エレメントの構成

エレメントをダッシュボードに追加した後に、そのエレメントを構成する必要があります。 ダッシュボードにエレメントを追加すると、そのエレメントの構成ウィンドウが表示されます。 エレメントの構成は、[レイアウト] パネルで、エレメントの横の [オプション] ボタン Options をクリックして [構成] をクリックするか、ダッシュボード上のエレメントの上にポインターを置き、[構成] ボタン Configure をクリックして開くこともできます。 構成の正確な情報は、エレメントごとに異なります。 以下のトピックでは、一般的な構成情報について説明します。 エレメントに固有の構成の詳細については、ヘルプでそのエレメントのトピックをご参照ください。

多くのエレメントは、多数の構成設定を持っているため、それらを 1 つの画面に収めることが困難です。 この場合には、一連のタブが構成ウィンドウに表示されます。 各タブには、そのエレメントの構成の特定の側面に対応するオプションが含まれています。 次の画像は、シリアル チャート[データ] タブが開いた状態の構成ウィンドウを示します。

エレメント構成の例

注意:

エレメントが、必要なすべての構成情報を取得するために複数のタブを必要としない場合、タブは表示されません。 たとえば、ヘッダーサイドバー、およびリッチ テキストにはタブがありません。

さまざまなタブ上の設定を理解するために、エレメントがタイトル領域、視覚化用の領域、および説明領域という 3 つの異なる領域 (下の図では、それぞれ 1、2、および 3 というラベルが付けられている) を持っていると考えてください。 タイトル領域および説明領域は、[一般] タブで構成されます。 視覚化領域は、[データ] タブ (該当する場合) および表示された任意のその他のエレメント固有のタブで構成された設定に基づきます。

エレメントの領域

一般設定

多くの場合、エレメントの一般設定が [一般] タブに表示されますが、すべてのエレメントがタブを持っているとは限りません。 最も一般的な設定は次のとおりです。

  • [名前] - 各エレメントがダッシュボードに追加されるときに、そのエレメントに名前が割り当てられます。 ダッシュボードがデータの静的な表現になる場合は、デフォルト名のままにすることができます。 ただし、ダッシュボードがより対話的な操作を提供する場合は、解釈しやすい名前を割り当てると、ダッシュボードのアクションの構成が簡単になります。
  • [タイトル] - タイトルまたはその他の役立つ情報を配置するための、エレメントの上部にある領域。 この情報はリッチ テキストとして構成されます。 詳細については、「HTML の効果的利用」をご参照ください。 タイトルが指定されない場合、データの視覚化によってこの領域を占めることができます。 タイトルがエレメントの高さの 30% よりも大きい場合、スクロール バーが表示されます。 多くのテキストを追加する必要がある場合は、代わりにリッチ テキスト エレメントを使用して、それを構成されているエレメントとグループ化することを検討してください。
  • [説明] - 役立つ情報を配置するための、エレメントの下部にある領域。 この情報はリッチ テキストとして構成されます。 詳細については、「HTML の効果的利用」をご参照ください。 説明が指定されない場合、データの視覚化によってこの領域を占めることができます。 説明がエレメントの高さの 30% よりも大きい場合、スクロール バーが表示されます。 多くのテキストを追加する必要がある場合は、代わりにリッチ テキスト エレメントを使用して、それを構成されているエレメントとグループ化することを検討してください。
  • [最終更新の表示] - エレメントのレイヤーが最後に更新された時間を表示します。 有効である場合、これはエレメントの説明領域の下隅に常に表示されます。
  • [データのダウンロード] - データ ドリブン エレメントで、ユーザーがエレメントで利用されるデータをダウンロードできるようにします。
  • [データなし] - データ ドリブン エレメントで、エレメント上にレンダリングするデータがない場合に表示されるラベルを選択して構成します。 デフォルトでは、この状態のエレメントには No Data ラベルが表示されます。
  • [選択なし] - [フィルター処理時のみレンダリング] オプションを使用して、選択が行われているときにのみレンダリングするようエレメントが構成されている場合は、レンダリング前にエレメントがどのように表示されるかを選択して構成します。 デフォルトでは、この状態のエレメントには [1 つ以上のエレメントに対して選択セットが必要です] ラベルが表示されます。

データの設定

ダッシュボードのほとんどのエレメントはデータ ドリブンであり、エレメントの構成の最初のステップとして、データ ソースを選択することを必要とします。 マップ エレメントの場合、Web マップを選択するよう求められます。 インジケーターゲージリスト詳細などのその他のエレメントの場合、レイヤーまたはデータ式を選択するよう求められます。

ヒント:

他のエレメントをダッシュボードにすでに追加している場合は、そのエレメントのデータ ソースが、新しいエレメントを追加する際に選択できるオプションとして表示されます。 たとえば、マップ エレメントをすでに追加している場合は、そのマップ エレメントの操作レイヤーが、他のエレメントを追加する際に使用可能なデータ ソースとして表示されます。

データ ドリブン エレメントを構成する場合、[データ] タブを使用できます。 このタブで、データ ソースを変更し、フィルターを適用して構成することができます。 フィルターを適用することもできます。 一部のエレメント タイプには、エレメント固有のデータ設定もあります。 たとえば、インジケーター エレメントとゲージ エレメントのどちらにも、実行時にある計測単位から別の計測単位に値を変換するために使用される [値の変換] 設定があります。

エレメントを構成したら、プレビュー エリアの視覚化をプレビューすることができます。 データ駆動型のエレメントでは、プレビュー エリア内の [データ テーブル] をクリックして、データ ソースの属性テーブルを展開できます。


このトピックの内容
  1. 一般設定
  2. データの設定