Insights をサポートするために ArcGIS Online を構成

ユーザーが ArcGIS Insights in ArcGIS Online にアクセスするには、ArcGIS Online 組織アカウントが必要です。管理権限を持つユーザーのみが ArcGIS Online 組織を構成できます。

設定の要件

ArcGIS Online アカウントを設定したら、Insights in ArcGIS Online にアクセスして使用するために必要なロール、権限、およびユーザー タイプが組織のユーザーに付与されていることを確認します。

ユーザーは、次を必要とします。

  • Insights AnalystCreator、または GIS Professional ユーザー タイプ。
  • データの追加、可視化の作成、空間解析の使用のための公開者もしくは管理者ロール、またはそれと同等のカスタム ロール。
  • アカウントに適用された Insights ライセンス。Insights Analyst ユーザー タイプには、Insights ライセンスが含まれています。

詳細については、「Insights in ArcGIS EnterpriseInsights in ArcGIS Online の管理」をご参照ください。

Insights 機能向けの重要な設定

これらの構成設定は必須ではなく、組織のメンバーがデータをジオコーディングしたり、地域に適したマップ (およびその範囲) を使用したりできるようにします。

ユーティリティ サービスの構成

ユーティリティ サービスは、ArcGIS Online 組織の特定の機能 (ユーティリティ サービスに依存する解析の実行など) を利用するために必要です。ユーティリティ サービスは ArcGIS Online でデフォルトで有効になっていますが、自分の組織のニーズに合わせて構成することもできます。各ユーティリティ サービスと各サービスでサポートされている Insights の機能を次の表に示します。

オプション説明

ジオコーディング

ユーザーが住所を指定して、位置情報をデータセットに追加できるようにします。ユーザーの手順については、「データの位置の有効化」をご参照ください。

ジオメトリ

[バッファー/到達圏] で、ディゾルブされた境界を使用可能にします。

ルート検索

[最寄りの検索] を有効にします。

ジオエンリッチメント

ユーザーが [データへの情報付加] を使用して、場所またはエリアに人口統計情報を追加できます。

移動モードの構成

ユーザーが [バッファー/到達圏] で、徒歩時間やトラック輸送距離などの交通手段を指定できるようにします。

デフォルトの地域の指定

デフォルトの地域を指定して、デフォルトのマップ範囲を制御します。

Living Atlas コンテンツの構成

ArcGIS Living Atlas of the World登録者のコンテンツは、組織のサブスクリプションの一部として、組織のすべてのメンバーが利用できます。プレミアム Living Atlas コンテンツは、適切なロールと権限を持つユーザーのみが使用できます。

バッチ ジオコーディング

複数の住所に対して位置の有効化を行うために、組織で利用するジオコーダーはバッチ ジオコーディングをサポートしている必要があります。ArcGIS World Geocoding ServiceArcGIS Online 組織アカウントから入手可能で、バッチ ジオコーディングの実行に使用できます。組織のカスタム バッチ ジオコーダーを構成することもできます。詳細については、「ユーティリティ サービスの構成」をご参照ください。

メモ:

ArcGIS World Geocoding Service を使用した位置を有効化するには、クレジットが使用されます。

リソース

Insights の管理およびアクセスの詳細については、次のリソースをご参照ください。