モバイル作業者の追跡

位置のトラッキングは、組織全体で利用できる機能であり、モバイル作業者の現在地と過去の位置を記録できます。 位置のトラッキングを有効にすると、組織内のライセンスが付与されたユーザーは、ArcGIS Field Maps モバイル アプリを使用して、位置を位置のトラッキング レイヤーにアップロードすることができます。 トラックは位置のトラッキング レイヤー内で安全に保管されます。モバイル作業者には自身のトラックのみが表示され、他のモバイル作業者のトラックを表示するには追加の権限が必要となります。 位置のトラッキングを有効にした場合、管理者は Track Viewer Web アプリでトラック ビューを作成して、組織内の他のユーザーと最新位置を共有し、データをトラッキングすることができます。

ArcGIS Field Maps は、Track Viewer Web アプリと ArcGIS Field Maps モバイル アプリの 2 つのアプリで位置のトラッキング レイヤーを使用することで、位置のトラッキングをサポートしています。 Track Viewer Web アプリを使用すると、管理者はトラック ビューを作成し、ビューにトラックを含めるユーザーとそのトラックを表示できるユーザーを定義できます。 Field Maps モバイル アプリはバックグラウンドでの位置のトラッキングに最適化されており、デバイスのバッテリーへの影響を最小限に抑えます。 モバイル アプリでは、データ接続の有無にかかわらずトラックが記録され、モバイル作業者はトラッキングされるタイミングをコントロールできます。

Play Video

位置のトラッキングの有効化

ArcGIS 組織の管理者またはユーティリティ サービス設定を管理するための権限を持つメンバーは、メンバーの位置のトラッキングを有効にすることができます。 詳細については、「位置のトラッキングの有効化」をご参照ください。 位置のトラッキングを有効にするのに必要な管理権限の詳細については、「位置のトラッキングの有効化と管理」をご参照ください。

サイン イン

モバイル作業者は、ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise アカウントを使用して、ArcGIS Field Maps にサイン インします。 モバイル作業者が ArcGIS Enterprise を使用している場合は、ポータルに URL を入力する必要があります。 この URL は、ポータルにアクセスするブラウザーに入力する URL と同じです (たとえば、https://myportal.mycompany.com/arcgis)。 バーコードまたは QR コードをスキャンすることによって、URL を入力できます。

ライセンス:

モバイル作業者は、サイン インして位置のトラッキングを使用するために ArcGIS アカウントの要件を満たす必要があります。

詳細については、「ArcGIS Field Maps へのサイン イン」をご参照ください。

トラッキングの開始

モバイル作業者は、Field Maps モバイル アプリでトラッキング機能のオン/オフを切り替えます。トラッキングがオンになっている間は、アプリを使用しているかバックグラウンドで実行しているかにかかわらず、ユーザーの位置情報が記録され、デバイスがインターネットに接続されているかどうかに関係なく、トラックが収集されます。

注意:

Field Maps は、屋内位置のトラッキングをサポートしていません。 詳細については、「Field Maps では屋内の位置情報は記録されますか」をご参照ください。

Field Maps モバイル アプリでトラッキングを開始するには、次の手順を実行します。

  1. モバイル アプリを開き、サイン インしていない場合は ArcGIS アカウントを使ってサイン インします。
  2. [マップ リスト][マイ トラック] マップ カード切り替えボタンをタップしてトラッキングをオンにし、トラッキング期間を設定します。

    マイ トラック マップ カード

  3. プロンプトが表示されたら、[アプリの使用中のみ許可] をタップして、位置への Field Maps のアクセスを許可します。
  4. プロンプトが表示されたら、[OK] をタップして、物理的活動への Field Maps のアクセスを許可します。

    注意:
    物理的活動への Field Maps のアクセスを許可しないと、位置情報を記録できません。

  5. [マイ トラック] マップ カードをタップしてマップを開きます。 マップに現在地が表示されます。 アカウント プロフィールに画像を含めた場合は、その画像が位置を示すマークに使用されます。

    注意:

    [マイ トラック] マップは、組織のデフォルトのベースマップ セットを使用します。 「ArcGIS Online でのデフォルト ベースマップの設定」または「ArcGIS Enterprise でのデフォルト ベースマップの設定」をご参照ください。

    ヒント:

    [マイ トラック] マップ カードに加えて、以下の方法で位置のトラッキングのオンとオフを切り替えることができます。

    • Field Maps モバイル アプリでマップを表示している時に、GPS バナーをタップして [自分の位置の追跡] 切り替えボタンをタップしてトラッキング期間を設定します。
    • Field Maps リンクを使ってトラッキングをオンにし、期間を設定します。
    • Google アシスタントを使ってトラッキングをオンにし、期間を設定します。

詳細については、「Field Maps モバイル アプリではトラッキングはどのように動作しますか」をご参照ください。

位置の追跡の要求

Field Maps Web アプリを使用して、特定のマップで位置のトラッキングを要求できます。マップで位置のトラッキングが必要な場合、モバイル作業者は、[マップ] リストのマップをタップした後に位置のトラッキングを有効化するよう求められます。 モバイル作業者が位置のトラッキングをオフにしている場合は、位置のトラッキングが必要とされるマップにアクセスすることができなくなります。

位置のトラッキングの手順の提供

  1. 位置のトラッキングの手順のテンプレートのダウンロード
  2. ドキュメントの手順に従ってテンプレートをカスタマイズし、モバイル作業者と共有します。

バッテリー寿命の最適化

Field Maps では、アクティビティ ステータスの監視によって位置をトラッキングしているときに、デバイスのバッテリー寿命が最適化されます。 デバイスが動いている間は、アプリから高精度の位置情報が要求され、アプリに渡されます。デバイスが静止している間は、位置情報要求が停止します。 モバイル デバイスのバッテリー寿命を最大限に最適化するには、デバイスの位置サービス設定で位置の精度を [最高] または [高精度] に設定します。 Samsung Galaxy デバイスを使用している場合、電力モードを [最大] に設定します。

注意:

アクティビティのステータスに関係なく高精度の位置情報が必要な場合は、バッテリーの最適化をオフにします。 [マップ] リストが表示されているときに、[プロファイル] プロファイル をタップします。 [トラッキング] の下で [バッテリーの最適化] 切り替えボタンをオフにします。

トラックのアップロード

ネットワーク接続がある場合、トラックは位置のトラッキング レイヤーに定期的にアップロードされます。 デバイスが電源に接続されている状態で、バッテリーが充電済みかバッテリーが 20% 以上残っている状態で充電中の場合、60 秒ごとにトラックがアップロードされます。 それ以外の状況では、トラックは 10 分ごとにアップロードされます。 この処理は自動的に行われ、ユーザーがアップロードを開始する必要はありません。 最新位置は、デフォルトで 60 秒ごとに更新されます (デバイスの充電状況やバッテリーの状態に依存しません)。 トラックがアップロードされると、72 時間以上経過したトラックはデバイスから削除されます。

モバイル作業者は現在地をオフラインで追跡できます。 トラックがオフラインで記録されている場合、アップロードできるようになるまでデバイス上に制限なく保存されます。 モバイル作業者が接続環境に戻ると、トラックは自動的にアップロードされます。 トラックがアップロードされると、72 時間以上経過したトラックはデバイスから削除されます。 トラックは、アップロードされるまでデバイスから削除されません。

トラックの表示

モバイル作業者は Field Maps モバイル アプリで自分のトラックを表示でき、適切な権限がある管理者や監督員、その他のユーザーは Track Viewer Web アプリを使ってモバイル作業者のトラックを表示できます。

モバイル アプリでのトラックの表示

モバイル作業者は、トラックがデバイスに保存されている限り、Field Maps モバイル アプリで自分のトラックを表示できます。 トラックがアップロードされると、72 時間以上経過したトラックはデバイスから削除されます。 詳細については、「トラックのアップロード」をご参照ください。

[マイ トラック] マップに加え、Field Maps であらゆるマップのトラックを表示できます。 マップでトラックを表示するには、[レイヤー] レイヤー をタップして [マイ トラック] を有効にします。 インターネット接続の有無にかかわらず、デバイス上に保存されたトラックを表示することができます。

すべてのトラックを表示する必要はありません。 [表示オプション] 設定を使用して、表示する時間枠を選択します。 [マイ トラック] レイヤーの [オプション] をタップして、[表示オプション] メニューを開きます。 選択した時間枠は、Field Maps や同じデバイス上の他のモバイル アプリでトラックを表示する際に適用されます。

表示オプション

Field Maps でトラックを表示しているときに、トラックをタップすると当該位置の情報が表示されます。 デバイスで収集した情報に基づいて、トラックが収集された日時、実施していたアクティビティのタイプ、収集時の移動速度、位置の精度および座標が表示されます。 [プロファイル] 設定 標高断面 で座標単位を構成できます。

すべてのトラック ポイントが記録およびアップロードされますが、低品質のポイントはトラック ラインの生成には使用されません。 トラック ラインにすべてのトラック ポイントを含める場合は、スマート レンダリングを無効にすることができます。 スマート レンダリングを無効にするには、[レイヤー]レイヤー をタップして、[マイ トラック] レイヤーの [オプション] をタップします。 スマート レンダリングを無効にするオプションがここに一覧表示されます。

Track Viewer Web アプリでのトラックの表示

モバイル作業者は自身のトラックのみ表示できますが、管理者以外のユーザー (適切な権限を持った監督員やその他のユーザー) も複数のモバイル作業者のトラックを表示できる必要があります。 トラック ビューには、一連のモバイル作業者の最新位置とトラックが含まれています。 位置のトラックの表示権限およびトラック ビューへのアクセス権限が付与されているユーザーは、指定したモバイル作業者のトラックを表示できます。 Track Viewer Web アプリでトラック ビューを作成する方法については、「トラック ビューの作成」をご参照ください。

トラック閲覧者にトラックへのアクセス権限が付与されると、Track Viewer Web アプリや別のマップまたはアプリでトラックを表示できるようになります。Track Viewer では、モバイル作業者の最新位置とトラックの概要が表示され、トラック閲覧者は簡単なフィルタリングと解析を行うことができます。 Track Viewer Web アプリでトラックを表示する方法については、「トラックの表示」をご参照ください。

トラックの使用

モバイル作業者の最新位置と過去の位置履歴の詳細を、他の対象物や情報に関連付けて表示する必要がある場合は、トラックのホスト フィーチャ レイヤー ビューを独自のマップまたはアプリに追加します。トラックを使用して ArcGIS で高度な解析を行うこともできます。 独自のマップやアプリでトラック レイヤーを使用するには、「トラックの使用」をご参照ください。

さらに、トラック カテゴリを使用して、マップ、ダッシュボード、その他のアプリでトラックのシンボル表示とフィルタリングを行うことができます。 詳細については、「Field Maps Web アプリでのトラック カテゴリの追加」をご参照ください。

位置のトラックのセキュリティ

トラックは Field Maps モバイル アプリを使用して収集され、モバイル デバイスの SQLite データベースに保存されます。 記録された各位置は、アプリにサイン インしているユーザーによって作成され、編集情報の記録では、この情報が記録した位置とともに保存されます。 ユーザーが Field Maps モバイル アプリからサイン アウトすると、SQLite データベースは削除されます。 デバイス上でアプリを使用している他のユーザーは、以前のユーザーのトラックにアクセスすることができません。

注意:

位置のトラッキング サービスに対して GDPR などのプライバシー規則に準拠しながらクラウドおよびエンタープライズ GIS を配置する方法の詳細については、「ArcGIS Location Tracking Privacy Best Practices」をご参照ください。

参考資料

ArcGIS Field Maps で位置のトラッキング機能を使用するための追加リソースを以下に示します。