システム要件

Survey123 の各エレメントを実行するには、特定のブラウザー要件とソフトウェア要件があります。

オンライン要件

Survey123 API と ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise にアクセスするには、オンライン接続が必要です。 このため、Survey123 Connect および Survey123 Web サイト、Survey123 フィールド アプリで調査をダウンロードして送信するには、インターネットへの接続と ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise へのアクセスが必要です。

ArcGIS の要件

ArcGIS Online および ArcGIS Enterprise 10.5 以降がサポートされています。 Portal for ArcGIS 10.4 と 10.4.1 もサポートされています。 ArcGIS Enterprise の詳細については、「ArcGIS Enterprise での Survey123 の使用 」をご参照ください。

ArcGIS 組織のさまざまなユーザー タイプとロールは、ArcGIS Survey123 の異なる機能にアクセスできます。 ArcGIS ロールを使用して、最初にユーザー タイプに含まれている権限を制限することもできます。 たとえば、Creator ユーザー タイプがユーザー ロールに割り当てられている場合、フィーチャ レイヤーを公開する権限は取り消されます。 同様に、Field Worker ユーザー タイプが閲覧者ロールに割り当てられている場合、権限は Viewer ユーザー タイプの権限のようになります。 詳細については、「ArcGIS Online のユーザー タイプ、ロール、権限」または「ArcGIS Enterprise のユーザー タイプ、ロール、権限」をご参照ください。

注意:

ArcGIS Enterprise 10.6 以前では、レベル 2 のユーザー ロールが必要です。ただし、Survey123 Web サイトでの結果の解析については例外で、レベル 1 のユーザー ロールを使用できます。

次の表に、Survey123 の各機能にアクセスできるユーザー タイプを示します。

ユーザー タイプSurvey123 Web アプリの調査を入力Survey123 フィールド アプリで調査を入力Survey123 Web サイトで結果を解析Survey123 Web サイトで調査を作成Survey123 Connect で調査を作成

Creator

はい

はい

はい

はい

はい

Editor

はい

Yes¹

はい

いいえ

いいえ

Field Worker

はい

はい

はい

いいえ

いいえ

GIS Professional (Basic、Standard、Advanced)

はい

はい

はい

はい

はい

Viewer

いいえ

いいえ

はい

いいえ

いいえ

なし (匿名)

Yes²

Yes²

Yes³

いいえ

いいえ

¹ フィールド アプリまたは Survey123 アドオン ライセンスを割り当てる必要があります。

² パブリックな調査のみ。 パブリックな調査は Web アプリとフィールド アプリの両方で完了できます。ArcGIS アカウントは必要ありません。

³ 調査の結果は、すべての人 (パブリック) と共有する必要があります。

Survey123 の Web サイトでサポートされているブラウザー

以下のブラウザーがサポートされています。 最良のパフォーマンスを得るには、最新バージョンを使用してください。

  • Chrome
  • Firefox
  • Safari
  • Edge
注意:

Internet Explorer 11 および Edge Legacy はすでにサポートされていません。 上記のリストに示されたブラウザーの最新バージョンを使用してください。

Survey123 フィールド アプリと Survey123 Connect でサポートされるオペレーティング システム

Survey123 フィールド アプリでは、次のオペレーティング システムの最低バージョンがサポートされています。

オペレーティング システムOS のバージョン

Windows

  • Windows 10 Pro および Windows 10 Enterprise バージョン 1809 (32 ビットおよび 64 ビット) 以上
  • Windows 8.1、Windows 8.1 Pro、および Windows 8.1 Enterprise (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Server 2016 (64 ビット)
  • Windows Server 2019 (64 ビット)

Ubuntu

18.04 LTS 以降 (64 ビット)

macOS

10.15 Catalina 以降 (64 ビット)

Android

6.0 Marshmallow 以降 (ARMv7 32 ビットおよび ARMv8 64 ビット)

iOS

13 以降 (64 ビット)

Survey123 Connect では、次のオペレーティング システム (最下位バージョン) がサポートされています。

オペレーティング システムOS のバージョン

Windows

  • Windows 10 Pro および Windows 10 Enterprise バージョン 1809 (32 ビットおよび 64 ビット) 以上
  • Windows 8.1、Windows 8.1 Pro、および Windows 8.1 Enterprise (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Server 2016 (64 ビット)
  • Windows Server 2019 (64 ビット)

Ubuntu

18.04 LTS 以降 (64 ビット)

macOS

10.15 Catalina 以降 (64 ビット)

注意:

これは、Windows 8.1、macOS、および Ubuntu がサポートされている最後のリリースです。 また、Amazon Appstore に公開される最後のリリースでもあります。

ハードウェア要件

MicrosoftmacOSUbuntu デバイス上で Survey123 フィールド アプリまたは Survey123 Connect を実行するための最小要件を次に示します。

ハードウェア要件

CPU 速度

2.2 GHz 以上。ハイパースレッディング (HHT) またはマルチコアを推奨。

プロセッサ

プラットフォーム

Intel Pentium 4、Intel Core Duo、または Xeon プロセッサ (SSE2 以上)

Windows: プロセッサを確認するには、Windows のコマンド プロンプトからこの Microsoft ユーティリティを実行してください。

macOS: Intel プロセッサのみがサポートされています。新しい Apple M1 プロセッサはサポートされていません。 お使いのデバイスのプロセッサがどちらかを確認するには、Apple サポートのこちらの記事をご参照ください。

メモリ/RAM

2 GB 以上

ディスプレイのプロパティ

24 ビット カラー

画面の解像度

標準サイズ (96 dpi) で 1024 x 768 以上を推奨

スワップ領域

オペレーティング システムに依存します (最低 500 MB)。

ArcGIS Runtime は使用時にキャッシュ ファイルを作成するため、ディスク容量を増やしておくことが必要です。

ビデオ/グラフィックス アダプター

最低 64 MB RAM。256 MB RAM 以上を推奨。 NVIDIA、ATI、および Intel チップセットをサポート。

アクセラレーテッド グラフィックス カード ドライバー

2D マップ ビューには OpenGL バージョン 2.1、3D シーン ビューには OpenGL バージョン 3.2 以降のランタイムが必要です。 Shader Model 3.0 以上が推奨されます。 必ず最新のドライバーを使用してください。

ユーザー インターフェイス

Linux: X Window および Gnome または KDE デスクトップ環境

AndroidiOS のハードウェア要件はリストされていません。これらのプラットフォームについては、デバイスで Survey123 フィールド アプリがサポートされているかどうかは、オペレーティング システムのバージョンが一番の判断材料であるからです。

Spike のハードウェア要件

Survey123 は、Spike との統合をサポートしています。Spike は、ikeGPS が開発したレーザー計測ソリューションで、写真からオブジェクトの計測値と位置を取得できます。 Spike ハードウェアでサポートされているデバイスの詳細については、Spike サポート センターをご覧ください。

サポートされている言語

Survey123 フィールド アプリ、Survey123 ConnectSurvey123 Web アプリ、および Survey123 Web サイトでは、次の言語がサポートされています。

言語言語コード

アラビア語

ar

ボスニア語

bs

カタロニア語

ca

中国語 - 簡体字

zh-cn

中国語 - 繁体字 (香港)

zh-hk

中国語 - 繁体字 (台湾)

zh-tw

クロアチア語

時間

チェコ語

cs

デンマーク語

da

オランダ語

nl

英語

en

エストニア語

et

フィンランド語

fi

フランス語

fr

ドイツ語

de

ギリシャ語

el

ヘブライ語

he

ハンガリー語

hu

インドネシア語

id

イタリア語

it

日本語

jp

韓国語

ko

ラトビア語

lv

リトアニア語

lt

ノルウェー語

nb

ポーランド語

pl

ポルトガル語 (ブラジル)

pt-br

ポルトガル語 (ポルトガル)

pt-pt

ルーマニア語

ro

ロシア語

ru

セルビア語

sr

スロバキア語

sk

スロベニア語

sl

スペイン語

es

スウェーデン語

sv

タイ語

th

トルコ語

tr

ウクライナ語

uk

ベトナム語

vi

Survey123レポート テンプレート内または Web アプリのパラメーターとして英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語の言語コードの使用する場合、以下のロケールを使用して、数値、日付、および時間の形式を設定することもできます。

数字および日付の形式ロケール

英語 (オーストラリア)

en-au

英語 (カナダ)

en-ca

英語 (英国)

en-gb

フランス語 (スイス)

fr-ch

ドイツ語 (スイス)

de-ch

イタリア語 (スイス)

it-ch

スペイン語 (メキシコ)

es-mx

スペイン語 (スペイン)

es-es

注意:

Survey123 Web サイトでこれらのロケールを使用して、数字および日付の形式を設定することもできます。 詳細については、「ArcGIS Online に言語と地域を設定」または「ArcGIS Enterprise の言語の設定」をご参照ください。

Survey123 フィールド アプリと Survey123 Connect で使用されるデフォルト言語は、お使いのデバイスの言語設定によって決まります。

Survey123 Web アプリおよび Web サイトの場合、使用されるデフォルト言語は、ArcGIS 組織サイトのユーザー言語設定によって決まります。 ユーザーが ArcGIS 組織にサイン インしていない場合、Web ブラウザーの設定が Web アプリと Web サイトで使用されます。

デフォルトでは、XLSForm の [settings] ワークシートの [default_language] 列にフォームのコンテンツが表示されます。 [default_language] 列にリストされた言語を、上の表に示されたいずれかの言語に変更した場合、一致するようにアプリの言語が変更されます。

注意:

When you use a four-letter language code in the column title of an XLSForm, you will see the following warning when you update the form preview: The following language declarations do not contain valid machine-readable codes: 中文 (zh-cn). Learn more: http://xlsform.org/#language. The survey will still publish successfully, and if your four-letter code is a supported language, the menus, buttons, and other user interface elements in Survey123 will change when the language is selected.

調査の質問の翻訳は、上に示された言語だけでなく、任意の言語で含めることができます。 詳細については、「複数言語の管理」をご参照ください。