ユーティリティ サービスの追加

ユーティリティ サービスを使用すると、マップの印刷、住所の特定、ルートの検索など、組織の特定の機能が有効になります。

ユーティリティ サービスの選択

ユーティリティ サービスは、[ユーティリティ サービス] パネルから、サービスの URL を入力するか ArcGIS Online アイテムを選択することで追加できます。 ユーティリティ サービスのアイテムは、自身のコンテンツ、グループ、組織で参照できます。また、ArcGIS Online または ArcGIS Living Atlas of the World を通じてパブリックに共有されているサービスのアイテムを使用できます。

ユーティリティ サービスの追加は、ユーティリティ サービスを使用するウィジェットの構成中に、ウィジェットの設定で [ユーティリティの追加] をクリックすることで行うこともできます。 この方法で追加されたユーティリティ サービスは [ユーティリティ サービス] パネルにも表示され、他のウィジェットの構成時に選択できます。

注意:

個々のユーティリティ サービスの URL またはアイテムは 1 度だけ追加できます。

ArcGIS Experience Builder は、次のタイプのユーティリティ サービスをサポートしています。
  • Geocoding
  • GeoEnrichment
  • Geometry
  • Printing
  • Directions and Routing

ユーティリティ サービスの削除

ユーティリティ サービスは、[ユーティリティ サービス] パネルで削除できます。 ユーティリティ サービスを削除すると、ウィジェットの構成で使用できなくなります。

注意:

ユーティリティ サービスをアプリから削除すると、そのユーティリティ サービスを使用するすべてのウィジェットが影響を受けます。 影響を受けるウィジェットを削除したり、ウィジェットの設定で別のユーティリティ サービスを選択したりできます。

ユーティリティ サービスの詳細

[ユーティリティ サービス] パネルには、アプリに追加したユーティリティ サービスのアイテム カードが表示されます。アイコン付きのラベルは、サービス タイプを区別するのに役立ちます。 その他の詳細を表示するには、カードをクリックしてからリンクをクリックして、サービス ディレクトリ (URL で追加したユーティリティ サービス) またはアイテム ページ (アイテムで追加したユーティリティ サービス) を開きます。 カードに表示される名前は、アプリとより関連性の高い名前に変更できます (ユーティリティ サービスは変更されません)。 各カードは、関連するウィジェットの数を示します。

ユーティリティ サービスの使用

アプリに追加したユーティリティ サービスは、どのように追加したかに関係なく、そのアプリ内のすべてのサポートされているウィジェットで使用できます。 1 つのウィジェットで使用されているユーティリティ サービスは、他のウィジェットでも再利用できます。

ユーティリティ サービスを使用するウィジェットの構成パネルには、次の設定が含まれます。

  • [ユーティリティの選択] - 組織の設定で指定したか [ユーティリティ サービス] パネルで追加したロケーターが表示されます。 そのウィジェットでサポートされているユーティリティ サービスのタイプのみがリストされます。
  • [検索] - ユーティリティ サービスのリストをフィルター処理します。

ユーザーが所有する Web エクスペリエンスまたはテンプレートを公開する場合は、ユーティリティ サービスとしてサブスクリプション コンテンツを追加すると、アカウントを使用してパブリック アクセスを認証するよう求められます。

登録者のコンテンツがあるアプリを公開する方法の詳細