保存、プレビュー、公開

Experience Builder では、エクスペリエンスはプライベートのビルダー環境で作成されます。 変更を保存するとき、エクスペリエンスはドラフト ステータスで保存されます。 ドラフトのエクスペリエンスは、作成者と組織内の管理者権限を持つ他のユーザーにのみ表示されます。 公開とは、エクスペリエンスをドラフト ステータスから公開ステータスに移動し、広く利用者にアプリを共有できるようにするプロセスです。

ビルダー ツールバーのツールを使用して、アプリの試験、改良、保存、プレビューを行い、公開、共有する前にエンドユーザーのエクスペリエンスをテストします。

ヒント:

プレビューは完全なアプリに対して行われ、常にホーム ページが開かれます。 特定のページだけをプレビューする場合、[ページ] パネルで、そのページをホーム ページに一時的に変更し、[保存] をクリックしてプレビューします (プレビューには保存した変更だけが含まれます)。

ビルダー ウィンドウの上部にあるツールバーには、アプリをテストし完成させるための次のオプションがあります。

  • エクスペリエンス アイテムの名前を変更します。
  • ウィジェットのサイズまたは位置を予期せずに変更しないように、レイアウトをロックします。
  • ライブ ビューで対話型のウィジェットをテストします。
  • レイアウトを確認または調整するために、複数の画面サイズでアプリを表示します。
  • 最後のアクションを元に戻したりやり直したりします。
  • 変更を保存したり、保存された構成をすべてテストするためにアプリをプレビューしたり、Web エクスペリエンスを公開および共有したりします。
  • アプリを新しいエクスペリエンスとして保存したり、共有設定を変更したり、公開済みアイテムの詳細を表示または編集したり、公開済みエクスペリエンスのリンクをコピーしたりします。
  • エクスペリエンスを作成して、テンプレートを生成します。

ユーザーが所有する Web エクスペリエンスまたはテンプレートを公開する場合は、データ ソースまたはユーティリティ サービスとしてサブスクリプション コンテンツを追加してウィジェットを接続すると、アカウントを使用してパブリック アクセスを認証するよう求められます。 [公開] をクリックした後に表示される [サブスクリプション コンテンツ] ウィンドウには、該当するデータおよびユーティリティ アイテムのリストと、それぞれのリクエスト制限と間隔を指定するオプションが表示されます。 また、どのデータ ソースとユーティリティ アイテムがプレミアム コンテンツであるかは [クレジット] 列で確認できます。

ヒント:

アプリにデータまたはユーティリティを追加する場合、アイテム カード上および [データ] パネルと [ユーティリティ] パネル内の標準 ArcGIS Living Atlas アイコンを確認することで、データ ソースまたはユーティリティ アイテムがサブスクリプション コンテンツであるかどうかを判断できます。

アプリを公開して共有した後、Experience Builder では、ライブ アプリでのユーザー エクスペリエンスに影響を与えることなく、アプリの更新を編集およびテストできます。Web エクスペリエンスの [ドラフト][公開][未公開] 変更ステータスで、ユーザーがライブ バージョンに引き続きアクセスしている状態で、公開したアプリを修正したり、変更をプレビューしてテストしたりすることができます。 公開したエクスペリエンスに変更を加えると、[保存] をクリックした後、ビルダーのツールバーに [未公開の変更] バッジが表示されます。 最新のアップデートから変更を移動するには、エクスペリエンスを再び公開します。

印刷と印刷プレビュー

プレビュー ウィンドウで、または公開済みアプリの表示中に、ボタン、カード、画像、テキスト ウィジェットに [印刷プレビュー] へのリンクを設定することで、印刷ジョブをプリンターに送信する前に、印刷ジョブの見た目を確認できます。 印刷プレビュー モードでは、画面グループなどの特殊なレイアウトを整理し、アニメーションと自動再生を削除します。


このトピックの内容
  1. 印刷と印刷プレビュー