Skip To Content

データへの情報付加

ワークシート上でデータをマッピングすると、空間パターンを十分に把握し、すばやく視覚的な分析を実行できますが、そのデータの周囲の地域に関するコンテキスト情報を追加する場合には時間がかかることがあります。Esri のジオエンリッチメント機能を使用すると、マップ単独では回答できない位置に関する質問に答えることができます。たとえば、次のような質問です。このエリアには、どのような人々が住んでいるか。このエリアの人々は何に興味を持っているか。どんな習慣、ライフスタイルなのか。このエリアには、どのようなビジネスがあるか。

情報付加ツールを使用すると、ワークシートにコンテキスト データの新しい列を追加することができます。人口統計、ビジネス、景観、および政策データなどのさまざまなコレクションから選択できます。各コレクションには、ワークシートに追加できる複数の変数が含まれており、ユーザーの位置の周辺地域をより深く理解するのに役立ちます。

備考:

データに情報を付加する場合は、データをマップに追加する前に、Excel テーブルとして書式設定しておくことを強くお勧めします。Excel テーブルを使用すると、ArcGIS Maps for Office で新しい情報を含む列をデータセットに追加することができます。Excel テーブルから作成されたレイヤーでない場合は、選択された人口統計変数ごとに、既存の列の内容を上書きできます。詳細については、「テーブルまたは名前付き範囲」をご参照ください。

  1. 変更するレイヤーを選択します。目的のレイヤー カードの右側にポインターを置いてそのツールを表示して、[レイヤー オプション] ボタン レイヤー オプション をクリックします。
    [レイヤー オプション] ウィンドウ
  2. [レイヤー オプション] ウィンドウで、[データの情報付加] レイヤーへの人口統計情報の付加 をクリックして、[レイヤーへの情報付加] ウィンドウを開きます。
    備考:

    レイヤーに集約データが含まれている場合、[データの情報付加] 機能は使用できません。

  3. 含めるデータ コレクションを選択します。
    1. 国を変更するには、ドロップダウン メニューをクリックし、人口統計情報を表示する国を選択します。
    2. 特定の変数を検索するには、検索フィールドにキーワードを入力して、Enter キーを押します。
    3. 変数を参照するには、データ コレクションを選択して、その中に含まれている変数を表示します。

      コレクション内の変数の検索、コレクション内でよく使用する変数のいずれかの選択、またはコレクション内のすべての変数の表示ができます。

      特定のカテゴリの結果のみを表示するように、検索を制限できます。デフォルトでは、検索すると、すべての変数の結果が表示されます。ドロップダウン メニューをクリックすると、リストされたカテゴリの 1 つの結果のみが表示されます。

    4. 追加する変数のチェックボックスをオンにします。
      ヒント:

      変数を定期的に使用する場合は、変数の横にある [お気に入りに追加] ボタン お気に入りに追加 をクリックします。星のアイコンの色が、その変数がお気に入りであることを示す金色 お気に入り に変化します。[お気に入り] タブをクリックすると、お気に入りのタグを付けたすべての変数にアクセスできます。

    5. [変数の追加] ウィンドウの右側にある [選択した変数] パネルには、チェックリストで選択した変数の数が表示されます。変数をクリックすると、リストから削除されます。
  4. 変数の選択が完了したら、[次へ] をクリックします。

    [レイヤーへの情報付加] ウィンドウには、情報付加されるレイヤーの名前、人口統計が収集される現在の処理範囲、Excel データの情報付加に使用するために現在選択されている変数、および情報付加されるフィーチャの数が表示されます。

    ヒント:

    変数を削除するには、[戻る] をクリックして [選択した変数] パネルを表示して、リストから削除する変数名をクリックします。[次へ] をクリックして続行します。

    ヒント:

    [クレジットの表示] ボタン クレジットの表示 をクリックすると、選択した変数の数に基づいて課金される ArcGIS クレジットの数が表示されます。[クレジット使用量] には、ワークシートに追加されるレコードの合計数と消費されたクレジットの数が表示されます。

  5. 次のいずれかを選択して、情報を表示する [処理範囲] を定義します。
    • [リング] - マップ上のフィーチャから指定された半径 (マイル、キロメートル、フィート、またはメートル) の範囲内の情報を表示します。
    • [到達圏] - マップ上のフィーチャから指定された運転時間 (分) の範囲内の地域の情報を表示します。
    • [運転距離] - マップ上のフィーチャから指定された距離 (マイル、キロメートル、フィート、またはメートル) の範囲内の地域の情報を表示します。
  6. 備考:
    • ポリゴンを含むマップ レイヤーは、各ポリゴン内のエリアの結果を返します。
    • [国] データを使用してレイヤーをスタイル設定した場合、情報付加時に返される値は、フィーチャのジェネラライズに基づく概算値になります。

  7. ワークシートに新しい変数を追加するには、選択した変数の横にあるドロップダウン メニューを [<新しい列の作成>] のままにします。

    このオプションは、最初に Excel テーブルから作成されたレイヤーの場合にのみ使用できます。データからテーブルを作成する方法の詳細については、「テーブルと名前付き範囲」をご参照ください。Excel テーブルから作成されたレイヤーでない場合は、ドロップダウン メニューをクリックし、人口統計データで上書きする元のデータの列を選択します。スプレッドシート内のデータを上書きした場合は、元に戻すことができません。

  8. [データをワークシートに追加] をクリックして、情報付加プロセスを開始します。

    情報付加のプロセスが実行されると、この処理に対してクレジットが消費されます。ウィンドウを閉じたり、[キャンセル] をクリックしたり、Excel を終了したりしないでください。これらの操作を行った場合、プロセスが妨害を受けるか、請求の対象となる情報付加済みのデータを受け取ることができなくなります。

  9. プロセスが完了すると、確認メッセージがマップ上に表示されます。[OK] をクリックします。

    選択した変数が Excel ワークシートに表示されます。

備考:

行に情報を付加すると、ワークシートに追加された変数の数および選択したレイヤーのフィーチャの数に基づいて ArcGIS クレジットが消費されます。詳細については、「クレジットの概要」をご参照ください。