新機能

ArcGIS Instant Apps の 2022 年 11 月の更新には、以下に示す新しい機能および機能拡張が含まれています。 詳細については、「Instant Apps の新機能」のブログ記事をご参照ください。

Instant Apps ホーム

  • [マイ アプリ] タブにサイド パネルのフィルターが含まれるようになり、特定のテンプレートから作成されたアプリを検索したり、共有レベルに基づいてアプリをフィルタリングしたりすることができるようになりました。 組織の他のメンバーが作成したアプリを表示することもできます。 使用されるソース コンテンツとテンプレートに加えて、アプリ カードは、ユーザー プロファイルにリンクされているアイテム所有者も示すようになりました。
  • [マップの選択] ウィンドウにその他のアイテム詳細が表示されるようになり、アプリに適したマップまたはシーンを選択するのに役立つアイテム ページを表示するリンクが含まれるようになりました。必要に応じて、各テンプレートのサンプル アプリを表示できるように選択したコンテンツを解除することもできます。

構成

  • アプリのツール オプションを比較するドキュメントの機能比較表や、主要なアプリ固有の設定を説明および案内する構成の [はじめに] パネルのアプリ内メッセージなど、アプリの選択と構成に役立つガイダンスをさらに利用できます。
  • 構成パネルには、アプリのコピーを保存するための新しいボタンがあります。
  • 検索ツールをアプリに含めて、すべての検索ソースを使用するように設定すると、プレースホルダー テキストやズーム縮尺など、他の設定を構成できるようになりました。
  • 概要や説明などのテキストを提供できるアプリの設定の場合、コンテンツを表示および処理するスペースをさらに確保するように、リッチ テキスト エディターが吹出しウィンドウに開きます。
  • 大多数のテンプレートでさらに多くのテーマ設定を利用できます。 ダーク モード専用に設計された新しい設定済みのテーマを使用してアプリのスタイルを設定できます。 アプリ全体で、ヘッダーと他のテキスト エレメント (ボタン、ツール、メニュー、ポップアップ、説明など) にそれぞれ別のフォントを使用できるようになりました。 ロゴをヘッダーに追加するときに、3 つのサイズから選択できます。

テンプレート

  • 差し込み (ベータ版) は新しいテンプレートです。定義済みのレイアウトのリストから選択するか、マップのブックマークを使用するオプションにより差し込み位置をカスタマイズして、1 つのアプリ レイアウト内に不連続な地理的位置を表示します。 これは、一度に複数の場所にあるレイヤーのデータを表示して操作する場合に適しています。
  • (3D ビューアーメディア マップサイドバーの) [レイヤー リスト] 設定で属性テーブルを表示するオプションを追加した場合、ユーザーはレコードを CSV ファイルとしてエクスポートできるようになりました。
  • (3D ビューアー展示メディア マップサイドバーに) [計測] ツールを含めた場合、ユーザーは座標を検索して変換できるようになりました。
  • 3D ビューアーに、時間対応のデータを構成するオプションと、カバー ページを追加するオプションが追加されました。
  • チャート ビューアーに、マップで選択されたフィーチャに対応するチャート選択を表示する新しいマップ選択ツールが追加されました。 デフォルトで開かれるチャート凡例を設定することもできます。
  • 展示には、スライド構成ウィンドウを離れることなく複数のスライドを作成および編集するための効率化されたオプションがあります。 現在のスライドを複製するか、次へボタンと前へボタンをクリックして、変更を自動的に保存しながら、他のスライドを編集することで時間を節約できます。 使いやすくするために、一方でマップ設定にアクセスし、もう一方でスライド設定にアクセスできます。 新しいプレビュー ボタンを使用すると、構成したスライドを全画面表示したいときに設定パネルを非表示にすることができます。
  • [近傍] に、マップで選択されているフィーチャをハイライト表示するための塗りつぶし色とアウトライン色を選択する新しいオプションが追加されました。
  • ポートフォリオに、セクション情報を非表示にする新しいオプションが追加されました。 Map Viewer または Scene Viewer でマップを開くためのデフォルトのリンクを非表示にしたり、アイテム詳細から利用条件を除外したりできます。 セクションを移動するための次へボタンと前へボタンを非表示にすることもできます。
  • サイドバーに、選択フィーチャのズーム縮尺を設定する新しいオプションが追加されました。 編集ツールを使用して、スナップ設定を表示または非表示にできるようになりました。
  • スライダーを使用すると、複数のレイヤーからフィールドを選択して、関連する数値データを同時にアニメーション表示できます。 マーカーとラベルを除外することで、タイム スライダーの外観を簡素化することもできます。
  • ゾーン ルックアップに、選択されている結果フィーチャをマップに表示し、他のフィーチャを非表示にする新しいオプションが追加されました。 マップで選択されているフィーチャをハイライト表示するための色を選択することもできます。 検索実行後に結果を表示するマップの縮尺を設定して、デフォルトのマップの縮尺を無効化できるようになりました。 新しい空間リレーションシップの設定を使用して、ゾーンまたは描画されたエリア内でポリゴン フィーチャまたはライン フィーチャを検索する方法を選択できます。