Skip To Content

スライド ウィジェット

スライド ウィジェットは、シーンのさまざまなビューを表示します。このウィジェットは、Web シーンで取得されたスライドのみを読み取ります。Scene Viewerでスライドを作成するには、「スライドのキャプチャ」をご参照ください。

各スライドにはシーンの状態が格納されます。状態はカメラの位置 (または、シーンの範囲)、環境設定、選択したベースマップ、およびレイヤーの表示設定の状態を表します。シーン内の別のビューに移動した場合やレイヤーの表示設定を変更した場合は、スライドをクリックして、シーンを以前にスライドに保存した状態にすることができます。

スライド ウィジェットの構成

このウィジェットは、アプリの起動時に自動的に開くように設定できます。 ウィジェットにポインターを合わせて、ウィジェット上の [アプリの起動時に、このウィジェットを開かない] ボタン アプリの起動時に、このウィジェットを開かない をクリックし、設定を [アプリの起動時に、このウィジェットを自動的に開く] に変更します。 (最初にアプリに追加する必要があるウィジェットについては、ウィジェットを構成した後でこのオプションをオンにすることができます。)

スライド ウィジェットには、構成はありません。

スライド ウィジェットの使用

  1. スライド ウィジェットをクリックすると、スライド ウィンドウがアプリの下部に開きます。Web シーンにスライドが含まれていない場合、ウィンドウには何も表示されません。
    スライド
  2. スライドをクリックすると、シーンのビューが変わります。
  3. スライド ウィジェットをもう一度クリックするか、ウィンドウの [X] アイコンをクリックすると、ウィジェットが閉じます。