ヒストグラム

ヒストグラムでは、特定の値がデータセット内に表示される頻度を計測して、連続数値変数の分布を視覚的に集約します。 ヒストグラムの X 軸は、数値範囲 (ビン) に分割された数値ラインです。 ビンごとにバーが描画され、バーの幅はビンの範囲を表し、バーの高さはその範囲内にあるデータ ポイントの数を表します。 データの分布を理解することは、データ探索プロセスにおける重要な足掛かりになります。

2016 年の米国大統領選挙における投票率の分布を視覚化するヒストグラムを作成します。

  • [数値] - 投票率
  • [オーバーレイ] - 平均、正規分布
2016 年の米国大統領選挙における投票率のヒストグラム

データ

[データ] の構成には、ヒストグラムの作成、ビンの数、チャートに表示する統計情報に使用する変数が含まれます。

変数

ヒストグラムでは、X 軸上に 1 つの連続 [数値] 変数が必要です。

解析手法には、データが正規分布していることを必要とするものもあります。 データが偏っている (分布が不均衡) 場合は、データを変換して、正規化できます。 [変換] パラメーターを使用して、チャートに変換を適用できます。 対数変換または平方根変換のいずれかを使用できます。

ヒント:

参考として、[オーバーレイ][正規分布] を選択すると、正規分布オーバーレイをヒストグラムに追加できます。

対数変換

対数変換は、データの分布が正に偏り、非常に大きい値がいくつかある場合によく使用されます。 これらの大きな値がデータセット内にある場合、対数変換は、分散をより一定にし、データを正規化するのに役立ちます。

以下の例は、2016 年の米国大統領選挙の総投票数の分布を示しています。 1 つ目の画像は正に偏っており、変換は適用されていません。 2 つ目の画像は対数変換が適用され、正規分布に近づいたヒストグラムになっています。

対数変換前後の総投票数のヒストグラム

画像変換
画像 1

なし

画像 2

対数

メモ:

対数変換は、0 より大きい数値にのみ適用できます。

平方根変換

平方根変換は、データセットの右の歪度を減らした対数変換に似ています。 対数変換とは異なり、平方根変換は 0 に適用できます。

メモ:

平方根変換は、0 以上の数値にのみ適用できます。

ビン

ビンのデフォルト数は 32 です。 このデフォルト数は、[データ] タブで [ビン] の値を変更することで調整できます。 クラスを変更すると、データの構造の詳細または概要を確認できます。

[ビンの色] の横にあるカラー パッチを使用し、ヒストグラムのビンの色を変更できます。

オーバーレイ

以下の記述統計が計算され、ヒストグラムの線として表示されます。

  • [正規分布] - データを正規分布と比較するために使用される釣鐘型の曲線。
  • [平均] - データセットの平均値を示す 1 本の縦線。
  • [中央値] - データセットの中央値を示す 1 本の縦線。
  • [標準偏差] - 平均の上下の 1 つの標準偏差の値を示す 2 本の垂直線。

オーバーレイをクリックすると、オンとオフを切り替えられます。 統計の横にあるカラー パッチを使用し、ラインの色を変更できます。

[データ ラベルの表示] パラメーターを使用してラベルをオンにできます。 ラベルは、各ビンの値の数を示します。

統計情報

選択した数値フィールドには、以下の統計情報が一覧表示されます。

  • 平均
  • 中央値
  • 標準偏差
  • 行数
  • 個数
  • 最小値
  • 最大値
  • 合計
  • Null

[軸] の構成を使用して、X 軸と Y 軸の仕様を変更します。

小数点以下の表示桁数や、桁区切り記号の表示を指定して、X 軸および Y 軸に数値を表示する方法を書式設定できます。

デフォルトの Y 軸範囲は、Y 軸上に表示されるデータ値の範囲に基づいて設定されます。 これらの値は、[上限] に新しい値を入力することでカスタマイズできます。 Y 軸の範囲を設定すると、チャートの縮尺を一定に保つことができ、値を比較する際に役立ちます。 [リセット] ボタンをクリックすると、軸境界がデフォルト値に戻ります。

形式

テキスト エレメントやシンボル エレメントを書式設定することでと、チャートの外観を設定することができます。 チャートの書式設定オプションには次のものがあります。

  • [テキスト エレメント] - チャートのタイトル、X 軸のタイトル、Y 軸のタイトル、凡例のタイトル、説明テキスト、凡例テキスト、軸ラベル、およびデータ ラベルに使用されるフォントのサイズ、色、およびスタイル。 Ctrl キーを押しながらクリックしてエレメントを選択すると、複数のエレメントの形式を一度に変更できます。
  • [シンボル エレメント] - グリッド線および軸線の色、幅、スタイル ([実線][点線][破線]) と、チャートの背景色。

全般

チャートおよび軸には、変数名およびチャート タイプに基づいてデフォルトのタイトルが与えられます。 タイトルは、[一般] タブで編集したりオフにしたりできます。 [凡例のタイトル] パラメーターにタイトルを、[説明] パラメーターにチャートの説明を入力することもできます。 説明は、チャート ウィンドウの下部に表示される一連のテキストです。


このトピックの内容
  1. データ
  2. 形式
  3. 全般