Skip To Content

ルート案内ウィジェット

ルート案内ウィジェットは、2 つ以上の地点間のターンに基づくルート案内をすばやく効果的に算出する機能を提供します。 このウィジェットでは、ネットワーク ルート サービスとジオコーダー サービスの両方が使用されます。

ライセンス:

このウィジェットをアプリに含める場合は、エンド ユーザーが「このウィジェットの使用」セクションで説明した必要な権限を持っていることを確認します。

ライセンス:

ArcGIS Online のネットワーク解析サービスとリアルタイムの交通のマップ サービスを使用するには、ArcGIS Online 組織サブスクリプションが必要です。 これらのサービスを使用するように設定するには、ArcGIS Online 用の有効なユーザー名とパスワードを指定します。 このサービスに対するリクエストに成功するたびに、サブスクリプションからクレジットが消費されます。 また、ArcGIS Server ネットワーク解析サービスを所有している場合は、URL を指定することもできます。

ヒント:

セキュアなサービス アイテムを (たとえば、パブリックな Web アプリの一部として) 一般ユーザーと共有する場合は、一般ユーザーがアプリにアクセスする際にログインを要求されないように、認証情報をアイテムと一緒に格納します。詳細については、ArcGIS Server Web サービス」をご参照ください。

ルート案内ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックして、ウィジェットを自動的に開くオプションをオンにします (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこの設定を行うことができます)。

  1. 構成プロパティ ダイアログ ボックスを開くには、[検索ソースの設定] または [ルート検索の設定] を選択します。

    デフォルトでは、次の URL は、組織または Portal for ArcGIS のユーティリティ サービスから取得されます。

    • [検索ソースの設定] - ジオコーダー
    • [ルート検索の設定] - ルート、移動モード、交通量レイヤー

    移動モードと交通レイヤーの URL はオプションです。 移動モードの URL を指定しないと、このウィジェットの使用時に、ルートの URL が設定されたデフォルトの移動モードが表示されます。 交通量レイヤーの URL を指定しないと、このウィジェットの使用時に、交通量オプションが表示されません。

    ヒント:

    [移動モードの URL] テキスト ボックスと [交通量レイヤーの URL] テキスト ボックスで使用不可になっているサンプル URL を使用すると、デフォルトの移動モードと交通量レイヤーを有効にすることができます。

  2. ヒント:

    ルート案内ウィジェットをパブリックにアクセス可能にする方法については、「サブスクリプション コンテンツへのアクセス」をご参照ください。

  3. [検索ソースの設定] を更新します。 これらのオプションのデフォルト値はサービスから取得されます。
    1. [追加] - その他のジオコーダー URL またはフィーチャ レイヤーを追加できます。
    2. [ジオコーダー名] - ジオコーダー サービスの名前を指定します。

      このフィールドをカスタマイズするオプションがあります。

    3. [プレースホルダー テキスト] は、テキストが何も入力されていない場合に住所検索テキスト ボックスに表示されます。

      このフィールドをカスタマイズするオプションがあります。

    4. [検索フィールド] - 検索に使用する必要なフィールドを選択します。
    5. [表示フィールド] - 検索に使用する必要なフィールドを選択します。
    6. [国コードまたは地域コード] - 検索する地域を定義できます。

      この値を空白のままにすると、すべての国および地域を検索します。

    7. [最大候補数] には、ジオコーダー サービスから返される候補地の数を指定します。
    8. [ローカル検索の有効化] - 検索する最小のマップ縮尺を定義できます。 半径を追加してこの検索を定義することもできます。
    9. 必要に応じて、[現在のマップ範囲内のみを検索] チェックボックスをオンにして、マップ範囲内の検索を定義します。
    10. [オート コンプリート] をオンにすると、ジオコーダー サービスを検索して、考えられる住所が検索テキスト ボックスに自動的に入力されます。
    11. [検索の遅延] を使用して、最後のキーを押してから候補地のリストが更新されるまで UI の一時停止時間を指定します。
    12. [最小文字数] には、候補地の検索に必要な最小文字数を指定します。

    注意:

    ジオコーダーやフィーチャ レイヤーなどの検索ソースは、左側のパネルで再配置または削除できます。ただし、ルート案内ウィジェットのルートを取得するために、少なくとも 1 つのジオコーダーが存在する必要があります。

  4. [ルート検索設定] を更新します。 これらのオプションのデフォルト値はサービスから取得されます。
    1. [ルート案内の言語] には、表示言語コードを指定します (たとえば、米国英語の場合は en_US、ドイツ語の場合は de_DE)。 指定したロケール (使用可能な場合) で出力がカスタマイズされます。
    2. [ルート案内の長さの単位] には、ルート案内の距離の計算時に使用される計測単位を指定します。
    3. [インピーダンス属性] には、インピーダンスに使用されるネットワーク属性を指定します。 たとえば、最速ルートの場合は [時間] に設定し、最短運転時間の場合は [長さ] に設定します (サービスでこれらの属性が有効になっている場合)。 空の配列の場合は、デフォルト値がサービスのデフォルト値に設定されます。
    4. [ストップの事前設定] - テキスト ボックスに住所または場所を入力して、開始地点と終了地点を事前設定します。
    5. [バリア レイヤー] - ポイント、ライン、ポリゴン レイヤーを設定します。
      注意:

      ルート検索サービスには、バリアの最大数に関する制限があります。 カスタム バリア レイヤーを追加すると、この最大数を超える可能性があります。

  5. [OK] をクリックして、ダイアログ ボックスを閉じます。

ルート案内ウィジェットの使用

注意:

ArcGIS Online ネットワーク解析サービスを使用すると、クレジットが消費されます。 ネットワーク解析を実行する権限を持っている組織サイトにサイン インしていることを確認します。

ルート案内ウィジェットを開くには、ポップアップの [ルートを開く] ボタンをクリックします。ここで、解析ウィジェットから [ルートの計画] ツールにより、ルートが生成されます。 [ルートの計画] ツールを実行するときに、[ルート レイヤーを含む] チェックボックスがオンになっていることを確認してください。

  1. ルート案内アイコンをクリックして、ルート案内ウィジェットを開きます。
  2. 事前設定されていない場合は、出発地と目的地を入力します。
    • これらのフィールドに住所を入力します。構成によっては、住所、場所、フィーチャ レイヤーのフィールド名が自動検出されることがあります。
    • 目的地を追加するには、アイコン マップをクリックして目的地を追加 をクリックして操作を有効にしてから、マップをクリックします。
  3. 必要に応じて、[出発地と目的地を入れ替え] ボタンをクリックして、出発地と目的地の順序を変更します。
  4. 必要に応じて、目的地をさらに追加するために、[追加] をクリックします。マップ上でそれぞれの目的地をドラッグすることもできます。 目的地が 3 か所以上ある場合は、[出発地と目的地を入れ替え] ボタンが表示されません。
  5. 必要に応じて、バリア アイコンをクリックし、マップ上でラインまたはポリゴンの描画を開始して、バリアを作成します。
  6. 必要に応じて、ドロップダウン リストから移動モードを選択します。 デフォルト モードは [運転時間] です。

    移動モード

  7. 指定の移動モードが時間ベースであり、ライブ交通量データ ([運転時間] など) に対応している場合は、[今すぐ移動] または [出発時間] のどちらかの出発オプションを選択します。 [出発時間] を選択した場合は、出発の日付と時刻を選択します。 出発時間は、出発地のタイム ゾーンで設定されます。
  8. [オプション] をクリックして、他のオプションも表示します。 [スタートに戻る] チェックボックスをオンにすると、往復のルートが作成されます。 使用可能な場合は、[交通状況の表示] チェックボックスをオンにして、ルートの合計時間の計算でリアルタイムの交通状況を考慮します。 [MI] (マイル) と [KM] (キロメートル) を切り替えて、生成された一連のルート案内で距離を報告する場合に使用される単位を指定します。
  9. [ルート案内の取得] をクリックします。

    ルートが表示されるようにマップが更新され、ルート案内ウィジェットにルート案内が表示されます。

  10. ルート案内リスト内の各ターンは対話形式です。 ターンをクリックして、マップ上の地点に画面移動します。 マップ上でそのターンに通じるルートもハイライト表示されます。

    ターンがハイライト表示されたルート案内

  11. [印刷] ボタン 印刷 をクリックすると、ルート案内が印刷用の新しいウィンドウで開きます。
  12. マップ上に現在表示されている一連のルート案内を消去するには、[ルート案内の取得] の横にある [消去] をクリックします。