URL パラメーターでのアクションの構成

URL パラメーター でのアクションは、[ダッシュボードの設定] ウィンドウを用いて構成します。[ダッシュボードの設定] ウィンドウを開くには、[設定] ボタンをクリックします。

[ダッシュボードの設定] ボタン

構成できるアクションのタイプは、URL パラメーターに設定した構成オプションと、ダッシュボードのターゲット エレメントに設定された構成オプションによって決定されます。以下のセクションでは、可能なアクションの概要を説明しますが、微妙な違いがあります。特定のパラメーターとターゲットのペアが示されていない場合、そのタイプの操作を行うことはできません。ダッシュボードの構成中にパラメーターとターゲットのペアが使用できない場合は、一般的には可能であるものの、ターゲット エレメントの構成に微妙な違いがあるためアクションを実行できないことを意味しています。

メモ:
URL パラメーターは、すべてのダッシュボード エレメントを追加および構成した後に追加することをお勧めします。

カテゴリ パラメーター

カテゴリ パラメーターでのアクションを構成するには、次の手順に従います。

  1. [設定] ダイアログ ボックスの [URL パラメーター] タブで、[URL パラメーターの追加] をクリックして、[カテゴリ パラメーター] をクリックします。
  2. [ラベル] テキスト ボックスを設定して、[データ タイプ][演算子] の値を選択します。
  3. [ターゲットの追加] をクリックして、ターゲット エレメントをクリックします。
  4. ターゲット エレメントの [ターゲット フィールド] を選択します。
  5. 各ターゲットについて、ステップ 3 ~ 4 を繰り返します。

    カテゴリ パラメーターでは、以下のアクションを構成して発生させることができます。

    パラメーター タイプ可能なアクションターゲット エレメントターゲット サブエレメント

    カテゴリ

    フィルター (属性)

    マップの操作レイヤー

    リスト

    詳細

    シリアル チャート

    パイ チャート

    インジケーター

    参照情報

    ゲージ

    最小値

    最大値

    埋め込みコンテンツ

    カテゴリ セレクター

    数値セレクター

    最小値

    最大値

数値パラメーター

数値パラメーターでのアクションを構成するには、次の手順に従います。

  1. [設定] ダイアログ ボックスの [URL パラメーター] タブで、[URL パラメーターの追加] をクリックして、[数値パラメーター] をクリックします。
  2. [名前] テキスト ボックスを設定して、[値のタイプ][演算子] の値を選択します。
  3. [ターゲットの追加] をクリックして、ターゲット エレメントをクリックします。
  4. ターゲット エレメントの [ターゲット フィールド] を選択します。
  5. 各ターゲットについて、ステップ 3 ~ 4 を繰り返します。

    数値パラメーターでは、以下のアクションを構成して発生させることができます。

    パラメーター タイプ可能なアクションターゲット エレメントターゲット サブエレメント

    数値

    フィルター (属性)

    マップの操作レイヤー

    リスト

    詳細

    シリアル チャート

    パイ チャート

    インジケーター

    参照情報

    ゲージ

    最小値

    最大値

    埋め込みコンテンツ

    カテゴリ セレクター

    数値セレクター

    最小値

    最大値

日付パラメーター

日付パラメーターでのアクションを構成するには、次の手順に従います。

  1. [設定] ダイアログ ボックスの [URL パラメーター] タブで、[URL パラメーターの追加] をクリックして、[日付パラメーター] をクリックします。
  2. [名前] テキスト ボックスを設定して、[データ タイプ][値のタイプ] および [演算子] の値を選択します。
  3. [ターゲットの追加] をクリックして、ターゲット エレメントをクリックします。
  4. ターゲット エレメントの [ターゲット フィールド] を選択します。
  5. 各ターゲットについて、ステップ 3 ~ 4 を繰り返します。

    日付パラメーターでは、以下のアクションを構成して発生させることができます。

    パラメーター タイプ可能なアクションターゲット エレメントターゲット サブエレメント

    日時

    フィルター (属性)

    マップの操作レイヤー

    リスト

    詳細

    シリアル チャート

    パイ チャート

    インジケーター

    参照情報

    ゲージ

    最小値

    最大値

    埋め込みコンテンツ

    カテゴリ セレクター

    数値セレクター

    最小値

    最大値

フィーチャ パラメーター

フィーチャ パラメーターでのアクションを構成するには、次の手順に従います。

  1. [設定] ダイアログ ボックスの [URL パラメーター] タブで、[URL パラメーターの追加] をクリックして、[フィーチャ パラメーター] をクリックします。
  2. [変更] ボタンをクリックして、パラメーターのデータ ソースを選択または変更します。
  3. [名前] テキスト ボックスを設定して、[一意の ID フィールド] を選択します。
  4. [アクションの追加] をクリックして、目的のアクションのタイプをクリックします。
  5. 選択したアクション タイプで、[ターゲットの追加] をクリックします。選択したターゲットのタイプに応じて、要求された残りの情報を設定します。
  6. 各ターゲットについて、ステップ 5 を繰り返します。
  7. 各アクションについて、ステップ 4 ~ 6 を繰り返します。

    フィーチャ パラメーターでは、以下のアクションを構成して発生させることができます。

    パラメーター タイプ可能なアクションターゲット エレメントターゲット サブエレメント

    概要

    ズーム

    マップ

    移動

    点滅

    ポップアップの表示

    フィーチャに追従

    フィルター (属性または空間)

    マップの操作レイヤー

    リスト

    詳細

    シリアル チャート

    パイ チャート

    インジケーター

    参照情報

    ゲージ

    最小値

    最大値

    埋め込みコンテンツ

    カテゴリ セレクター

    数値セレクター

    最小値

    最大値

ジオメトリ パラメーター

ジオメトリ パラメーターでのアクションを構成するには、次の手順に従います。

  1. [設定] ダイアログ ボックスの [URL パラメーター] タブで、[URL パラメーターの追加] をクリックして、[ジオメトリ パラメーター] をクリックします。
  2. [名前] テキスト ボックスを設定して、[値のタイプ] を選択します。
  3. [アクションの追加] をクリックして、目的のアクションのタイプをクリックします。
  4. 選択したアクション タイプで、[ターゲットの追加] をクリックします。選択したターゲットのタイプに応じて、要求された残りの情報を設定します。
  5. 各ターゲットについて、ステップ 4 を繰り返します。
  6. 各アクションについて、ステップ 3 ~ 5 を繰り返します。

    ジオメトリ パラメーターでは、以下のアクションを構成して発生させることができます。使用できるオプションは、選択した [値のタイプ] ([ポイント] または [範囲]) によって異なります。

    パラメーター タイプ可能なアクションターゲット エレメントターゲット サブエレメント

    ジオメトリ (ポイント)

    ズーム

    マップ

    移動

    点滅

    ジオメトリ (範囲)

    範囲の設定

    マップ

    フィルター (空間)

    マップの操作レイヤー

    リスト

    詳細

    シリアル チャート

    パイ チャート

    インジケーター

    参照情報

    ゲージ

    最小値

    最大値

    埋め込みコンテンツ

    グループ化された値からのカテゴリ

    数値セレクター

    最小値

    最大値