Skip To Content
 

スマートな作業員の管理が簡単な操作で調整可能

Workforce for ArcGIS は、現場でもオフィスでも共通のビューを使用できます。人員を適材適所に配置し、正しいツールを使用して、業務の遂行を確実にします。オフィスで Web アプリを使用して作業を作成し、モバイル作業者に割り当てたら、今度は、モバイル作業者が、モバイル アプリを使用して個人の To Do リストの作業に取り組むことができます。
プロジェクト所有者
プロジェクト所有者

Workforce プロジェクトを作成および構成して、アサインメント タイプとユーザー ロールを定義します。スクリプトを使用すると、アサインメントの作成、サードパーティ システムとの連携、その他の高度な管理タスクの実行を自動化することができます。

ディスパッチャー
ディスパッチャー

作業を振り分け、管理します。アサインメントを作成してモバイル作業者に送信すると同時に、作業者を追跡します。

詳細
モバイル作業者
モバイル作業者

モバイル デバイス上で各自の To Do リストの作業に取り組みながら、アサインメントを完了し、新たな作業の受信時に通知を受けます。他の Esri アプリとの統合により、作業効率が向上し、ディスパッチャーがリアルタイムで更新されます。

詳細

最初に実行すべきこと

最初のプロジェクトの作成
最初のプロジェクトの作成

プロジェクト所有者は、Workforce プロジェクトを作成して、アサインメント タイプを定義し、ユーザーにディスパッチャー ロールとモバイル作業者ロールを割り当てます。

詳細
最初のアサインメントの作成
最初のアサインメントの作成

作業の開始前に、ディスパッチャーは、アサインメントを作成し、着手すべき作業の優先順位付けと分類を行います。

詳細
最初のアサインメントの割り当て
最初のアサインメントの割り当て

ディスパッチャーは、作業をモバイル作業者に割り当て、それらのタスクと期限について作業者に通知します。

詳細
最初のアサインメントの完了
最初のアサインメントの完了

モバイル作業者は、スマートフォンやタブレットを使用して、自分に割り当てられている作業を追跡し、取り組んでいるタスクについて報告します。

詳細

Workforce とつながる

Esri のブログを読む その他の記事

会話に参加する その他の会話

高度な演習の実施

ArcGIS で実際の問題を解決する演習を検索および実施します。

トレーニング コースの検索

インストラクター主導型コース、Web コース、セミナーを通じて ArcGIS の詳細を学びます。

テクニカル サポート

チャット、電子メール、または電話で Esri Support に問い合わせます。

システム状態のチェック

ArcGIS Online のステータスを確認して、問題を報告します。