テーブルおよび名前付き範囲

ArcGIS Maps for Office では、[データの追加] ウィザードで使用するワークブック内のテーブルと名前付き範囲が自動的に検出されます。ワークブックにテーブルまたは名前付き範囲がない場合、セルの範囲を手動で指定して、[スプレッドシートのデータの追加] ウィザードで使用できます。スプレッドシートにテーブルまたは名前付き範囲が含まれている場合、[Excel からデータの追加] ウィンドウで、現在の選択セットに従ってそのテーブルまたは名前付き範囲が自動的に設定されます。

データを、マップに追加する前にテーブルに変換することを強くお勧めします。スプレッドシート データを Excel テーブルに変換すると、ArcGIS Maps for Office でテーブルに情報の新しい列を追加できるようになります。また、さまざまな方法でデータをフィルタリングできるようになり、マップが自動的に更新され、変更内容がテーブルに反映されます。

テーブルを作成するには、リボン上の [挿入] タブをクリックした後、[テーブル] をクリックします。データが含まれている範囲を選択し、[OK] をクリックします。これで、このテーブルを使用して、レイヤーをマップに追加できます。

メモ:

Microsoft Excel のスプレッドシートは、テーブルまたは名前付き範囲と同じではありません。テーブルまたは名前付き範囲は、スプレッドシートのユーザーが特別に作成したアイテムです。詳細については、「Excel テーブルの概要」をご参照ください。

ワークブックにテーブルまたは名前付き範囲が含まれているかどうかわからない場合、Excel[数式] タブにある [名前の管理] を使用して、テーブルおよび名前付き範囲のリストを表示します。

ヒント:

セル範囲を選択する場合は、ドラッグしてマウス ポインターを目的のセル グループに合わせます。列ヘッダーまたは行番号を使用してセルを選択しないでください。列ヘッダーまたは行番号を使用すると、ワークシート全体が選択されるため、パフォーマンスに悪影響を与える場合があります。詳細については、「Excel でのセルの内容の選択」をご参照ください。

ピボット テーブルは、分析データのサマリーを作成するときに使用する Excel の特別なタイプのテーブルです。データを追加すると、ArcGIS Maps for Office は、[データの追加] ウィザードで使用できるピボット テーブルを自動的に検出し、必要に応じて追加します。ピボット テーブルに、非ネイティブのデータ タイプが含まれているか、階層や複数の行ラベルが含まれている場合、そのピボット テーブルは [データの追加] ウィザードに追加されません。非ネイティブのデータ タイプは通常、サードパーティの Excel プラグインによって生成され、RDBMS (リスクベースのデータ管理システム) に格納される標準のデータ タイプに直接準拠していません。