ライセンス

ArcGIS Velocity のサブスクリプション ライセンスは、3 つのレベルで購入できます。 ライセンス レベルが上がるごとに機能と処理速度が増加しています。

各ライセンス レベルの一般的な機能と、サポートされる処理の要約を次の表に示します。

機能エリアStandardAdvancedDedicated

フィードの公開と実行

確認確認確認

リアルタイム解析の公開と実行

確認確認確認

その場でのビッグ データ解析の公開と実行

確認確認確認

スケジュールされたビッグ データ解析の公開と実行

確認確認

スケーリングによるビッグ データ解析の実行速度短縮

確認

処理とストレージ キャパシティStandardAdvancedDedicated

取り込み速度

最大 25 KB/s

最大 250 KB/s

最大 2500 KB/s、さらに高速化可能*

ストレージ キャパシティ

128 GB

1 TB*

3 TB 以上*

フィードと解析の実行

10

15*

25 以上*

注意:

個々のフィードや全体的なフィードの速度がサブスクリプションの制限を超えた場合、フィードが最終的に停止します。 サブスクリプションの速度の制限を超えた際は、10 分ごとにログと電子メール通知によりユーザーと管理者に警告が送信され、1 時間以上制限を超えた場合にフィードが停止します。

* Advanced および Dedicated ライセンス レベルでは、必要なデータ取り込み速度への対応や、多数のフィードや解析の実行のため、アイテム、コンピューティング、ストレージ ユニットを追加して増強できます。 一度追加されたストレージを削除することはできません。

各ライセンスは年間のサブスクリプションで、毎年更新が必要です。 サブスクリプション期間中は、ライセンスがアクティブで、製品の更新とテクニカル サポートを受けることができます。

Standard ライセンス

Standard ライセンスは、データの速度が低くユース ケースが単純な組織に適しています。 たとえば、多数の車両 (除雪車や建設車両など) をトラッキングし、指定されたルートや作業区域からの逸脱を監視する組織が該当します。

Standard ライセンスでは、受信データを最大で毎秒 25 KB (Kb/s) の速度でトラッキングできます。 サポートされる秒間イベント数は、受信メッセージのサイズによって異なります。 ポイント データ (GPS トラックなど) の場合、毎秒 100 イベント程度の速度に対応できます。 ポリゴン データはメッセージあたりのサイズが大きくなる傾向があるため、毎秒 25 イベント程度の速度まで対応可能な可能性が高くなります。

このライセンス レベルでは、最大 10 のフィードまたは解析、またはフィードと解析の組み合わせを同時に実行できます。 たとえば、1 つのフィードで建設車両や別の気象データのフィードからの GPS トラッキングを取り込み、1 つのリアルタイム解析でジオフェンシング、インシデント検出、および対象の観測データをフィーチャ レイヤーに格納する動作を実行できます。 それ以外に、取り込んだデータに対して各ユーザーが 7 つのビッグ データ解析を同時に実行し、パターンやトレンドを要約できます。

Advanced ライセンス

Advanced ライセンスは、データの速度がより高く、複数のユース ケースが存在する組織に適しています。 たとえば、港湾局では船舶、タグボート、コンテナー、気象、それ以外に接続されているセンサーで生成される各種のデータを監視できます。

Advanced ライセンスでは、受信データを最大で毎秒 250 KB (Kb/s) の速度でトラッキングできます。 Standard ライセンスと同様に、サポートされる秒間イベント数は、受信メッセージのサイズによって異なります。 ポイント データ (船舶のトラッキングなど) の場合、毎秒 1000 イベント程度の速度に対応できます。 ポリゴン データはメッセージあたりのサイズが大きくなる傾向があるため、毎秒 250 イベント程度の速度まで対応可能な可能性が高くなります。

このライセンス レベルでは、最大 15 のフィードまたは解析、またはフィードと解析の組み合わせを同時に実行できます。 たとえば、上述のエンティティ (船舶、タグボートなど) からの観測データを複数のフィードで取り込み、複数のリアルタイム解析でインシデントの検出と各種目的のアラートを実行できます。 また、Advanced レベルではスケジュールに従って最大 5 つのビッグ データ解析を実行できるため、大量のデータのパターン解析を自動化し、常に最新の情報を生成できます。 詳細については、「繰り返し実行するビッグ データ解析のスケジュール設定」をご参照ください。

処理 (または実行できるフィードと解析の数) およびストレージは、いずれもユニットを追加して増強できます。

アドオン ユニット タイプ説明

アイテム単位

5 つの実行中アイテムの追加 (フィードまたは解析の任意の組み合わせ)

ストレージ ユニット

256 GB

一度追加されたストレージを削除することはできません。

詳細については、「コンピューティングとストレージ キャパシティ」をご参照ください。

Dedicated ライセンス

Dedicated ライセンスは、データの速度が非常に速く、複数のユース ケースが存在し、大量のデータを解析する必要のある組織に適しています。 たとえば、輸送部門で接続された車両からの情報を取り込み、道路の問題やトラフィック パターンについて早期の警告を発し、トレンドを分析するため大量のデータを保存する場合が該当します。

Dedicated ライセンスでは、専用のビッグ データ アーキテクチャをサービスとして提供します。 基本サブスクリプションには、最大 2,500 KB/s の速度で受信データをトラックするために十分なコンピュート性能およびストレージと、フィーチャおよびシステム ストレージ用に 3 TB の容量が含まれます。 このコンピュート性能は、最大で毎秒 10,000 イベントのデータ取り込み速度に対応できます。 コンピューティングとストレージはいずれも、追加ユニットで増強できます。

アドオン ユニット タイプ説明

コンピュート ユニット

以下のいずれかのサポートに使用できる全体的な計算能力の追加。

  • 実行するフィードおよび解析数の追加 (例: 最大 60 件の低速フィード、最大 20 件の低速リアルタイム解析)
  • フィードおよび解析の高速化 (追加のコンピューティングにより自動スケーリングの容量を確保)

ストレージ ユニット

512 GB

一度追加されたストレージを削除することはできません。

詳細については、「コンピューティングとストレージ キャパシティ」をご参照ください。

このライセンス レベルでは、専用に配置されたコンピューティングのキャパシティで可能なだけ多くのフィードや解析を実行できます。 これは、基本的な Dedicated サブスクリプションで 25 ~ 35 のフィードおよび解析範囲となり、追加のコンピュート ユニットを購入してコンピューティング キャパシティを拡張することで実行中アイテム数を増やすことができます。 また、Dedicated ライセンスでは手動でビッグ データ解析をスケーリングし、さらに並列度を増やすことができます。 これにより、Advanced や Standard ライセンスよりも短い実行時間で、大量のデータに対してパターン解析を実行できます。 詳細については、「ビッグ データ解析実行時の設定」をご参照ください。