Skip To Content

可視解析ウィジェット

可視解析ウィジェットは、指定された距離、観測点の高さ、および視野に基づいて、観測点から見えるものを特定します。

ライセンス:

このウィジェットをアプリに含める場合は、エンド ユーザーが「このウィジェットの使用」セクションで説明した必要な権限を持っていることを確認します。

可視解析ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックして、ウィジェットを自動的に開くオプションをオンにします (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこの設定を行うことができます)。

  1. ウィジェット上にマウス ポインターを合わせて、[このウィジェットを構成] ボタン このウィジェットを構成 をクリックして、構成ウィンドウを開きます。
    注意:

    最初にウィジェットをアプリに追加する必要がある場合は、[ウィジェット] タブのウィジェット プレースホルダーをクリックします。 表示される [ウィジェットの選択] ウィンドウで、ウィジェットを選択し、[OK] をクリックします。

  2. このウィジェットのデフォルト アイコンを変更する場合は、[ウィジェット アイコンの変更] をクリックします。

    ファイル エクスプローラー ウィンドウが表示され、ウィジェット アイコンとして使用するローカル イメージ ファイルをアップロードできます。

  3. [URL] テキスト ボックスで、組織サイトの URL を指定して、ツールが標高サービスを利用できるようにします。
  4. 必要に応じて、次の観測点設定のデフォルトの値と単位を変更します。
    • [角度のデフォルトとしてミルを設定] (デフォルト単位は「度」)
    • デフォルトの観測点の高度
    • [デフォルトの観測点の高度単位] (デフォルトの単位は「メートル」)
    • デフォルトの最短観測距離
    • デフォルトの最長観測距離
    • [デフォルトの観測距離単位] (デフォルトの単位は「キロメートル」)
  5. [結果の操作レイヤーを選択] で、現在の Web マップのポリゴン フィーチャ レイヤーのリストの中から、結果を保存するレイヤーを選択します。
    注意:

    リストには、組織のレイヤーのみが含まれます。 マップで他の組織のポリゴン フィーチャ レイヤーが使用されている場合は、リストには表示されません。

  6. [設定] をクリックします。
  7. [OK] をクリックして、[可視解析の構成] ダイアログ ボックスを閉じます。

可視解析ウィジェットの使用

このウィジェットを使用して放射状見通し線 (RLOS) 解析を実行する方法について説明します。

注意:

可視解析ウィジェットは CreateViewshed モジュールを使用し、少なくとも公開者権限が必要です。 このツールを使用すると、クレジットが消費されます。

可視解析ウィジェットを使用した RLOS 解析の作成

ユーザー定義のポイントまたは表示設定パラメーターから RLOS 解析を実行できます。

  1. [観測点] テキスト ボックスに座標を指定し Enter キーを押して観測点を設定するか、[観測点の追加] ボタン 観測点の追加 をクリックして対話形式でポイントを選択します。
  2. 必要に応じて、[入力の書式設定] ボタン 入力の書式設定 をクリックして、[座標形式の文字列の設定] ダイアログ ボックスを開きます。
  3. 必要に応じて、[視野] リングの中心にある数値をダブルクリックして、角度を入力し、視野の幅を指定します。

    その角度に対応するリングのセグメントが緑色になり、観測点の視野を示します。残りのリングは赤色になります。 角度を設定しない場合、ウィジェットは 360 度の完全な視野を使用します。

  4. [視野] コントロールの緑色のセグメントをクリックおよびドラッグして、観測点の視野の中心の方位を指定します。

    視野をドラッグすると、方位の角度が表示されます。

  5. デフォルトで、角度は度単位で計測されます。 必要に応じて、右側の切り替えボタンをクリックして角度にミルを使用して、[視野] に新しい値をミル単位で入力します。
  6. [観測点の高度] に値を入力し、ドロップダウン メニューを使用して計測単位を設定します。
  7. [最小観測距離] に値を入力し、ドロップダウン メニューを使用して計測単位を設定します。
  8. [最大観測距離] に値を入力します。
  9. [作成] をクリックします。
  10. 必要に応じて、[消去] をクリックして、結果を消去します。