ワークスペース予約の基本操作

Indoors エクステンションのライセンスが付与された ArcGIS 組織で利用できます。

利用可能なスペースを効率的に管理できる組織は、従業員がスケジュールを柔軟に設定し、必要に応じて協力しながら仕事を進められる環境を構築することで、コストを削減し、生産性を上げることができます。 たとえば、組織は、従業員が数時間予約して他の従業と協業できる会議室や、数日間予約してオフィスに訪問したり特定のタスクをこなしながら個人的に使用できるオフィス ホテリングなどの場所を共同利用の目的に確保できます。 Indoors を使用すると、ユーザーは必要に応じて利用可能な部屋を対話形式で検索して予約することができます。 管理者は、組織で定められたソーシャル ディスタンスのガイドラインを守るために、特定のスペースを予約不可にすることもできます。 たとえば、スペース間の距離が近い場合は、ユニットを 1 つおきに予約不可にすることで密を避けることができます。

組織のニーズに合わせてオフィス ホテリング会議室を構成し、アプリでこれらを予約することをユーザーに許可できます。 Indoor Viewer または Indoors モバイル アプリでは、ユーザーはマップで利用できるワークスペースをインタラクティブに見つけたり、時間、期間、収容人数、場所に基づいて検索したりできます。

Indoor Viewer では、Microsoft 365 を使用するか (会議実またはオフィス ホテリングの場合)、ArcGIS Indoors Information Model の Reservations レイヤーを使用して (会議室またはオフィス ホテリングの場合)、ワークスペースの予約を構成できます。 組織のニーズに最適な構成を選択します。

注意:

ワークスペース予約を構成するには、アクティブな ArcGIS Indoors Spaces のライセンスが必要です。

Microsoft 365 を使用した構成

Indoors アプリでは、Microsoft 365 と統合してワークスペース予約を構成できます。 組織がリソース メールボックスで部屋を管理しており、ユーザーが Microsoft Outlook などのアプリを使用して部屋を予約できるようになっている場合は、Indoors Web アプリおよびモバイル アプリを使用してユーザーが部屋を予約ですることを許可できます。 また、Indoors アプリはカレンダーと統合されているため、予約リクエストが確認されると、イベントがカレンダーに追加され、屋内マップで部屋の位置を視覚化できるようになります。

注意:

Microsoft 365 との統合だけがサポートされています。 Microsoft Exchange Server はサポートされていません。

Microsoft 365 を使用した予約の構成は、Viewer のオフィス ホテリングと会議室でサポートされています。 屋内データにリソース メールボックスの電子メール アドレスを追加することで予約を構成できます。

オフィス ホテリングと会議室のワークスペースの予約を構成するときに、Microsoft 365 を使用して次の機能が追加されます。

機能オフィス ホテリング会議室

予約の作成

Yes

Yes

予約の編集

Yes

Yes

予約のキャンセル

Yes

Yes

確認用の電子メール

Yes

Yes

予約をカレンダーに追加

Yes (Outlook に自動的に追加)

Yes (Outlook に自動的に追加)

カレンダーから予約を削除

Yes (Outlook)

Yes (Outlook)

Microsoft 365 を使用したオフィス ホテリングの予約を有効にするには、Areas テーブル、Units レイヤー、Occupants レイヤーを含める必要があります。 テーブルとレイヤーには、次のフィールドが含まれている必要があります。

  • Areas テーブル - AREA_IDAREA_NAMEAREA_TYPE
    注意:

    Web マップに Areas テーブルを含めていないが、Occupants レイヤーと同じホスト フィーチャ レイヤーに Areas テーブルがある場合、Viewer アプリはそのホスト フィーチャ レイヤーからテーブルにアクセスします。

  • Units レイヤー -SCHEDULE_EMAIL
  • Occupants レイヤー - EMAIL および KNOWNAS

Microsoft 365 を使用した会議室の予約を有効にするには、Units レイヤーを含める必要があります。 Units レイヤーには SCHEDULE_EMAIL を含める必要があります。

Indoors の Reservations レイヤーを使用した構成

Indoors アプリでは、Viewer Web マップ内で Reservations レイヤーを使用して予約を管理できます。

注意:

ArcGIS Online の最新リリース、および Enterprise 11.1 以降で Reservations レイヤーまたは Microsoft 365 を使用してワークスペースの予約を構成できます。

この方法には次の利点があります。

  • Reservations レイヤーの色分けされたシンボルを作成して、マップ上で部屋の利用状況を視覚化します。
  • 予約データの解析を実行して、情報に基づいてスペース管理の意思決定を下します。
  • リアルタイムの予約状況に合わせてオフィスのホテリングのチェックインとチェックアウトを行います。
  • 外部システムの依存関係を削除して予約を管理します。
  • AppleOutlookGoogle などのサードパーティ製カレンダー アプリと統合します。

オフィス ホテリングと会議室のワークスペースの予約を構成するときに、Indoors で Reservations レイヤーを使用して次の機能が追加されます。

機能オフィス ホテリング会議室

予約の作成

Yes

Yes

予約の編集

Yes

Yes

予約のキャンセル

Yes

Yes

チェック イン

Yes

No

AppStudio/QML/JS を使用してクールなアプリを構築する方法を

Yes

No

予約をカレンダーに追加

Yes (OutlookGoogleICS ファイル)

Yes (OutlookGoogleICS ファイル)

カレンダーから予約を削除

Yes (OutlookGoogleICS ファイル)

Yes (OutlookGoogleICS ファイル)

オフィス ホテリングのワークスペースの予約を構成するときに、予約担当Indoors で Reservations レイヤーを使用して次の機能を使用できます。

予約担当の機能オフィス ホテリング

他の人のために予約を作成

Yes

他の人のために予約を編集

Yes

他の人のために予約をキャンセル

Yes

他の人のためにチェックイン

Yes

他の人のためにチェックアウト

Yes

Reservations レイヤーを Indoors 以外のマップに追加し、ArcGIS Dashboards などのアプリで使用するために組織内のグループと共有することもできます。

Reservations レイヤーを使用してワークスペースの予約を構成するには、次の手順を実行します。

  1. Reservations レイヤーを ArcGIS 組織に公開し、組織ユーザーと共有します。
  2. ホスト フィーチャ レイヤーの編集、セキュリティ、時間の設定を構成します。
  3. Indoors の Web アプリとモバイル アプリで使用する Reservations レイヤーをマップに追加します。
  4. 以降のセクションでは、Indoors の Web アプリとモバイル アプリで使用する Reservations レイヤーを作成、公開、構成するのに必要な手順について詳しく説明しています。

Reservations レイヤーの共有

Reservations フィーチャ レイヤーは屋内マップに含めて、ArcGIS 組織のメンバーと共有する必要があります。 Reservations レイヤーは、Indoors アプリでワークスペースの予約機能を使用する必要のある組織のユーザーと共有する必要があります。 Reservations レイヤーを組織で共有したら、ユーザーは最新の部屋の利用状況を取得し、ワークスペースを予約することができます。

ArcGIS Pro 3.0 以降から Reservations レイヤーを共有すると、ArcGIS 組織に Indoors Spaces ライセンスが含まれている場合、Indoors Spaces フィーチャ レイヤーとして共有されます。 Indoors Spaces フィーチャ レイヤーは、Viewerデフォルト ロール以上に関連付けられたユーザー タイプを持ち、ワークスペースの予約機能にアクセスできる ArcGIS 組織のメンバー (Indoors User ユーザー タイプを持つユーザーを含む) が編集できます。

Reservations レイヤーを Web フィーチャ レイヤーして公開し、ArcGIS 組織のメンバーと共有するには次の手順を実行します。

  1. ArcGIS ProIndoors マップを開きます。
  2. Reservations フィーチャクラスを Indoors マップに追加します。

    Reservations フィーチャクラスは、ArcGIS Pro 2.9 以降の [Indoors データベースの作成 (Create Indoors Database)] ツールで作成されます。 ArcGIS Pro 2.8 以前で作成された Indoors ジオデータベースがある場合、ArcGIS Pro 2.9 以降で空のジオデータベースに [Indoors データベースの作成 (Create Indoors Database)] ツールを実行して、屋内データを含むジオデータベースに Reservations レイヤーをコピーします。

  3. Reservations レイヤーをフロア対応として構成します。
  4. Reservations レイヤーを右クリックし、[共有] > [Web レイヤーとして共有] の順にクリックします。

    [Web レイヤーとして共有] ウィンドウが表示されます。

  5. 必要に応じて共有パラメーターを設定します。

    ArcGIS Online と共有している場合、[レイヤー タイプ] パラメーターの [フィーチャ] オプションを選択してホスト フィーチャ レイヤーを共有します。

    ArcGIS Enterprise と共有している場合、[マップ イメージ] オプションを選択して、[データおよびレイヤー タイプ] パラメーターの [フィーチャ] チェックボックスをオンにします。 Reservations セキュリティ属性ルールを利用するには、この構成が必要です。

    注意:

    必要に応じて、ホスト フィーチャ レイヤーとして ArcGIS Enterprise ポータルと共有するには、[すべてのデータをコピー][フィーチャ] を選択します。

  6. ArcGIS Enterprise と共有し、登録済みデータを参照している場合、次の手順を実行して、Reservations Web フィーチャ レイヤーの設定を構成します。

    [すべてのデータをコピー] オプションを使用して Web レイヤーを共有している場合、ArcGIS 組織に公開すると Reservations レイヤーの編集設定を構成できます。

    1. [構成] タブをクリックします。 必要に応じ、下にある [レイヤーの構成] タブ レイヤーの構成 をクリックします。
    2. [レイヤー][フィーチャ] の横にある [Web レイヤー プロパティの構成] ボタン Web レイヤー プロパティの構成 をクリックします。
    3. [編集を有効化して、次の操作を編集者に許可] チェックボックスをオンにし、[追加][削除]、および [更新] チェックボックスをオンして Web フィーチャ レイヤーの編集を有効にします。
    4. [同期を有効化] および [データのエクスポート] チェックボックスをオンにします。
    5. ウィンドウの上部で、[戻る] ボタン 戻る をクリックして、レイヤーと追加レイヤーのリストに戻ります。
  7. [解析] をクリックし、エラーがあった場合には対処します。
  8. [公開] をクリックします。

    Reservations レイヤーが Indoors Spaces フィーチャ レイヤーとして ArcGIS 組織に公開されます。

  9. [Web レイヤーとして共有] ウィンドウに表示された [Web レイヤーの管理] オプションをクリックします。

    Reservations レイヤーのアイテム ページが Web ブラウザーに表示されます。

  10. [共有] ボタンをクリックして、オプションを選択します。
    • [組織] - レイヤーを組織のすべてのメンバーと共有します。
    • [グループ共有の編集] - レイヤーにアクセスできるグループを追加します。
  11. [保存] をクリックします。

    選択した ArcGIS 組織のメンバーと Reservations Web フィーチャ レイヤーが共有されます。 これで、Indoors アプリのワークスペース予約で使用するレイヤー設定を構成できるようになりました。

設定の編集

ユーザーが Indoors アプリでスペースを予約する際に予約フィーチャの作成または更新を行うには、Indoors アプリで Reservations レイヤーに編集機能を設定する必要があります。 Reservations レイヤーがホスト フィーチャ レイヤーの場合 ([すべてコピー] オプションを使用してレイヤーを公開した場合)、ArcGIS 組織の編集設定を構成できます。

注意:

Reservations レイヤーが、ArcGIS Enterprise 上の登録済みデータを参照している Web レイヤーである場合、Web レイヤーを共有する前に編集設定を構成できます。 登録済みデータを参照する Web フィーチャ レイヤーを共有している場合、ArcGIS 組織の Web サイトから編集操作を変更することはできません。代わりに、ArcGIS Server Manager を使用してサービス プロパティを編集します。

ArcGIS 組織のレイヤーに必要な編集機能を設定するには、次の手順を実行します。

  1. [マイ コンテンツ] をクリックしてから、ホスト フィーチャ レイヤーをクリックします。
  2. [設定] タブをクリックします。
  3. [フィーチャ レイヤー (ホスト)] セクションの [編集][編集の有効化] チェックボックスをオンにします。
  4. [どのような種類の編集が許可されていますか?] セクションで、次のとおりに編集オプションを構成します。
    1. [追加] チェックボックスをオンにします。
    2. [削除] チェックボックスをオンにします。
    3. [更新] チェックボックスをオンにします。
    4. [属性とジオメトリ] オプションを選択します。
  5. [保存] をクリックします。

セキュリティ設定

ArcGIS Enterprise を使用していて、登録済みデータを参照オプションを使用して Reservations レイヤーを共有した場合、属性ルールを使用してセキュリティ設定を管理できます。 ArcGIS Pro 3.0 以降、[Indoors データベースの作成 (Create Indoors Database)] ツールは制約属性ルールで Reservations フィーチャクラスを作成します。このルールは、予約が Indoors Web アプリやモバイル アプリの外で編集されても、予約担当と予約対象者だけが編集を行えるようにするものです。

注意:

制約属性ルールが提供するセキュリティを利用するには、Reservation レイヤーは、登録データを参照するフィーチャ サービスとして ArcGIS Enterprise に公開する必要があります。 そうでなければ、Reservations レイヤーは属性ルールなしで公開されます。 ArcGIS Enterprise または ArcGIS Online のホスト フィーチャ レイヤーでは、属性ルールは利用できません。

[すべてのデータをコピー] オプションを使用して Reservations レイヤーをホスト Web レイヤーとして公開した場合、高度な編集設定を使用して、編集内容を追跡したり、不要な変更からデータを保護したり、ユーザーが自分で作成していないフィーチャを誤って編集しないようにしたりすることができます。

ArcGIS Online でセキュリティを強化するには、次の手順を実行します。

  1. [マイ コンテンツ] をクリックしてから、ホスト フィーチャ レイヤーをクリックします。
  2. [設定] タブをクリックします。
  3. 保護を強化するには、必要に応じて [削除の防止] セクションで [このアイテムが誤って削除されないようにする] チェックボックスをオンにします。
  4. [編集] セクションで、次の操作を行います。
    1. [編集の有効化] チェックボックスをオンにします。
    2. [データを編集したユーザー (編集者名、編集日時) を記録します。] チェックボックスをオンにします。
    3. [どのような種類の編集が許可されていますか?] で、[追加][削除][更新] チェックボックスをオンにして、[属性とジオメトリ] オプションを選択します。
    4. [どのフィーチャを編集者は編集できますか?] オプションで、必要に応じて、[編集者は、各自が所有するフィーチャのみを編集できる (編集情報の記録が必要)] を選択します。
      注意:

      [編集者は、各自が所有するフィーチャのみを編集できる (編集情報の記録が必要)] を選択した場合、予約担当が予約を行うときに利用できるオプションは、予約の編集、チェック イン、チェック アウト、キャンセルのみです。

    注意:

    [どのフィーチャを編集者は閲覧できますか?] オプションで [編集者は、各自が所有するフィーチャのみを閲覧できる (編集情報の記録が必要)] を選択しないでください。 このオプションを選択した場合、部屋の正確な空き状況がアプリ ユーザーに表示されません。

これで、このレイヤーを屋内マップに追加して、Indoors アプリでワークスペースの予約を有効にしたり、予約を管理したりすることができるようになります。

時間設定

必要に応じて、Reservations レイヤーの時間プロパティを構成することができます。 このレイヤーをテンポラル レイヤーにすると、時間の経過に伴う予約の状況を視覚化できます。

Viewer アプリでは、時間対応の Reservations レイヤーをリアルタイムで表示できます。 会議室リストが開いた状態にあり、今後の日付と時刻に対して期間フィルターが設定されている場合は、指定した期間内の予約が Viewer アプリに表示されます。 これにより、会議室の利用状況を視覚化し、予約可能な部屋を検索できるようになります。

Reservations レイヤーの時間プロパティを構成するには、次の手順を実行します。

  1. [マイ コンテンツ] をクリックしてから、ホスト フィーチャ レイヤーをクリックします。
  2. [レイヤー] セクションで、Reservations ポリゴン レイヤーをクリックします。
  3. [時間設定][編集] ボタンをクリックします。

    [時間設定] ウィンドウが表示されます。

  4. [時間の有効化] チェックボックスをオンにします。
  5. [開始および終了時間を設定] オプションを選択して、[開始時間フィールド][開始時間] に設定し、[終了時間フィールド][終了時間] に設定します。
  6. [OK] をクリックします。

これで、Reservations レイヤーが時間対応になりました。 Map Viewer で、Reservations レイヤーが定期的に更新されるように設定します。これにより、最新の情報がアプリに表示されるようになります。

Web フィーチャ レイヤーを Indoors マップに追加する

ArcGIS 組織で Reservations レイヤーを公開、共有、構成したら、次の手順を実行することで、Indoors の Web アプリとモバイル アプリで使用するために、Reservations レイヤーを ArcGIS ProIndoors マップに追加できます。

  1. Reservations レイヤーを追加した Indoors マップを ArcGIS Pro で開きます。
  2. [コンテンツ] ウィンドウで Reservations レイヤーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    [レイヤー プロパティ] ウィンドウが表示されます。

  3. [ソース] タブをクリックし、[データ ソースの設定] をクリックします。
  4. [ポータル] セクションで Web フィーチャ レイヤーを参照して [OK] をクリックします。
  5. これで、Indoors マップの Reservations レイヤーが Web フィーチャ レイヤーから取得されます。 Web マップを共有すると、マップの残りのレイヤーをどのように構成したかに関係なく、編集可能なフィーチャ レイヤーとして公開されます。

Reservations レイヤーは、Viewer アプリの Web マップおよび Indoors モバイル アプリのモバイル マップ パッケージにある同じ Web レイヤーから取得する必要があります。これにより、基になる同じデータにアクセスし、最新の予約情報と利用状況情報をすべてのアプリで同時に表示できるようになります。 ArcGIS Pro[データの追加] ダイアログ ボックスを使用して、他のマップに Reservations レイヤーを追加できます