将来のリリースではさらに機能が追加される予定です。チームは次のことに取り組んでいます。

  • オフラインでのモバイル アプリの使用
  • モバイル作業員が自分自身をアサインメントに割り当てることができる機能
  • 情報を Workforce から CollectorSurvey123 へ渡すための追加のオプションの提供
  • モバイル作業者の位置の追跡機能の強化
  • モバイル デバイスのバッテリー寿命の改善
  • モバイル作業者に対する通知の改善

長期的には次の機能強化を予定しています。

  • モバイル作業者がアサインメントを作成できる機能
  • 作業の自動割り当て機能によるディスパッチャーの効率向上
  • 反復的アサインメントの作成のサポート
  • ディスパッチャーとモバイル作業員が使用できるように追加フィールドを [アサインメント] フィーチャ サービスに追加することへの対応

アイデアを共有したり、フィードバックを送信したりします。

Workforce のフィードバックを送るには、どうすればよいですか?

Workforce for ArcGIS チームでは、アプリに関するフィードバックをお待ちしています。フィードバックは GeoNet Workforce for ArcGIS のコミュニティ ページからお送りいただけます。モバイル アプリ内にもフィードバックのオプションがあります。アプリの使用中に問題が発生した場合は、Esri テクニカル サポートにお問い合わせください。